2020年西サハラでの衝突

2020年西サハラでの衝突(にしサハラでのしょうとつ、: Western Saharan clashes)は、係争地である西サハラにおいてモロッコと、アルジェリアが支援するサハラ・アラブ民主共和国の武装組織ポリサリオ戦線との軍事衝突。

2020年西サハラでの衝突
西サハラ紛争英語版
2020 Western Saharan clashes.png
モロッコ軍ポリサリオ戦線が衝突した場所(赤丸囲み)
2020年11月13日 -
場所西サハラアル・マヒベス英語版ゲルゲラト英語版
結果 進行中
衝突した勢力
モロッコの旗 モロッコ 西サハラの旗 サハラ・アラブ民主共和国
指揮官

モロッコの旗 ムハンマド6世(モロッコ国王)
モロッコの旗 サアデディン・オスマニ(モロッコ首相)
モロッコの旗 アブドゥルラティーフ・ルーディイ英語版(首相付き国防担当相)

モロッコの旗 アブドルファッターフ・ルアラク英語版(王立軍総監)
西サハラの旗 ブラヒム・ガリ英語版 西サハラ大統領
西サハラの旗 ムハンマド・ワリ・アケイク英語版西サハラ首相
戦力
不明 不明
被害者数
不明 不明

ゲルゲラト英語版でのモロッコの軍事介入とも呼ばれる。ゲルゲラトは西サハラの南西端でモロッコの実効支配地の南端にあたっており、モロッコにとってはゲルゲラトはモーリタニアへの輸出の拠点としての重要性を持っていた。しかしモロッコの実効支配地域ゲルゲラトとモーリタニアとの間にはサハラ・アラブ民主共和国(ポリサリオ戦線)の実効支配地が挟まっている。このため、ポリサリオ戦線にとってはゲルゲラトの南側の実効支配地は、モロッコ実効支配地とモーリタニアとを分離し、モロッコに圧力をかけることができる唯一の場所であるという重要性を持っていた。

2020年11月13日、モロッコ政府は自国の実効支配地域ゲルゲラトとモーリタニア間の交通がポリサリオ戦線によって妨害されていることを理由に、「民間、商業目的の自由な交通循環を取り戻す」と宣言、ゲルゲラト南郊のサハラ・アラブ民主共和国支配地の道路に軍を侵攻させた。ポリサリオ戦線はただちにこれに反撃、西サハラで30年間続いた停戦の終了を宣言した[1]

背景編集

戦闘の経過編集

11月13日、モロッコ軍がゲルゲラトを通過する道路の支配権を掌握するために軍事行動を開始した[2]

11月14日、サハラ・アラブ民主共和国はモロッコと戦争状態であると宣言した[3]

反応編集

国内編集

モロッコの公正発展党は、軍事行動中のモロッコ軍への支持を表明した[4]

国外編集

  国際連合 - アントニオ・グテーレス国連事務総長は、衝突に対する深刻な懸念を表明した[5]

バーレーン[6]ヨルダン[7]オマーン[8]カタール[9]サウジアラビア[10]アラブ首長国連邦[11]は、モロッコの行動に対する支持を表明した。

モーリタニア[12]ロシア[13]スペイン[14]は、双方の停戦違反行為を非難し、自制を求めた。

関連項目編集

脚注・出典編集

  1. ^ 西サハラ独立派、停戦終了を宣言 モロッコの軍事作戦で”. AFP BB News (2020年11月14日). 2020年11月15日閲覧。
  2. ^ Fears grow of new Western Sahara war between Morocco and Polisario Front” (英語). Reuters (2020年11月9日). 2020年11月13日閲覧。
  3. ^ Sahara occidental: le Polisario affirme que «la guerre a commencé»” (フランス語). Le Figaro avec (2020年11月13日). 2020年11月14日閲覧。
  4. ^ “العدالة والتنمية” يعلن تأييده للرد المغربي على انتهاكات “البوليساريو”” (アラビア語). Alyaoum24 (2020年11月13日). 2020年11月13日閲覧。
  5. ^ Guterres ‘remains committed’ to maintaining 1991 ceasefire in Western Sahara” (英語). UN News (2020年11月13日). 2020年11月13日閲覧。
  6. ^ Bahrain expresses its solidarity with the Kingdom of Morocco against the attacks of the "Polisario" militias” (アラビア語). Aluom (2020年11月14日). 2020年11月14日閲覧。
  7. ^ الأردن يقف مع المغرب في حماية مصالحه ووحدة أراضيه وأمنه” (アラビア語). Al Ghad (2020年11月13日). 2020年11月14日閲覧。
  8. ^ الإمارات وقطر تعلنان دعمهما لتدخل الجيش المغربي في الكركرات” (アラビア語). Alyaoum24 (2020年11月13日). 2020年11月14日閲覧。
  9. ^ السلطنة تعرب عن تأييدها للمملكة المغربية الشقيقة فيما اتخذته من إجراءات لحماية أمنها وسيادتها على أراضيها” (アラビア語). Shabiba (2020年11月13日). 2020年11月14日閲覧。
  10. ^ السعودية والأردن تدعمان تحرك المغرب في الكركرات” (アラビア語). Shabiba (2020年11月13日). 2020年11月14日閲覧。
  11. ^ الإمارات تؤيد قرار الملك بالتدخل العسكري بالكركرات” (アラビア語). Alyaoum24 (2020年11月13日). 2020年11月13日閲覧。
  12. ^ Tensions flare in Western Sahara as pro-independents Polisario accuse Morocco of ending ceasefire” (英語). France24 (2020年11月13日). 2020年11月13日閲覧。
  13. ^ Comment by the Information and Press Department on the developments in Western Sahara” (英語). Russian Ministry of Foreign Affairs (2020年11月14日). 2020年11月14日閲覧。
  14. ^ Spain calls for “responsibility and restraint” in Western Sahara” (英語). The Diplomat in Spain (2020年11月14日). 2020年11月14日閲覧。