2021年サンパウログランプリ

2021年サンパウログランプリ: 2021 São Paulo Grand Prix)は、2021年のF1世界選手権第19戦として、2021年11月14日インテルラゴス・サーキットで開催される。

ブラジルの旗 2021年サンパウログランプリ
レース詳細
Autódromo José Carlos Pace (AKA Interlagos) track map.svg
日程 2021年シーズン第19戦
決勝開催日 11月14日
開催地 インテルラゴス・サーキット
ブラジルの旗 ブラジル サンパウロ
コース長 4.309km
レース距離 71周 (305.909km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
ファステストラップ
ドライバー メキシコの旗 セルジオ・ペレス
タイム 1:11.010
決勝順位
優勝
2位
3位

正式名称は「Formula 1 Heineken Grande Prêmio De São Paulo 2021[1]

背景編集

メキシコシティGP後のチャンピオンシップ順位
ドライバーズタイトルは、優勝したフェルスタッペンがランキング2位のハミルトンに対してリードを19ポイントまで広げた。ランキング3位のボッタスは15位フィニッシュでノーポイントに終わったことで数字上でもタイトル争いから脱落。コンストラクターズタイトルは、メキシコシティGPにてレッドブルが優勝と3位、メルセデスが2位と15位だったことから、メルセデスのリードは1ポイントまで縮んでいる[2]
チャンピオンシップの行方
サンパウロGPの結果によっては、ハミルトンは自力でのタイトル獲得が消滅する可能性がある[3]
  • フェルスタッペンとの差が25ポイント以上となる[注 1]
  • フェルスタッペンが優勝し、24ポイント以上の差となる[注 2]
タイヤ
本レースでピレリが持ち込むドライ用タイヤのコンパウンドはハード(白):C2、ミディアム(黄):C3、ソフト(赤):C4の中間の組み合わせ[4]
DRS:2箇所[5]
  • DRS1:ターン3から30m先より(ターン2のエイペックス)
  • DRS2:ターン15から160m手前より(ターン13から30m先)
※()内は検知ポイント
スプリント予選レース(参考出典先[6]
今季3回目の開催となる従来の予選に代わる決勝のグリッドを決めるためのレース距離100kmで行われる予備レース[7]。金曜日のフリー走行2回目の時間帯は、翌日のスプリント予選レースに向けた予選を行い、土曜日の予選の時間帯にはスプリント予選レースが実施される。それに合わせ、同GPは以下のスケジュールに変更される。
従来のレースフォーマット 2021年サンパウロGP
金曜日 フリー走行1 フリー走行1
フリー走行2 スプリント予選レースの予選
土曜日 フリー走行3 フリー走行2
予選 スプリント予選レース
日曜日 決勝 決勝
これ以外にも変更される点は以下のものとなる。
  • このレースでの順位が決勝のグリッドとなり、勝者は従来の予選でのポールポジション獲得者として記録される。また、上位3名にはチャンピオンシップポイントが付与される(1位:3点、2位:2点、3位:1点)[8]
  • パルクフェルメは金曜予選から適用されるが、安全上の配慮からいくつかのパーツ交換と調整は許可されている。
  • このレースの前後に日曜日の決勝前のようなセレモニーやドライバーズパレード、表彰式などは行われない。
その他
メキシコからの貨物の到着が遅れたため、車検に関する締め切りの延長[注 3]とチームの夜間作業が特別に認められた[注 4][9]

エントリーリスト編集

レギュラーシートについては前戦メキシコシティGPから変更なし。

フリー走行編集

FP1[13]
11月12日 12:30 BRT(UTC-3)
トップはルイス・ハミルトン、2番手にマックス・フェルスタッペン、3番手にセルジオ・ペレス。自由にセットアップが出来るセッションだったため、各車は周回を重ねた。ランス・ストロールが無線で少し霧雨が降っていると報告があったものの、ドライセッションに恵まれた。
FP2[14]
11月13日 12:00 BRT(UTC-3)
トップはフェルナンド・アロンソ、2番手にマックス・フェルスタッペン、3番手にバルテリ・ボッタス。アロンソはF1復帰後、初のトップタイムを記録した。既に1ラップでの予選は終えているため、各車は中古のタイヤでのロングランに取り組んだ。

予選編集

11月12日 16:00 BRT(UTC-3)(文章の出典先[15][16]

ポールはルイス・ハミルトン、2番手は0.438秒差でマックス・フェルスタッペン、3番手にバルテリ・ボッタスとなった。しかし、セッション終了後の車検でハミルトンのリアウイングに違反が見つかり、予選は失格処分となった[注 5]

順位 No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 1:09.329 1:08.499 1:08.372 1
2 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 1:09.040 1:08.426 1:08.469 2
3 11   セルジオ・ペレス レッドブル-ホンダ 1:09.172 1:08.973 1:08.483 3
4 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 1:09.347 1:08.903 1:08.777 4
5 55   カルロス・サインツ フェラーリ 1:09.046 1:09.031 1:08.826 5
6 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 1:09.155 1:08.859 1:08.960 6
7 4   ランド・ノリス マクラーレン-メルセデス 1:09.365 1:09.030 1:08.980 7
8 3   ダニエル・リカルド マクラーレン-メルセデス 1:09.374 1:09.093 1:09.039 8
9 14   フェルナンド・アロンソ アルピーヌ-ルノー 1:09.391 1:09.137 1:09.113 9
10 31   エステバン・オコン アルピーヌ-ルノー 1:09.430 1:09.189 10
11 5   セバスチャン・ベッテル アストンマーティン-メルセデス 1:09.451 1:09.399 11
12 22   角田裕毅 アルファタウリ-ホンダ 1:09.350 1:09.483 12
13 7   キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 1:09.598 1:09.503 13
14 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 1:09.342 1:10.227 14
15 16   ランス・ストロール アストンマーティン-メルセデス 1:09.663 15
16 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 1:09.897 16
17 63   ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 1:09.953 17
18 47   ミック・シューマッハ ハース-フェラーリ 1:10.329 18
19 9   ニキータ・マゼピン ハース-フェラーリ 1:10.589 19
NC 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:08.733 1:08.068 1:07.934 201
107% time: 1:13.544
ソース:[17][18]
追記
  • ^1 – ハミルトンは新しいICEを使用したため5グリッド降格のペナルティとリアウイングのルール違反により予選失格。ただし、スチュワードの判断によりスプリント予選レースへの参加は認められた[19]

スプリント予選レース編集

11月13日 16:30 BRT(UTC-3)(文章の出典先[20]

ポールを獲得したのはバルテリ・ボッタス。2位はマックス・フェルスタッペン、3位はカルロス・サインツと続いた。予選失格処分により最後尾からスタートしたルイス・ハミルトンは1周目に14番手までポジションアップ、最終的に15台をオーバーテイクし5位で終えた。

スプリント予選レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts. Final
Grid
1 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 24 29:09.559 2 3 1
2 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 24 +1.170 1 2 2
3 55   カルロス・サインツ フェラーリ 24 +18.723 5 1 3
4 11   セルジオ・ペレス レッドブル-ホンダ 24 +19.787 3 4
5 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 24 +20.872 20 101
6 4   ランド・ノリス マクラーレン-メルセデス 24 +22.558 7 5
7 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 24 +25.056 6 6
8 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 24 +34.158 4 7
9 31   エステバン・オコン アルピーヌ-ルノー 24 +34.632 10 8
10 5   セバスチャン・ベッテル アストンマーティン-メルセデス 24 +34.867 11 9
11 3   ダニエル・リカルド マクラーレン-メルセデス 24 +35.869 8 11
12 14   フェルナンド・アロンソ アルピーヌ-ルノー 24 +36.578 9 12
13 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 24 +41.880 14 13
14 18   ランス・ストロール アストンマーティン-メルセデス 24 +44.037 15 14
15 22   角田裕毅 アルファタウリ-ホンダ 24 +46.150 12 15
16 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 24 +46.760 16 16
17 63   ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 24 +47.739 17 17
18 7   キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 24 +50.014 13 PL2
19 47   ミック・シューマッハ ハース-フェラーリ 24 +61.680 18 18
20 9   ニキータ・マゼピン ハース-フェラーリ 24 +67.474 19 19
ソース:[21][22]
追記
  • ^1 – ハミルトンは追加のPUのエレメントを使用したため、5グリッド降格ペナルティ[23]
  • ^2 – ライコネンはパルクフェルメ下でリアウイングとサスペンションに変更を加えたため、ピットレーンからのスタート。[23]

決勝編集

11月14日 14:00 BRT(UTC-3)(文章の出典先[24]

10番手からスタートしたルイス・ハミルトンが優勝、2位にはマックス・フェルスタッペン、3位にバルテリ・ボッタスとなった。スタート直後はレッドブル勢が1-2体制を築いたものの、2度目のVSC導入時にペレスはボッタスの先行を許し、59周目にはフェルスタッペンがハミルトンにラップリーダーの座を明け渡した。残り2周でセルジオ・ペレスがソフトタイヤを装着し、ハミルトンが持っていたファステストラップを奪取した。

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 71 1:32:22.851 10 25
2 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 71 +10.496 2 18
3 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 71 +13.576 1 15
4 11   セルジオ・ペレス レッドブル-ホンダ 71 +39.940 4 13FL
5 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 71 +49.517 6 10
6 55   カルロス・サインツ フェラーリ 70 +51.820 3 8
7 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 70 +1 Lap 7 6
8 31   エステバン・オコン アルピーヌ-ルノー 70 +1 Lap 8 4
9 14   フェルナンド・アロンソ アルピーヌ-ルノー 70 +1 Lap 12 2
10 4   ランド・ノリス マクラーレン-メルセデス 70 +1 Lap 5 1
11 5   セバスチャン・ベッテル アストンマーティン-メルセデス 70 +1 Lap 9
12 7   キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 70 +1 Lap PL
13 63   ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 70 +1 Lap 17
14 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 69 +1 Lap 13
15 22   角田裕毅 アルファタウリ-ホンダ 69 +1 Lap 15
16 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 69 +1 Lap 16
17 9   ニキータ・マゼピン ハース-フェラーリ 69 +2 Laps 19
18 47   ミック・シューマッハ ハース-フェラーリ 68 +2 Laps 18
Ret 3   ダニエル・リカルド マクラーレン-メルセデス 49 DNF 11
Ret 18   ランス・ストロール アストンマーティン-メルセデス 47 DNF 14
ソース:[25][26]

追記編集

  • ^FL - ファステストラップの1点を含む

第19戦終了時点のランキング編集

  • :いずれもトップ5まで掲載。
  • :ファストテストラップアワードは同数の場合、カウントバック方式がとられている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 残り3戦をフルポイント(26P)を獲得し続けても、フェルスタッペンの成績次第となる。
  2. ^ 最終戦終了時に同点でも優勝回数により、フェルスタッペンがタイトル獲得となる。
  3. ^ FP1開始18時間前に車両の初期検査を行って申告書を提出する必要があるが、今回に限りFP1開始の3時間前となった。
  4. ^ チームの作業にはカーフュー(夜間作業禁止時間)が定められており、申請すれば2回だけカーフューの時間帯の作業は認められている。
  5. ^ DRS稼働時のメインプレーンと稼働プレーンの間隔は最大85mmと決められているが、一部分で0.2mm超過していた。

出典編集

  1. ^ São Paulo Grand Prix 2021 - F1 Race”. The Official F1 Website. 2020年11月9日閲覧。
  2. ^ F1メキシコGP決勝後ポイントランキング:レッドブル・ホンダが遂に1点差!フェラーリがマクラーレンを逆転”. Formula1-Data (2021年11月8日). 2021年11月12日閲覧。
  3. ^ いよいよ佳境!フェルスタッペンがF1サンパウロGPでハミルトンの自力優勝の望みを絶つための条件”. Formula1-Data (2021年11月12日). 2021年11月15日閲覧。
  4. ^ ピレリ、2021年シーズンの各F1グランプリに持ち込むタイヤコンパウンドを一挙発表”. jp motorsport.com (2021年2月19日). 2021年11月9日閲覧。
  5. ^ 2021 Brazilian Grand Prix - Circuit Map.pdf” (英語). FIA.com. 2021年11月11日閲覧。
  6. ^ スプリント予選レース”. Formula1-Data (2021年7月6日). 2021年11月12日閲覧。
  7. ^ 3回目のスプリント予選! レッドブルの勢いを、メルセデスが止められるか?|F1ブラジルGP DAZN配信スケジュール”. jp.motorsport.com (2021年11月10日). 2021年11月12日閲覧。
  8. ^ F1、スプリントレース週末の公式記録の扱いを変更。スプリントレース勝者が”ポールシッター”に”. jp motorsport (2021年7月2日). 2021年11月12日閲覧。
  9. ^ F1サンパウロGP、航空貨物遅延に伴い作業時間制限を免除…チームはFP1に向けて徹夜”. Formula1-Data (2021年11月12日). 2021年11月12日閲覧。
  10. ^ 『F1速報 2021年9月16日号 2021年 第12戦 ベルギーGP号』株式会社三栄、2021年9月2日、73頁。
  11. ^ フェラーリ、『ミッション・ウィノウ』ロゴをEU圏のレースで使用せずも、フィリップ・モリスとは関係良好?”. jp motorsport.com (2021年6月24日). 2021年11月12日閲覧。
  12. ^ 2021 Brazilian Grand Prix - Entry List.pdf” (英語). FIA.com. 2021年11月12日閲覧。
  13. ^ レッドブル、ポール獲得に向け出足良好…角田裕毅も上々でホンダ全車が上位窺う / F1サンパウロGP《FP1》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2021年11月13日). 2021年11月19日閲覧。
  14. ^ アロンソ、復帰後初のトップタイム…路面上昇でレッドブル・ホンダ有利か / F1サンパウロGP《FP2》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2021年11月13日). 2021年11月19日閲覧。
  15. ^ フェルスタッペン「悪くない」2番手、焦点はあくまでも決勝…角田は4戦連続Q3叶わず / F1サンパウロGP《予選》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2021年11月13日). 2021年11月19日閲覧。
  16. ^ “ダメージによる0.2mmの差”で失格のハミルトン、最後尾から5番手「僕は絶対に諦めない」/F1第19戦土曜”. auto sport Web. 2021年11月19日閲覧。
  17. ^ FORMULA 1 HEINEKEN GRANDE PRÊMIO DE SÃO PAULO 2021 - QUALIFYING”. Formula 1 (2021年11月12日). 2021年11月15日閲覧。
  18. ^ FORMULA 1 HEINEKEN GRANDE PRÊMIO DE SÃO PAULO 2021 - SPRINT GRID”. Formula 1 (2021年11月12日). 2021年11月15日閲覧。
  19. ^ ウイング修復許可されずハミルトンが予選失格に。メルセデス代表は納得いかず「先週のレッドブルは許されていたのに」”. jp motorsport.com (2021年11月14日). 2021年11月15日閲覧。
  20. ^ フェルスタッペン、逆転負けの2番手「タイヤ選択が…」ハミルトンは驚異の15位UP / F1サンパウロGP《SP予選》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2021年11月14日). 2021年11月19日閲覧。
  21. ^ FORMULA 1 HEINEKEN GRANDE PRÊMIO DE SÃO PAULO 2021 - SPRINT”. Formula 1 (2021年11月13日). 2021年11月15日閲覧。
  22. ^ FORMULA 1 HEINEKEN GRANDE PRÊMIO DE SÃO PAULO 2021 - STARTING GRID”. Formula 1 (2021年11月13日). 2021年11月15日閲覧。
  23. ^ a b 【追記】ライコネンがピットレーンスタート。ICE交換のハミルトンは10番手/2021年F1第19戦ブラジルGPグリッド”. auto sport Web (2021年11月14日). 2021年11月15日閲覧。
  24. ^ 至極…失格ハミルトン、大逆転劇!「全力を尽くしたし楽めた」とフェルスタッペン / F1サンパウロGP《決勝》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2021年11月15日). 2021年11月19日閲覧。
  25. ^ FORMULA 1 HEINEKEN GRANDE PRÊMIO DE SÃO PAULO 2021 - RACE RESULT”. Formula 1 (2021年11月14日). 2021年11月15日閲覧。
  26. ^ FORMULA 1 HEINEKEN GRANDE PRÊMIO DE SÃO PAULO 2021 - FASTEST LAPS”. Formula 1 (2021年11月14日). 2021年11月15日閲覧。
  27. ^ a b Formula One 2021 Sao Paulo Grand Prix Standings”. motorsportSTATS (2021年11月14日). 2021年11月15日閲覧。
  28. ^ 2021 DHL FASTEST LAP AWARD”. Formula 1 (2021年11月12日). 2021年11月15日閲覧。
前戦
2021年メキシコシティグランプリ
FIA F1世界選手権
2021年シーズン
次戦
2021年カタールグランプリ
前回開催
2019年ブラジルグランプリ
  サンパウログランプリ 次回開催
2022年サンパウログランプリ