2021年ソウル市長補欠選挙

2021年ソウル市長補欠選挙は、大韓民国の首都であるソウル特別市の首長(市長)を選出するために2021年4月7日に投票が行われた選挙で、国民の力呉世勲が当選した[1]

2021年ソウル市長選挙
2018年 ←
2021年4月7日 (2021-04-07)
→ 2022年

  Oh Se-hoon mayoral portrait.jpg 20210128 박영선 시사타파MBN인터뷰 (cropped).JPG
候補者 呉世勲 朴映宣
政党 国民の力 共に民主党
得票数 2,798,788 1,907,336
得票率 57.50% 39.18%

2021 Mayor of Seoul by-election leads by tertiary division.svg


選挙前市長

朴元淳
徐正協(代理)

選出市長

呉世勲

2021年ソウル市長補欠選挙
各種表記
ハングル 2021년 서울시장 보궐선거
漢字 2021年 서울市長補闕選擧
発音 イチョンニシビルリョンソウルシジャンボグォルソンゴ
日本語読み: 2021ねん そうるしちょう ほけつせんきょ
テンプレートを表示

概説編集

本選挙は、2020年7月9日文在寅大統領与党共に民主党所属の朴元淳ソウル市長(以下、朴ソウル市長)が自殺したことで空白となった後任市長を選出するために行われた補欠選挙で、上半期再補選の一つとして実施される。一地方自治団体の首長選挙であるが、任期末期に差し掛かった文在寅政権レームダック化や2022年実施予定の次期大統領選挙に影響を及ぼすと考えられている[2]

経緯編集

選挙日程など編集

候補者編集

3月18日と19日に立候補者登録が行われ、立候補人数が確定する。共に民主党公認の朴映宣に対し、野党陣営が統一候補として国民の力呉世勲国民の党安哲秀のいずれかに候補者を一本化できるか注目されている[3]

共に民主党編集

野党勢力編集

2021年3月23日、野党統一候補として呉世勲が選出された[4]

選挙結果編集

  • 選挙人数:8,425,869名
  • 投票者数:4,902,630名
  • 投票率:58.2%
ソウル市長補選候補者別得票
候補者 党派 新旧 得票数 得票率 当落
漢字 ハングル
呉世勲 오세훈 国民の力 元職 2,798,788 57.50% 当選
朴映宣 박영선 共に民主党 新人 1,907,336 39.18%
許京寧 허경영 国家革命党 新人 52,107 1.07%
金珍芽 김진아 女性の党 新人 33,421 0.68%
申智恵 신지혜 基本所得党 新人 23,628 0.48%
申智芸 신지예 無所属 新人 18,039 0.37%
宋名淑 송명숙 進歩党 新人 12,272 0.25%
李守峯 이수봉 民生党 新人 11,196 0.23%
呉太陽 오태양 未来党 新人 6,483 0.13%
鄭東熙 정동희 無所属 新人 1,874 0.03%
李度燁 이도엽 無所属 新人 1,664 0.03%
裵永奎 배영규 新自由民主連合 新人 634 0.01%
4,902,630
出典:ネイバーニュース特設ページ[5]

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集