2021年トルコグランプリ

2021年トルコグランプリ: 2021 Turkish Grand Prix)は、2021年のF1世界選手権第16戦として、2021年10月10日イスタンブール・パークで開催された。

トルコの旗 2021年トルコグランプリ
レース詳細
Istanbul park.svg
日程 2021年シーズン第16戦
決勝開催日 10月10日
開催地 イスタンブール・パーク
トルコの旗 トルコ イスタンブール 
コース長 5.338km
レース距離 58周(309.396km)
決勝日天候 曇りのち雨
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:22.998
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス
タイム 1:30.432(58周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

正式名称は「Formula 1 Rolex Turkish Grand Prix 2021[1]

背景編集

レース前のチャンピオンシップ順位
ドライバーズタイトルは前戦で優勝したルイス・ハミルトンが首位に立っているが、PU交換のペナルティの影響を最小限に留めたマックス・フェルスタッペンが2ポイント差で2位につけている。コンストラクターズでは、ボッタスが5位、ペレスが9位だったことからメルセデスがさらに広げている[2]
タイヤ
本レースでピレリが持ち込むドライ用タイヤのコンパウンドはハード(白):C2、ミディアム(黄):C3、ソフト(赤):C4の中間の組み合わせ[3]
その他

エントリーリスト編集

レギュラーシートについては前戦ロシアGPから変更なし。

フリー走行編集

FP1[9]
10月8日 11:30 TRT(UTC+3)
トップはルイス・ハミルトン、0.425秒差で2位にマックス・フェルスタッペン、0.476秒差で3位にシャルル・ルクレールが続いた。ピエール・ガスリーは無線で再舗装したばかりの昨年と比べ、まるで別のコースと報告していた。
FP2[10]
10月8日 15:00 TRT(UTC+3)
トップはルイス・ハミルトン、2番手にシャルル・ルクレール、3番手にバルテリ・ボッタスが続いた。4,5番手となったレッドブル陣営は、昨年の路面から大きく改善したことで持ち込んだセットアップが機能していないと説明している。
FP3[11]
10月9日 12:00 TRT(UTC+3)
トップはピエール・ガスリー、2番手にマックス・フェルスタッペン、3番手にセルジオ・ペレスが続いた。初日トップだったメルセデス勢はPUのマイレージを抑えるためにいずれのドライバーも10周以下しか走行しなかった。

予選編集

10月9日 15:00 TRT(UTC+3)(文章の出典先[12]

ポールはバルテリ・ボッタス、2番手にマックス・フェルスタッペン、3番手にシャルル・ルクレールとなった。Q3で最速タイムを刻んだのはルイス・ハミルトンだったが、4基目のICEの使用による10グリッド降格のペナルティにより、記録上のPPは前述の通りとなった。

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:24.585 1:23.082 1:22.868 111
2 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 1:25.047 1:23.579 1:22.998 1
3 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 1:24.592 1:23.732 1:23.196 2
4 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 1:24.869 1:24.015 1:23.265 3
5 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 1:24.704 1:23.817 1:23.326 4
6 14   フェルナンド・アロンソ アルピーヌ-ルノー 1:25.174 1:23.914 1:23.477 5
7 11   セルジオ・ペレス レッドブル-ホンダ 1:24.963 1:23.961 1:23.706 6
8 4   ランド・ノリス マクラーレン-メルセデス 1:25.138 1:24.642 1:23.954 7
9 16   ランス・ストロール アストンマーティン-メルセデス 1:25.511 1:24.601 1:24.305 8
10 22   角田裕毅 アルファタウリ-ホンダ 1:25.409 1:24.054 1:24.368 9
11 5   セバスチャン・ベッテル アストンマーティン-メルセデス 1:25.787 1:24.795 10
12 31   エステバン・オコン アルピーヌ-ルノー 1:25.422 1:24.842 12
13 63   ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 1:25.417 1:25.007 13
14 47   ミック・シューマッハ ハース-フェラーリ 1:25.555 1:25.200 14
15 55   カルロス・サインツ フェラーリ 1:25.177 No Time 192
16 3   ダニエル・リカルド マクラーレン-メルセデス 1:25.881 202
17 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 1:26.086 15
18 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 1:26.430 16
19 7   キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 1:27.525 17
20 9   ニキータ・マゼピン ハース-フェラーリ 1:28.449 18
107% time: 1:30.505
ソース:[13][14]
追記
  • ^1 – ハミルトンは追加のICEを使用したため10グリッド降格[15]
  • ^2 – サインツとリカルドは追加のパワーユニットを使用したため最後尾からのスタート[15]

決勝編集

10月10日 15:00 TRT(UTC+3)(文章の出典先[16]

優勝はバルテリ・ボッタス2020年ロシアグランプリ以来通算10勝目を挙げ、自身2度目のハットトリックも達成した。2番手にマックス・フェルスタッペン、3番手にセルジオ・ペレスとレッドブル勢が続いた。

雨がポツポツと降り続き路面は乾かず、溝が無くなり接地面が増えたインターミディエイトで走り続けるほうが速いという特殊な状況のレースだった。ウェット宣言下のレースではタイヤ交換義務がないため[17]エステバン・オコンは唯一ノーピットを成功させ10位で完走しポイントを獲得している。

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 58 1:30:41.001 1 26FL
2 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 58 +14.584 2 18
3 11   セルジオ・ペレス レッドブル-ホンダ 58 +33.471 6 15
4 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 58 +37.814 3 12
5 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 58 +41.812 11 10
6 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 58 +44.292 4 8
7 4   ランド・ノリス マクラーレン-メルセデス 58 +47.213 7 6
8 55   カルロス・サインツ フェラーリ 58 +51.526 19 4
9 18   ランス・ストロール アストンマーティン-メルセデス 58 +82.018 8 2
10 31   エステバン・オコン アルピーヌ-ルノー 57 +1 Lap 12 1
11 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 57 +1 Lap 16
12 7   キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 57 +1 Lap 17
13 3   ダニエル・リカルド マクラーレン-メルセデス 57 +1 Lap 20
14 22   角田裕毅 アルファタウリ-ホンダ 57 +1 Lap 9
15 63   ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 57 +1 Lap 13
16 14   フェルナンド・アロンソ アルピーヌ-ルノー 57 +1 Lap 5
17 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 57 +1 Lap 15
18 5   セバスチャン・ベッテル アストンマーティン-メルセデス 57 +1 Lap 10
19 47   ミック・シューマッハ ハース-フェラーリ 56 +2 Laps 14
20 9   ニキータ・マゼピン ハース-フェラーリ 56 +2 Laps 18
ソース:[18][19]

追記編集

  • ^FL - ファステストラップの1点を含む

達成された主な記録編集

第16戦終了時点のランキング編集

  • :いずれもトップ5まで掲載。
  • :ファストテストラップアワードは同数の場合、カウントバック方式がとられている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1965年のホンダF1初優勝時のRA272のホワイトをモチーフにしたデザイン。またレーシングスーツも白を基調とした特別なものとなっている。
  2. ^ リヤウイングに日本語で『ありがとう』と掲載されている。

出典編集

  1. ^ Turkish Grand Prix 2021 - F1 Race”. The Official F1 Website. 2020年10月8日閲覧。
  2. ^ 【ポイントランキング】F1第15戦ロシアGP終了時点”. auto sport Web (2021年9月27日). 2021年10月8日閲覧。
  3. ^ トルコGP FP1:ハミルトンが首位発進、フェルスタッペンとルクレールが続く。角田は18番手”. autosport Web (2021年10月8日). 2021年10月8日閲覧。
  4. ^ F1トルコGPにホンダPU搭載のレッドブル&アルファタウリが日本GP用の特別カラーリングで参戦”. autosport Web (2021年10月6日). 2021年10月8日閲覧。
  5. ^ レッドブル・ホンダF1、ホワイト&日本語バージョンのレーシングスーツを公開。ファンへの感謝を込めた特別デザイン”. autosport Web (2021年10月8日). 2021年10月8日閲覧。
  6. ^ 『F1速報 2021年9月16日号 2021年 第12戦 ベルギーGP号』株式会社三栄、2021年9月2日、73頁。 
  7. ^ フェラーリ、『ミッション・ウィノウ』ロゴをEU圏のレースで使用せずも、フィリップ・モリスとは関係良好?”. jp motorsport.com (2021年6月24日). 2021年10月7日閲覧。
  8. ^ 2021 Turkish Grand Prix - Entry List.pdf” (英語). FIA.com. 2021年10月8日閲覧。
  9. ^ ハミルトン、低グリップに不満のフェルスタッペン抑えTOP発進…懸案の路面は大幅改善か / F1トルコGP《FP1》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2021年10月8日). 2021年10月21日閲覧。
  10. ^ レッドブル、路面改善が”災い”してセットアップに問題…跳馬にも届かずTOP3圏外 / F1トルコGP《FP2》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2021年10月8日). 2021年10月21日閲覧。
  11. ^ えっ!? ガスリー、雨タイヤで昨年ドライより4.6秒速い最速タイム!ホンダTOP3独占 / F1トルコGP《FP3》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2021年10月9日). 2021年10月21日閲覧。
  12. ^ ハミルトン最速もボッタスPP、マックス含めHonda全車トップ10…角田は7戦ぶりQ3 / F1トルコGP《予選》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2021年10月9日). 2021年10月21日閲覧。
  13. ^ FORMULA 1 ROLEX TURKISH GRAND PRIX 2021 - QUALIFYING”. Formula 1 (2021年10月11日). 2021年10月9日閲覧。
  14. ^ FORMULA 1 ROLEX TURKISH GRAND PRIX 2021 - STARTING GRID”. Formula 1 (2021年10月9日). 2021年10月11日閲覧。
  15. ^ a b 【追記】新エレメント投入のハミルトンとサインツが降格。リカルドもPU交換/2021年F1第16戦トルコGPグリッド”. autosport Web (2021年10月10日). 2021年10月11日閲覧。
  16. ^ F1トルコ決勝:ボッタス今季初優勝で美酒に酔う。”ホンダカラー”のレッドブルは2-3位。角田は14位”. jp motorsport.com (2021年10月11日). 2021年10月21日閲覧。
  17. ^ 2021_formula_1_sporting_regulations” (英語). p. 27. 2021年10月21日閲覧。
  18. ^ FORMULA 1 ROLEX TURKISH GRAND PRIX 2021 - RACE RESULT”. Formula 1 (2021年10月10日). 2021年10月13日閲覧。
  19. ^ FORMULA 1 ROLEX TURKISH GRAND PRIX 2021 - FASTEST LAPS”. Formula 1 (2021年10月10日). 2021年10月13日閲覧。
  20. ^ a b 2021 Formula One Turkish Grand Prix”. motorsportSTATS (2021年10月10日). 2021年10月13日閲覧。
  21. ^ 2021 DHL FASTEST LAP AWARD”. Formula 1 (2021年10月10日). 2021年10月13日閲覧。
前戦
2021年ロシアグランプリ
FIA F1世界選手権
2021年シーズン
次戦
2021年アメリカグランプリ
前回開催
2020年トルコグランプリ
  トルコグランプリ