2021年世界柔道選手権大会

2021年世界柔道選手権大会(第37回世界柔道選手権大会)は、2021年6月6日6月13日ハンガリーブダペストで開催された柔道の世界選手権。無差別を除いた男女7階級の個人戦と男女の団体戦が実施された。ブダペストでは4年ぶり2度目の世界選手権開催となる[1]。当初はオーストリアウイーン開催の予定だったが、財政上の理由でウズベキスタンタシケントに変更となった[2][3][4][5]。しかしながら、最終的には東京オリンピックの約1か月前にブダペストで開催されることに決まった[6]。ブダペストは2022年の世界選手権開催地に決まっていたが、結果として2021年に繰り上がった[7]

大会結果編集

男子編集

階級
60kg以下級   RJF ヤゴ・アブラゼ   グスマン・キルギズバエフ   フランシスコ・ガリゴス
  カラマト・フセイノフ
66kg以下級   丸山城志郎   マヌエル・ロンバルド   ヨンドンペレンレイ・バスフー
  RJF ヤクブ・シャミロフ
73kg級   ラシャ・シャフダトゥアシビリ   トミー・マシアス   橋本壮市
  ビラル・チロール
81kg以下級   マティアス・カス   タト・グリガラシビリ   フランク・デ・ウィット
  アンリ・エグティゼ
90kg以下級   ニコロス・シェラザディシビリ   ダブラト・ボボノフ   マルクス・ニマン
  トート・クリスティアーン
100kg以下級   ジョルジ・フォンセカ   アレクサンダル・クコル   ヴァルラーム・リパルテリアニ
  イリア・スラマニゼ
100kg超級   影浦心   RJF タメルラン・バシャエフ   ロイ・メイヤー
  ヤキフ・ハンモ

女子編集

階級
48kg以下級   角田夏実   古賀若菜   ムンフバット・ウランツェツェグ
  フリア・フィゲロア
52kg以下級   志々目愛   アナ・ペレス・ボクス   ファビエンヌ・コッハー
  ゲフェン・プリモ
57kg以下級   ジェシカ・クリムカイト   玉置桃   テレーザ・シュトール
  ノラ・ジャコヴァ
63kg以下級   クラリス・アグベニュー   アンドレヤ・レシキ   サンネ・フェルメール
  アニャ・オブラドヴィッチ
70kg以下級   バルバラ・マティッチ   大野陽子   サンネ・ファンデイケ
  ミヒャエラ・ポレレス
78kg以下級   アンナ=マリア・ヴァーグナー   マドレーヌ・マロンガ   梅木真美
  フーシェ・ステーンハイス
78kg超級   朝比奈沙羅   冨田若春     ベアトリス・ソウザ
  マリア・アルテマン

男女混合団体戦編集

開催年 優勝 2位 3位 3位
2021   日本
舟久保遥香
橋本壮市
原田健士
新添左季
長澤憲大
増山香補
秋場麻優
影浦心
佐藤和哉
  フランス
ゲタネ・ドゥベルト
ジョアン=ベンジャマン・ガバ
マリー=エヴ・ガイエ
フランシス・ダミエル
レア・フォンテーヌ
セドリク・オリバル
  ウズベキスタン
シュクリョン・アミノワ
オビドホン・ノモノフ
グルノザ・マトニヤゾワ
シェルムハンマド・ジャンドレーフ
イリシホン・クルバンバエワ
ムザファルベク・トゥルボエフ
  ブラジル
ケテリン・ナシメント
エドゥアルド・バルボサ
マリア・ポルテラ
ラファエル・マセド
ベアトリス・ソウザ
ダビド・モウラ

各国メダル数編集

国・地域
1   日本 6 4 2 12
2   スペイン 1 1 2 4
  ジョージア 1 1 2 4
4   フランス 1 2 0 3
5   RJF 1 1 1 3
6   ドイツ 1 0 1 2
  ポルトガル 1 0 1 2
8   ベルギー 1 0 0 1
  カナダ 1 0 0 1
  クロアチア 1 0 0 1
11   セルビア 0 1 1 2
  スウェーデン 0 1 1 2
  ウズベキスタン 0 1 1 2
13   イタリア 0 1 0 1
  カザフスタン 0 1 0 1
  スロベニア 0 1 0 1
17   オランダ 0 0 5 5
18   ブラジル 0 0 3 3
19   モンゴル 0 2 2 2
20   オーストリア 0 0 1 1
  アゼルバイジャン 0 0 1 1
  ハンガリー 0 0 1 1
  イスラエル 0 0 1 1
  コソボ 0 0 1 1
  スイス 0 0 1 1
  トルコ 0 0 1 1
  ウクライナ 0 0 1 1

優勝者の世界ランキング編集

男子編集

60 kg級    ジョージア ヤゴ・アブラゼ  9位
66 kg級    日本 丸山城志郎  5位
73 kg級    ジョージア ラシャ・シャフダトゥアシビリ  12位
81 kg級    ベルギー マティアス・カス  1位
90 kg級    スペイン ニコロス・シェラザディシビリ  1位
100 kg級    ポルトガル ジョルジ・フォンセカ  7位
100 kg超級    日本 影浦心  8位

女子編集

48 kg級    日本 角田夏実 41位
52 kg級    日本 志々目愛 3位
57 kg級    カナダ ジェシカ・クリムカイト 2位
63 kg級    フランス クラリス・アグベニュー  1位
70 kg級    クロアチア バルバラ・マティッチ 15位
78 kg級    ドイツ アンナ=マリア・ヴァーグナー 3位
78 kg超級    日本 朝比奈沙羅 9位

(出典[8]、JudoInside.com)。

世界ランキング1位の成績編集

男子編集

60 kg級    日本 永山竜樹  3回戦敗退
66 kg級    イタリア マヌエル・ロンバルド  2位
73kg級    日本 橋本壮市  3位
81 kg級    ベルギー マティアス・カス  優勝
90 kg級    スペイン ニコロス・シェラザディシビリ  優勝
100 kg級    ジョージア ヴァルラーム・リパルテリアニ  3位
100 kg超級    日本 原沢久喜  不出場

女子編集

48 kg級    コソボ ディストリア・クラスニキ 5位
52 kg級    フランス アマンディーヌ・ブシャール  不出場
57 kg級    カナダ 出口クリスタ  5位
63 kg級    フランス クラリス・アグベニュー  優勝
70 kg級    フランス マリー=エヴ・ガイエ  2回戦敗退
78 kg級    フランス マドレーヌ・マロンガ  2位
78 kg超級    キューバ イダリス・オルティス  5位

(出典[8]、JudoInside.com)。

概要編集

2020年12月にCASの裁定により、組織的なドーピング問題を抱えていたロシア選手団は、主要な国際競技大会から2年間除外されることが決定したため、今大会のロシア選手はロシア代表の代わりに、ロシア柔道連盟名義での出場となった。そのため、国旗と国歌を使用できない[9][10]

脚注編集

外部リンク編集