2022年のスーパーフォーミュラ

2022年のスーパーフォーミュラ
前年: 2021 翌年: 2023

2022年のスーパーフォーミュラは、2022年4月9日 - 10日富士スピードウェイで開幕し、同年10月29日 - 30日鈴鹿サーキットで閉幕する予定のスーパーフォーミュラの全7大会・10戦のシリーズ。

前年からの主な変更点編集

レース日程編集

  • 日本レースプロモーション(JRP)は2022年1月31日、今年度の開催概要を発表した[1]
    • 大会・レース数は7大会・10レース。2レース開催の大会を3ラウンド実施する。全レースの予選を2ステージ制のノックアウト方式(Q1→Q2は12台勝ち上がり)に変更し、決勝開始時刻を14時30分に統一する。

レギュレーション編集

  • 日本自動車連盟(JAF)は2022年1月4日、前年度の統一規則を一部改正した「2022年全日本スーパーフォーミュラ選手権統一規則[2]」を公開した[3]。主な変更点は下記の通り。
    • 1年間で使用できるエンジンが、従来の1基から最大2基に増加した。加えて、他車に起因する不可抗力のエンジン破損の場合は、ペナルティ無くエンジン交換できる。
    • 1大会2レース制を採用した場合に各レースに与えられるポイントが、1大会1レースの場合と同じになる。一方で2020・2021年に採用していた有効ポイント制を廃止する。
    • 使用できるドライタイヤの本数が、従来「1大会につき6セット」だったものが「1レースにつき6セット」となる。
    • 反則スタートや黄旗無視等に対するペナルティを、ドライブスルーペナルティからタイムペナルティに変更する。

エントラント編集

その他編集

  • BSフジRed Bull TVにおける放送・配信を前年限りで終了し、公式YouTubeチャンネルのメンバーシップ(有料会員プラン)にて予選・決勝の生中継配信(日本語・英語。J SPORTSは引き続き放送し、公式中継の日本語版をそのまま使用)を提供する。また、公式アプリ「SFgo」(エスエフ・ゴー)の2023年提供開始に向けて、300名限定で開発サポーターを募集し、テスト運用を開始する。
  • ルーキードライバーの中で年間獲得ポイント最上位に授与されるルーキー・オブ・ザ・イヤーが成立するルーキードライバーの最低参戦人数が「3人」[22]から「2人」に変更されている[23]

エントリーリスト編集

Car-No. ドライバー チーム カーネーム エンジン
1   野尻智紀 TEAM MUGEN TEAM MUGEN MOTUL SF19 HONDA/M-TEC HR-417E
15   笹原右京 TEAM MUGEN BINGO SF19
3   山下健太 KONDO RACING Realize Corporation KONDO SF19 TOYOTA/TRD 01F
4   サッシャ・フェネストラズ Realize Corporation KONDO SF19
5   牧野任祐 DOCOMO TEAM DANDELION RACING DOCOMO DANDELION M5S SF19 HONDA/M-TEC HR-417E
6   大津弘樹 DOCOMO DANDELION M6Y SF19
7   小林可夢偉 KCMG Kids.com KCMG Cayman SF19 TOYOTA/TRD 01F
18   国本雄資 Kids.com KCMG Elyse SF19
12   福住仁嶺 ThreeBond Drago CORSE ThreeBond Drago CORSE SF19 HONDA/M-TEC HR-417E
14   大嶋和也 docomo business ROOKIE docomo business ROOKIE SF19 TOYOTA/TRD 01F
19   関口雄飛 carenex TEAM IMPUL carenex TEAM IMPUL SF19 TOYOTA/TRD 01F
20   平川亮 carenex TEAM IMPUL SF19
36   ジュリアーノ・アレジ Kuo VANTELIN TEAM TOM'S Kuo VANTELIN TOM'S SF19 TOYOTA/TRD 01F
37   宮田莉朋 Kuo VANTELIN TOM'S SF19
38   坪井翔 P.MU/CERUMOINGING P.MU/CERUMO・INGING SF19 TOYOTA/TRD 01F
39   阪口晴南 P.MU/CERUMO・INGING SF19
50   松下信治 B-MAX Racing Team BYOUBUGAURA B-Max SF19 HONDA/M-TEC HR-417E
53   佐藤蓮 TEAM GOH Red Bull TEAM GOH G01 SF19 HONDA/M-TEC HR-417E
55   三宅淳詞 TEAM GOH G01 SF19
64   山本尚貴 TCS NAKAJIMA RACING TCS NAKAJIMA RACING SF19 HONDA/M-TEC HR-417E
65   大湯都史樹 TCS NAKAJIMA RACING SF19

※全チームともシャシーはダラーラ・SF19タイヤ横浜ゴム

スケジュール及び勝者編集

大会 Round 開催日 開催サーキット 距離 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 備考
1 Rd1 4月9〜10日 富士スピードウェイ 187km   笹原右京   平川亮   平川亮
Rd2 187km   野尻智紀   関口雄飛   野尻智紀
2 Rd3 4月23〜24日 鈴鹿サーキット 180km   野尻智紀   野尻智紀   松下信治 二輪レース併催
3 Rd4 5月21〜22日 オートポリス 196km   野尻智紀   三宅淳詞   平川亮 二輪レース併催
4 Rd5 6月18〜19日 スポーツランドSUGO 190km   野尻智紀   関口雄飛   サッシャ・フェネストラズ 最長時間超過のため49周で終了[24]
5 Rd6 7月16〜17日 富士スピードウェイ 187km   関口雄飛   大湯都史樹   笹原右京 悪天候により、予選は計時予選を実施[25]
6 Rd7 8月20〜21日 モビリティリゾートもてぎ 178km   山本尚貴   山本尚貴   山本尚貴
Rd8 178km   大湯都史樹   大嶋和也   関口雄飛
7 Rd9 10月29〜30日 鈴鹿サーキット 180km
Rd10 180km

シリーズポイントランキング編集

ポイントシステム
決勝 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
20 15 11 8 6 5 4 3 2 1
予選 1位 2位 3位
3 2 1
  • 予選におけるポイントはドライバー部門にのみ与えられる。

ドライバー部門編集

順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 Rd9 Rd10 ポイント
Q R Q R Q R Q R Q R Q R Q R Q R Q R Q R
1   野尻智紀 6 2 1 1 1 2 1 4 1 3 3 3 4 3 3 4 113
2   サッシャ・フェネストラズ 5 3 7 20 3 4 6 2 2 1 7 Ret 2 2 2 6 81
3   平川亮 3 1 8 2 12 7 8 1 16 7 11 Ret 13 Ret 6 2 79
4   牧野任祐 7 6 13 Ret 6 3 3 6 9 4 6 5 5 4 5 3 55
5   宮田莉朋 4 5 2 3 4 18 2 5 4 6 DNQ 4 9 8 19 14 43
6   関口雄飛 8 4 16 6 18 11 16 17 17 15 1 Ret 10 9 7 1 38
7   笹原右京 1 19 3 10 19 14 4 7 14 10 13 1 12 7 DNQ 8 37
8   大湯都史樹 DNQ 7 18 11 14 13 18 Ret 5 2 10 10 3 Ret 1 5 30
9   山本尚貴 17 14 17 14 10 9 21 15 12 12 17 9 1 1 8 16 27
10   坪井翔 12 8 11 12 7 20 13 14 13 11 2 2 6 5 15 10 27
11   松下信治 14 20 21 19 9 1 20 10 10 Ret 9 DNS 8 11 11 11 21
12   山下健太 15 11 5 4 2 16 7 12 7 Ret 15 7 7 6 4 NC 19
13   三宅淳詞 11 10 9 5 21 Ret 5 3 21 18 12 Ret 16 Ret 9 15 18
14   大津弘樹 10 16 12 7 8 8 10 9 3 5 5 15 11 10 17 13 17
15   佐藤蓮 2 9 4 13 15 10 12 18 11 16 16 6 15 12 10 7 14
16   国本雄資 19 13 20 15 5 6 9 11 8 9 18 8 17 15 16 12 10
17   小林可夢偉 20 18 6 9 11 5 14 Ret 20 17 DNQ 14 14 14 12 17 8
18   阪口晴南 16 12 15 17 20 12 11 8 18 19 4 12 19 16 14 9 5
19   福住仁嶺 13 Ret 14 16 16 17 19 DSQ 6 8 8 11 DNQ Ret 13 Ret 3
20   ジュリアーノ・アレジ 9 17 10 8 17 15 17 NC 15 13 14 Ret 18 13 18 Ret 3
  大嶋和也 18 15 19 18 13 19 15 16 19 14 19 13 20 17 20 18 0
順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 Rd9 Rd10 ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

ルーキー・オブ・ザ・イヤー編集

順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 Rd9 Rd10 ポイント
Q R Q R Q R Q R Q R Q R Q R Q R Q R Q R
1   三宅淳詞 11 10 9 5 21 Ret 5 3 21 18 12 Ret 16 Ret 9 15 18
2   佐藤蓮 2 9 4 13 15 10 12 18 11 16 16 6 15 12 10 7 14
順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 Rd9 Rd10 ポイント

チーム部門編集

順位 チーム No. Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 Rd9 Rd10 ポイント
1 TEAM MUGEN 1 2 1 2 4 3 3 3 4 132
15 19 10 14 7 10 1 7 8
2 carenex TEAM IMPUL 19 4 6 11 17 15 Ret 9 1 113
20 1 2 7 1 7 Ret Ret 2
3 KONDO RACING 3 11 4 16 12 Ret 7 6 NC 91
4 3 20 4 2 1 Ret 2 6
4 DOCOMO TEAM DANDELION RACING 5 6 Ret 3 6 4 5 4 3 70
6 16 7 8 9 5 15 10 13
5 TCS NAKAJIMA RACING 64 14 14 9 15 12 9 1 16 50
65 7 11 13 Ret 2 10 Ret 5
6 Kuo VANTELIN TEAM TOM'S 36 17 8 15 NC 13 Ret 13 Ret 42
37 5 3 18 5 6 4 8 14
7 P.MU/CERUMO・INGING 38 8 12 20 13 11 2 5 10 30
39 12 17 18 8 19 12 16 9
8 TEAM GOH 53 9 15 10 17 16 6 12 7 30
55 10 5 Ret 3 18 Ret Ret 15
9 B-MAX Racing Team 50 20 19 1 10 Ret DNS 11 11 21
10 KCMG 7 18 9 5 Ret 17 14 14 17 18
18 13 15 6 11 9 8 15 12
11 ThreeBond Drago CORSE 12 Ret 16 17 DSQ 8 11 Ret Ret 3
docomo business ROOKIE 14 15 18 19 16 14 13 17 18 0
順位 チーム No. Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 Rd9 Rd10 ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2022年7月に組織再編を実施予定。参照:ニュース 2021年12月14日:新ドコモグループの組織の再編成を実施 - NTTコミュニケーションズ 企業情報

出典編集

  1. ^ 「SF NEXT50」発表会第2弾~2022年SUPER FORMULA開催概要~ - YouTube - 2022年1月31日
  2. ^ 2022年全日本スーパーフォーミュラ選手権統一規則 - JAF モータースポーツ・2022年1月4日
  3. ^ 2022年全日本スーパーフォーミュラ選手権統一規則の制定について - JAFモータースポーツ・2022年1月4日
  4. ^ TOYOTA GAZOO Racing、2022年の参戦体制を発表 - TOYOTA GAZOO Racing・2021年12月6日
  5. ^ a b スーパーフォーミュラ参戦のトヨタ/TRDエンジン勢に大きな変更はなし。アレジがフル参戦デビューへ - auto sport web・2021年12月6日
  6. ^ ROOKIE_Racing_のツイート(1499946252615942147)
  7. ^ 中嶋一貴、2021年限りでレーシングドライバーとしての現役引退を発表。TGR-E副会長に - auto sport web・2021年12月6日
  8. ^ 2022年 SUPER GT / SUPER FORMULA チーム体制発表(12/6時点) - TOM'S・2021年12月6日
  9. ^ 近藤真彦監督率いるKONDO RACING、2022年スーパーフォーミュラ参戦体制を発表。マシンカラーリングを一新 - オートスポーツweb・2022年3月2日
  10. ^ DtmKcmgのツイート(1499340533407580164)
  11. ^ 2022年Hondaモータースポーツ活動計画 - Honda・2022年1月14日
  12. ^ 2022年 M-TECモータースポーツ活動概要 - 無限 MUGEN・2022年1月14日
  13. ^ 2022年 SUPER FORMULA 参戦体制について - 無限 MUGEN・2022年3月4日
  14. ^ TEAM MUGENが追加エントリー。笹原右京がフル参戦で色違いの『ありがとう』2台体制にautosport web(2020.3.4)
  15. ^ 2022年全日本スーパーフォーミュラ選手権に2台体制で参戦! - Team Goh・2022年1月18日
  16. ^ 若手ドライバー育成を掲げ、佐藤蓮、三宅淳詞の両名とともに全10戦へ - Team Goh・2022年2月7日
  17. ^ 2022年全日本スーパーフォーミュラ選手権参戦体制のお知らせ - Team Goh・2022年2月26日
  18. ^ DragoCORSEのツイート(1481920712076296199) - 2022年1月14日
  19. ^ B-Max Racing Team 2022年参戦体制 - B-Max Racing Team・2022年3月4日
  20. ^ 2022年スーパーフォーミュラ参戦体制 - B-Max Racing Team・2022年1月14日
  21. ^ NAKAJIMA RACING 2022年シーズン参戦体制 発表 - NAKAJIMA RACING Official Website・2022年1月14日
  22. ^ 2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権 MEDIA INFORMATION - 日本レースプロモーション、2022年4月12日閲覧
  23. ^ 2022 Driver Standings - スーパーフォーミュラ公式サイト、2022年4月12日閲覧
  24. ^ ThreeBond Drago CORSE 2022年第5戦SUGO大会レポート - SUPER FPRMULA Official Website・2022年6月24日閲覧
  25. ^ 第6戦予選 雨中の計時予選を制したのは関口雄飛 - SUPER FPRMULA Official Website・2022年7月18日閲覧