2022年アジア競技大会

2022年アジア競技大会(2022ねんアジアきょうぎたいかい、The 19th Asian Games XIX Asiad)は、中華人民共和国浙江省杭州市において開催される第19回アジア競技大会

第19回アジア競技大会
XIX Asian Games
開催都市 中華人民共和国の旗 中国 杭州市[1]
開会式 2023年9月23日
閉会式 同年10月8日
開会宣言 習近平国家主席(予定)
主会場 杭州オリンピック・スポーツ・エキスポセンター
« 2018
2026 »

概要編集

中国オリンピック委員会杭州が2015年8月招致に立候補し、その際立候補した唯一の都市であった。杭州は2015年9月に正式にOCA総会で開催都市として決定された[2]

招致提案書によると寧波紹興湖州も一部競技会場となる予定。大会は市内の鉄道建設も拡大し、都市間の移動も短縮される予定である[3]

しかし中国におけるコロナの流行などで2022年5月6日に大会開催期日を1年延期することがアジアオリンピック評議会(OCA)理事会にて決定され[4]、7月19日に大会の新たな日程について「2023年9月23日から10月8日まで」と決定された[5]

会場建設とインフラ整備編集

大会では44箇所の会場が使用される予定で、そのうち30会場は市内に現存。10会場は建設中、4会場は計画中。開閉会式は杭州オリンピック・スポーツ・エキスポセンターにて開催される見込み。

市内主要会場編集

市外会場編集

参加国・地域編集

実施競技編集

大会マスコット編集

杭州の伝統と現代文化を象徴するロボット3体がマスコットに選定された。グループ名は詩人白居易の作品にちなみ「江南の記憶(江南忆)」とし、杭州の歴史文化と自然および創造性を示している[6]。3体の名前はそれぞれ、チェンチェン(宸宸、Chenchen)、ツォンツォン(琮琮、Congcong)、リャンリャン(莲莲、Lianlian)。

スポンサー編集

2022年アジア競技大会の公式スポンサーは、現在のところ独占サプライヤーの2層構造になっている[7]

公式プレスティージアス・パートナー編集

独占サプライヤー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集