2022年スペイングランプリ

2022年スペイングランプリ: 2022 Spanish Grand Prix )は、2022年のF1世界選手権の第6戦として、2022年5月22日カタロニア・サーキットにて開催。

スペインの旗 2022年スペイングランプリ
レース詳細
2022 F1 CourseLayout Spain.svg
日程 2022年シーズン第6戦
決勝開催日 5月22日
開催地 カタロニア・サーキット
スペイン カタルーニャ州 バルセロナ県 ムンマロー
コース長 4.675km
レース距離 66周 (308.424km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:18.750
ファステストラップ
ドライバー メキシコの旗 セルジオ・ペレス
タイム 1:24.108(55周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

正式名称は「Fomula 1 Pirelli Gran Premio De España 2022[1]

背景編集

タイヤ
本レースでピレリが持ち込むドライ用タイヤのコンパウンドはハード(白):C1、ミディアム(黄):C2、ソフト(赤):C3の固めの組み合わせ。提供されるセット数はハード2、ミディアム3、ソフト8[2]
ピレリタイヤの組み合わせ
ドライ用 ウェット用
C1 C2 C3 インターミディエイト フルウェット
 
(ハード)
 
(ミディアム)
 
(ソフト)
 
(小雨用)
 
(大雨用)
DRS:2箇所[3]※( )内は検知ポイント
  • DRS1:ターン9より40m先から(ターン9より86m手前)
  • DRS2:ターン16より57m先から(セーフティカーライン1)

エントリーリスト編集

前戦から変更なし。

フリー走行編集

FP1[8]
2022年5月20日 14:00 CEST(UTC+2)
トップはシャルル・ルクレール。2位にカルロス・サインツが続きフェラーリの1-2となった。ハースアルファタウリを除くチームがアップグレードを持ち込み、メルセデス勢はポーパシングに改善が見られた。レッドブルセルジオ・ペレスに代わりユーリ・ビップスウィリアムズアレクサンダー・アルボンに代わりニック・デ・フリースをFP1で走らせた。
FP2[9]
2022年5月20日 17:00 CEST(UTC+2)
トップはFP1に続き、シャルル・ルクレール。次いでメルセデス勢2台が続いた。マクラーレンランド・ノリスはフロアにダメージを負い走行は6周に留まったほか、アルファロメオバルテリ・ボッタスはエンジントラブルによりコース上でストップしVSCが導入された。
FP3[10]
2022年5月21日 13:00 CEST(UTC+2)
トップはシャルル・ルクレール。2位にマックス・フェルスタッペン、3,4位にジョージ・ラッセルルイス・ハミルトンのメルセデス勢が続いた。

予選編集

2022年5月21日 16:00 CEST(UTC+2)(文章の出典先[11]

ポールはシャルル・ルクレールでシーズン4度目通算13回目の獲得。2番手にマックス・フェルスタッペン、3番手にカルロス・サインツとなった。Q1ではRB18との類似性で物議となっているアストンマーティン2台などがノックアウト。Q2ではアルファタウリ2台やターン12のトラック・リミットによりタイム抹消となったランド・ノリスなどがノックアウト。Q3は1回目のタイム計測でルクレールがシケインでスピンし、フェルスタッペンが暫定ポールについた。2回目のタイム計測ではルクレールが最速タイム更新、一方のフェルスタッペンはDRSに不具合が発生しタイム計測を断念した。

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 1:19.861 1:19.969 1:18.750 1
2 1   マックス・フェルスタッペン レッドブル-RBPT 1:20.091 1:19.219 1:19.073 2
3 55   カルロス・サインツ フェラーリ 1:19.892 1:19.453 1:19.166 3
4 63   ジョージ・ラッセル メルセデス 1:20.218 1:19.470 1:19.393 4
5 11   セルジオ・ペレス レッドブル-RBPT 1:20.447 1:19.830 1:19.420 5
6 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:20.252 1:19.794 1:19.512 6
7 77   バルテリ・ボッタス アルファロメオ-フェラーリ 1:20.355 1:20.053 1:19.608 7
8 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:20.227 1:19.810 1:19.682 8
9 3   ダニエル・リカルド マクラーレン-メルセデス 1:20.549 1:20.287 1:20.297 9
10 47   ミック・シューマッハ ハース-フェラーリ 1:20.683 1:20.436 1:20.368 10
11 4   ランド・ノリス マクラーレン-メルセデス 1:20.838 1:20.471 11
12 31   エステバン・オコン アルピーヌ-ルノー 1:20.880 1:20.638 12
13 22   角田裕毅 アルファタウリ-RBPT 1:20.707 1:20.639 13
14 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-RBPT 1:20.719 1:20.861 14
15 24   周冠宇 アルファロメオ-フェラーリ 1:20.476 1:21.094 15
16 5   セバスチャン・ベッテル アストンマーティン・アラムコ-メルセデス 1:20.954 16
17 14   フェルナンド・アロンソ アルピーヌ-ルノー 1:21.043 201
18 18   ランス・ストロール アストンマーティン・アラムコ-メルセデス 1:21.418 17
19 23   アレクサンダー・アルボン ウィリアムズ-メルセデス 1:21.645 18
20 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 1:21.915 19
107% time: 1:25.451
ソース:[12][13]
追記
  • ^1 – アロンソは追加のパワーユニットを使用したため最後尾からのスタート[14]

決勝編集

2022年5月22日 15:00 CEST(UTC+2)(文章の出典先[15]

レース結果編集

優勝はマックス・フェルスタッペン。2位にセルジオ・ペレス、3位にジョージ・ラッセル

6番手スタートのルイス・ハミルトンを除く全車がソフトをスタートタイヤに選択。3番手スタートのカルロス・サインツは蹴り出しが悪く、ラッセルとペレスに先行された。ターン4では横並びになったハミルトンとケビン・マグヌッセンが接触、マグヌッセンはコースアウト、ハミルトンは左フロントにダメージを負いピットイン。7周目と9周目にはターン4でサインツとフェルスタッペンがそれぞれ突風によりコースアウトし順位を下げた。フェルスタッペンはその後、ペレスに順位を譲ってもらいラッセルに追い付くが、DRSに再び不具合が発生しコース上で追い抜くことが出来なかった。上位勢が1度目のタイヤ交換を終えた直後の27周目、トップ走行中のシャルル・ルクレールはパワーユニットのトラブルによりリタイアした。ルクレールの脱落により、トップ争いとなったラッセルとフェルスタッペンの攻防は、DRSに不具合があったフェルスタッペンが28周目に2度目、45周目に3度目のピットインを行い、ラッセルの前方に戻り逆転した。フェルスタッペンは49周目にもペレスに再び順位を譲ってもらいトップに立った。レース終盤には最後方から追い上げたハミルトンが4位までポジションを上げたが、冷却系に問題が発生したことによりサインツに抜き返され5位になった。

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 1   マックス・フェルスタッペン レッドブル-RBPT 66 1:37:20.475 2 25
2 11   セルジオ・ペレス レッドブル-RBPT 66 +13.072 5 19FL
3 63   ジョージ・ラッセル メルセデス 66 +32.927 4 15
4 55   カルロス・サインツ フェラーリ 66 +45.208 3 12
5 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 66 +54.534 6 10
6 77   バルテリ・ボッタス アルファロメオ-フェラーリ 66 +59.976 7 8
7 31   エステバン・オコン アルピーヌ-ルノー 66 +75.397 12 6
8 4   ランド・ノリス マクラーレン-メルセデス 66 +83.235 11 4
9 14   フェルナンド・アロンソ アルピーヌ-ルノー 65 +1 Lap 20 2
10 22   角田裕毅 アルファタウリ-RBPT 65 +1 Lap 13 1
11 5   セバスチャン・ベッテル アストンマーティン・アラムコ-メルセデス 65 +1 Lap 16
12 3   ダニエル・リカルド マクラーレン-メルセデス 65 +1 Lap 9
13 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-RBPT 65 +1 Lap 14
14 47   ミック・シューマッハ ハース-フェラーリ 65 +1 Lap 10
15 18   ランス・ストロール アストンマーティン・アラムコ-メルセデス 65 +1 Lap 17
16 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 64 +2 Laps 19
17 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 64 +2 Laps 8
18 23   アレクサンダー・アルボン ウィリアムズ-メルセデス 64 +2 Laps 18
Ret 24   周冠宇 アルファロメオ-フェラーリ 28 DNF 15
Ret 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 27 DNF 1
ソース:[16][17]
追記
  • ^FL - ファステストラップの1点を含む

第6戦終了時点のランキング編集

ワールド・チャンピオンシップ編集

  • :いずれもトップ5まで掲載。

DHLファステストラップアワード編集

順位 ドライバー 獲得数
  1   シャルル・ルクレール 3
  2   マックス・フェルスタッペン 2
  1 3   セルジオ・ペレス 1
ソース:[19]

  • :いずれもトップ5まで掲載。
  • :ファストテストラップアワードは同数の場合、カウントバック方式がとられている。

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ Spanish Grand Prix 2022 - F1 Race”. The Official F1 Website. 2022年5月16日閲覧。
  2. ^ F1、第4戦エミリア・ロマーニャから第7戦モナコまでのタイヤ選択”. Fomula1-Data (2022年4月13日). 2022年5月16日閲覧。
  3. ^ 2022 Spanish Grand Prix - Event Notes - Circuit Map.pdf” (英語). FIA.com (2022年5月18日). 2022年5月19日閲覧。
  4. ^ 2022 Spanish Grand Prix - Entry List.pdf” (英語). FIA.com (2022年5月20日). 2022年5月20日閲覧。
  5. ^ レッドブル、F1スペインGPのフリー走行1回目でユーリ・ヴィップスを起用”. jp.motorsport.com (2022年5月19日). 2022年5月20日閲覧。
  6. ^ フォーミュラE王者デ・フリーズ、F1公式セッション初走行へ「速いマシンに慣れないと!」”. jp.motorsport.com (2022年5月19日). 2022年5月20日閲覧。
  7. ^ アルファロメオのクビサがF1スペインGPのFP1に登場。18インチタイヤテストも担当”. auto sport Web (2022年5月5日). 2022年5月20日閲覧。
  8. ^ 空力性能改善のフェラーリが1-2、アルファタウリも上々…注目デ・フリースは僚友凌ぐ / F1スペインGP《FP1》結果とダイジェスト”. Fomula1-Data (2022年5月20日). 2022年5月24日閲覧。
  9. ^ メルセデス、フェラーリに迫る2番手も「レッドブルは依然として侮れない」とラッセル / F1スペインGP《FP2》結果とダイジェスト”. Fomula1-Data (2022年5月21日). 2022年5月24日閲覧。
  10. ^ フェルスタッペン迫るもルクレール3連取、白熱のポール争いに期待 / F1スペインGP《FP3》結果とダイジェスト”. Fomula1-Data (2022年5月21日). 2022年5月24日閲覧。
  11. ^ ルクレールPP!フェルスタッペン、DRSトラブルで最終計測叶わず…角田は奮闘虚しく / F1スペインGP《予選》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2022年5月22日). 2022年5月24日閲覧。
  12. ^ FORMULA 1 PIRELLI GRAN PREMIO DE ESPAÑA 2022 - QUALIFYING”. Formula 1 (2022年5月21日). 2022年5月23日閲覧。
  13. ^ FORMULA 1 PIRELLI GRAN PREMIO DE ESPAÑA 2022 - STARTING GRID”. Formula 1 (2022年5月21日). 2022年5月23日閲覧。
  14. ^ フェルナンド・アロンソ、エンジン交換ペナルティ今季第1号…母国F1スペインGPで最後尾”. Fomula1-Data (2022年5月22日). 2022年5月23日閲覧。
  15. ^ レッドブル、今季2回目の1-2!首位快走ルクレールはエンジンDNF…角田裕毅は入賞 / F1スペインGP《決勝》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2022年5月23日). 2022年5月24日閲覧。
  16. ^ FORMULA 1 PIRELLI GRAN PREMIO DE ESPAÑA 2022 - RACE RESULT”. Formula1.com (2022年5月22日). 2022年5月23日閲覧。
  17. ^ FORMULA 1 PIRELLI GRAN PREMIO DE ESPAÑA 2022 - FASTEST LAPS”. Formula1.com (2022年5月23日). 2022年5月23日閲覧。
  18. ^ a b Formula One 2022 Spanish Grand Prix Standings”. Motorsport Stats (2022年5月22日). 2022年10月11日閲覧。
  19. ^ 2022 DHL FASTEST LAP AWARD”. Formula1.com (2022年5月23日). 2022年5月23日閲覧。
前戦
2022年マイアミグランプリ
FIA F1世界選手権
2022年シーズン
次戦
2022年モナコグランプリ
前回開催
2021年スペイングランプリ
  スペイングランプリ 次回開催
2023年スペイングランプリ