メインメニューを開く

2024年パリオリンピック

2024年にフランス・パリで開催される予定の第33回夏季オリンピック

2024年パリオリンピック(2024ねんパリオリンピック、: Jeux de la XXXIIIe olympiade: Games of the XXXIII Olympiad)は、2024年7月26日から8月11日までの17日間、フランスパリで開催される予定のオリンピック競技大会。一般的にパリオリンピックと呼称され、パリ五輪と略称される。

2024年パリオリンピック
第33回オリンピック競技大会
Jeux de la XXXIIIe olympiade
開催都市 フランスの旗 フランス パリ
参加国・地域数 207(予定)
参加人数 12,000人以上(予定)
競技種目数 未定(28競技は決定済み)
開会式 2024年7月26日
閉会式 2024年8月11日
開会宣言 仏大統領
主競技場 スタッド・ドゥ・フランス
夏季
2020年東京 2028年ロサンゼルス  >
冬季
2022年北京 2026年ミラノ/コルティナ・ダンペッツォ  >
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

2017年9月にペルーリマで開催されたIOC総会第131次IOC総会英語版)にて正式に承認された。パリでの開催は1924年以来、100年ぶり3回目で冬季大会を含めれば、フランスでの開催は1992年アルベールビルオリンピック以来、32年ぶり6回目となる。

開催地決定までの過程編集

2022年冬季五輪招致での財政不安などで候補の撤退が相次いだ反省を踏まえ、多くの都市の立候補を促すため、「募集」「申請」「立候補」の3段階に分けた手順を定めた。開催に関心のある都市は、申請前に国際オリンピック委員会 (IOC) と運営上の課題や計画を意見交換できる。開催都市には約15億ドルの支援金も準備する。既存施設の活用や分散開催などを認めた「五輪アジェンダ2020」が初めて本格的に適用される大会招致となる。

  • 2015年
  • 2017年
    • 1月 - 立候補都市による立候補ファイルの提出期限。立候補ファイルは、詳細な開催計画を記す文書である。
    • 2月3月 - IOCの評価委員会が各立候補都市を視察する。
    • 6月9日 - ローザンヌでのIOC理事会で2028年大会と同時に開催都市を決定する声明を発表[1]。このとき、IOCは9月の総会までに両都市の協議によって開催順の合意を得ることを希望しており、合意なき場合はIOC委員による投票を行う予定だった[2]
    • 6月 - 評価委員会が各立候補都市の評価報告書を公開する。
    • 7月31日 - ロサンゼルスが24年招致を断念。これにより、パリが2024年大会の開催都市に内定した[3]
    • 9月13日 - ペルーリマで開かれた第131次IOC総会英語版でパリ2024大会が全会一致で承認された。

立候補した都市編集

以下、人物の肩書きはいずれもその当時のもの。

ヨーロッパ編集

  •   フランス - パリ市が 1992年大会2008年大会2012年大会に立候補したが、いずれも失敗している。2024年大会は前回のパリオリンピックからちょうど100年目となるため、フランスの元スポーツ大臣が立候補を見据えて競技施設の建設などに充てる準備金の積み立て計画を表明した。しかし夏季五輪招致を巡り、フランソワ・オランド大統領は2014年11月6日に出演したテレビ番組で「立候補するなら支持する」と発言していたがパリのアンヌ・イダルゴ市長が翌7日、立候補に消極的な姿勢を示した。イダルゴ市長は反対の理由に経済的な負担などを挙げていた。
    • パリ - パリ議会は2015年4月13日、五輪の招致を支持する決議を可決した。

北アメリカ編集

立候補を検討していた都市編集

以下、人物の肩書きはいずれもその当時のもの。

アフリカ編集

アジア編集

  •   カタール
    • ドーハ - 2016年大会2020年大会に立候補したが、共に1次選考で落選している。2020年大会の落選後、2024年大会の招致レースを見据える声明を発表している[5]
  •   フィリピン
  •   インド
    • ニューデリー - 2015年4月3日、インド・オリンピック委員会 (IOA) のラマチャンドラン会長は、IOCのバッハ会長が4月下旬にインドを訪問し、モディ首相と会談するとPTI通信が伝えた。IOA筋はインド政府が2024年のオリンピック開催に手を挙げたいとの意向を伝えるとしているが、巨額の資金が必要で、実現するかどうかは不透明。立候補都市は首都ニューデリーか西部アーメダバードとの観測がある。

ヨーロッパ編集

  •   アゼルバイジャン
    • バクー - 2016年大会と2020年大会に立候補したが、共に1次選考で落選した。その後、再挑戦の意欲を表明した[7][8]
  •   ウクライナ
    • キエフ - コレスニコフ副首相がポーランドと共催したUEFA EURO 2012の成功は2024年五輪開催地への立候補に大きな弾みがつくとの声明を発表した。キエフはEURO 2012の決勝戦を開催した。また、ウクライナはウクライナ西部の都市リヴィウ州庁所在地であるリヴィウ2022年冬季オリンピックへの立候補も検討していたが[9]、2014年6月30日、緊迫化する国内情勢を理由に、立候補を取りやめると発表した。
  •   トルコ
    • イスタンブール - 2020年大会に立候補し、一時は最有力とされながらも、最終投票で東京に敗れる。引き続き2024年大会にもイスラム圏初のオリンピックを目指す方針であったがトルコオリンピック委員会のエルデネル会長は2015年2月25日、イスタンブールの2024年夏季五輪招致について「非常に難しい状況だ。おそらく立候補できないだろう」と述べ、断念する可能性を示した。最終的には政府の判断に委ねることとなる。IOC理事でもある同会長は、現状は停滞していると説明した。

北アメリカ編集

立候補を取り消した都市編集

  •   アラブ首長国連邦 ドバイ 
  •   アメリカ合衆国 サンフランシスコ
  •   アメリカ合衆国 ワシントンD.C.
  •   アメリカ合衆国 サンディエゴ/  メキシコ ティファナ
  •   アメリカ合衆国 タルサ/ ニューヨーク/ ダラス/ フィラデルフィア[11]
  •   アメリカ合衆国 ボストン - 2015年1月8日、米国オリンピック委員会 (USOC) はコロラド州デンバーで開かれた理事会で、15人の役員による投票の末、夏季五輪の候補都市をロサンゼルスサンフランシスコワシントンD.C.とともに候補となっていたマサチューセッツ州ボストンに決定したと発表した。2015年3月24日、ボストン五輪招致委員会のフィッシュ会長は招致の是非を問う住民投票を2016年11月に実施する意向を明らかにした。反対多数の場合は招致を取りやめる考えだった。投票の対象はボストン市と同市があるマサチューセッツ州で既に市長、州知事からの賛同を得ていたが一方で経費面などで反対意見があり、地元ラジオ局による世論調査で支持率は36%にとどまっていた。2015年7月27日、ボストンのウォルシュ市長が記者会見で大会運営で赤字が生じた場合、市が全額を補償することに難色を示したため立候補を取りやめた[12]
  •   メキシコ グアダラハラ[13]
  •   韓国 釜山
  •   台湾 台北
  •   ロシア サンクトペテルブルク[14]/カザン
  •   イタリア - 2020年夏季オリンピック開催地が東京に決定したことを受け、エンリコ・レッタ首相が2024年大会を同国の都市に招致する意向を示した。
    • ローマ - 2020年大会にも立候補したが、緊縮財政により財政赤字からの脱却を進めるマリオ・モンティ政権からの支持を得られず断念を決意した。しかし、2013年8月にイタリアオリンピック委員会 (CONI) 会長が2024年大会にローマが立候補する可能性があることに言及し、さらにマリーノ市長が招致の準備ができていることを表明した[15]。2014年12月15日、首都のローマが夏季五輪の開催都市として立候補することを発表。また、CONIは2015年2月10日、ローマの夏季五輪誘致は元フェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長が指揮を執ると発表していたが2016年9月21日、ヴィルジニア・ラッジ市長が1960年五輪で発生した借金が完済していないこと、国民・市民の税負担、ローマ市の財政難を理由に開催招致レースからの撤退を表明した。
  •   ドイツ ベルリン [16]
  •   ドイツ ハンブルク - DOSBは2015年3月16日、立候補都市にハンブルクを推薦すると発表。1936年に夏季五輪を開催した首都ベルリンとの2都市から国内候補都市を絞り込んだ。DOSBによると、ハンブルクは住民支持率が64%でベルリンの55%を上回り、国内競技団体の投票でも過半数の支持を得ていたが、ハンブルクの夏季五輪招致委員会は2015年11月29日、招致の是非を問う住民投票の結果、巨額の開催費への懸念から反対51.6%、賛成48.4%となり、過半数を得られなかったため招致を断念すると発表した。ドイツは、2022年冬季五輪招致を検討したミュンヘンが巨額の開催費などの懸念から住民投票で賛同を得られず立候補を断念した経緯がある。
  •   南アフリカ共和国 ダーバン[17]/ヨハネスブルク[18]
  •   ハンガリー ブダペスト - ハンガリーオリンピック委員会 (MOB) は2015年2月6日の総会で、2024年夏季五輪招致でブダペストを候補都市として実現可能性の調査に乗り出す方針を決めた。その後、2015年7月8日にMOBは開催都市に首都ブダペストが立候補したと発表。カヌー・スラロームなどの複数種目で他都市か国外での実施も検討していた。世論調査会社Ipsosの調べでは、ハンガリー国民の60%は2024年の夏季五輪の開催地としてブダペスト市が立候補することを支持した。開催の障害としては、73%がハンガリーの経済状況を挙げていたが大会の計画書提出後の2017年2月22日、開催費が巨額になったことを受けて国民の間で反対の声が広がり、「五輪招致反対派の動きが加速し、ブダペストは必要な結束が崩れ、大会の成功は望めない」ことを理由にハンガリー政府やブダペスト市長が招致を断念することを発表した[19]

実施競技編集

2024年夏季オリンピックは2016年・2020年(追加種目除く)と同じ下記の28の競技が実施されることが2017年6月9日のIOC理事会で決定した[1]ドーピングが多発したことによりウエイトリフティングの除外が検討されたが、条件つき残留になった[1]

追加種目については、開催地を譲ったロサンゼルスとの間でアメリカンフットボールをパリが提案する密約があるのではと報道がされた[20]

しかし、のちにパリオリンピック組織委はスポーツクライミングサーフィン、ローラースポーツのスケートボードダンススポーツブレイキンのみを追加種目提案候補に挙げた。すべてエクストリームスポーツで多くはアーバンスポーツであった。

2019年6月25日、スポーツクライミング4種目、サーフィン2種目、スケートボード4種目、ブレイキン2種目の追加種目採用がIOCオリンピックプログラム委員会での議論、IOC理事会承認ののち、IOC総会でパリオリンピック組織委から提案され追加種目になることが挙手での採決で事実上、決定した。初採用のブレイキン以外は2020年東京オリンピックで実施状況を検証し、2020年12月のIOC理事会で最終決定する[21]。追加種目決定の締め切りは2021年だが、これ以上の追加種目提案はないことも表明された[22]。挙手の前のIOC委員による意見表明ではサラ・ウォーカー渡辺守成エレーナ・イシンバエワらが賛成の表明をした。アーバンスポーツでありオリンピック非正式種目であるパルクールを実施している国際体操連盟会長の渡辺は「2年前、東京五輪でこれらアーバンスポーツが実施されることが決定してから、とても保守的でアーバンスポーツが認められにくい状況にある日本でも多くの若者がアーバンスポーツをやるようになった。日本ではわずか2年でアーバンスポーツはメジャースポーツになった。これは奇跡だと思う。皆様の決断により日本の多くの若者がスポーツの世界に戻ってきている。特にアーバンスポーツで。親や祖父母たちが子供たちの活躍を祝福する状況になっている。パリではアーバンスポーツは偉大な成功をおさめることを強く信じている。」と述べた。一方で真実としては2020年東京オリンピックでこれらの追加種目実施が決定したのはこのIOC総会の約3年前である2016年8月3日のIOC総会であった。

競技会場編集

パリ2024招致委員会によると、大会は既存の競技施設を中心に開催する予定である。競技会場は1998 FIFAワールドカップ決勝の舞台となったスタッド・ドゥ・フランスのほか、ベルシー・アリーナスタッド・ローラン・ギャロスなどが使用される見込みだが、大会期間中はIOCの規定によりスタジアムの名称が変更される予定である。

立候補ファイル編集

脚注編集

  1. ^ a b c IOC Executive Board charts the course for future Olympic Games”. Olympic.org (2017年6月9日). 2017年6月10日閲覧。
  2. ^ 2024年と2028年の夏季五輪、パリとロサンゼルスで 開催順は協議”. BBC (2017年7月12日). 2017年7月12日閲覧。
  3. ^ Los Angeles makes deal to host 2028 Summer Olympics”. Los Angeles Time. 2017年7月31日閲覧。
  4. ^ Morocco to bid for 2024 or 2028 Olympic Games”. Chinese Olympic Committee. 2011年7月19日閲覧。
  5. ^ Doha 2020 Disappointed And Surprised Over Shortlist Elimination
  6. ^ Philippines Urged To Bid For 2024 Summer Olympics [1]
  7. ^ Baku 2020 Disappointed - Calls IOC Decision A "Setback"
  8. ^ Baku Moves Foward, Azerbaijan Plans Joint Bid to Host UEFA Euro 2020
  9. ^ Колесніков марить Олімпіадою в Україні | Чемпіон
  10. ^ カナダ:2024年夏季五輪 トロント招致 - 毎日新聞、2015年7月29日閲覧
  11. ^ GamesBids.com – A Philadelphia 2024 Olympic Bid Studied
  12. ^ ボストンが2024年五輪立候補を取りやめ - NHKオンライン、2015年7月29日閲覧
  13. ^ [2]
  14. ^ http://themoscownews.com/sports/20110721/188859291.html
  15. ^ Rome's 2020 Olympic Bid Scrapped by Premier Monti
  16. ^ Istanbul Bid Leadership; "Powerful" Olympians; Bach on IOC Presidency, German Bids
  17. ^ [3]
  18. ^ [4]
  19. ^ ブダペストが24年五輪断念 パリとロサンゼルスの一騎打ちに スポーツニッポン新聞社 2017年2月23日配信 同日閲覧
  20. ^ 24年五輪 ロスがパリに譲った裏に「アメフト追加」の密約”. 日刊ゲンダイ (2017年6月10日). 2017年9月17日閲覧。
  21. ^ ブレークダンスなど追加 24年パリ五輪、野球落選”. 朝日新聞デジタル (2019年6月26日). 2019年6月26日閲覧。
  22. ^ BREAKING, SKATEBOARDING, SPORT CLIMBING AND SURFING PROVISIONALLY INCLUDED ON PARIS 2024 OLYMPIC SPORTS PROGRAMME”. IOC (2019年6月25日). 2019年6月25日閲覧。

外部リンク編集