メインメニューを開く

2025年日本国際博覧会

2025年に日本の大阪市で開催予定の国際博覧会

2025年日本国際博覧会(2025ねんにっぽんこくさいはくらんかい、英称:Expo 2025 Osaka, Kansai, Japan)は、2025年令和7年)に日本大阪府大阪市此花区で開催される予定の国際博覧会

EXPO 大阪 2025
概要
BIE区分 国際博覧会
標語 いのち輝く未来社会のデザイン
運営者 2025年日本国際博覧会協会
会場
日本の旗日本
都市 大阪
会場 夢洲(大阪市此花区
座標 北緯34度39分12.7秒 東経135度23分11.1秒 / 北緯34.653528度 東経135.386417度 / 34.653528; 135.386417座標: 北緯34度39分12.7秒 東経135度23分11.1秒 / 北緯34.653528度 東経135.386417度 / 34.653528; 135.386417
経緯
立候補 2017年4月22日
選出 2018年11月23日
初日 2025年5月3日
最終日 2025年11月3日
国際博覧会
前回 ドバイ国際博覧会ドバイ
次回 2030年国際博覧会
テーマ型博覧会
前回 ブエノスアイレス国際博覧会ブエノスアイレス
インターネット
ウェブサイト www.expo2025.or.jp

略称は「大阪・関西万博」(おおさか・かんさいばんぱく)[1]

概要編集

2025年日本国際博覧会協会は、大阪府で開催される国際博覧会である。登録博覧会(登録博)に区分されており、総合的なテーマを扱う大規模博覧会として実施される予定である。1970年の大阪万博と区別するため、略称は「大阪・関西万博」となった[1]

万博の経済効果は、全国で約2兆円と試算され[2]、「近畿圏で1兆1千億円。13万2千人の雇用を創出する」と報告されている[3]。「万博以外に日本の観光地を周遊する訪日客」を含めた試算だと「2兆2000億円」の経済効果が見込まれている[4]

経緯編集

2018年11月23日にフランスのパリで開かれたBIE総会で投票が行われた。最終プレゼンテーションはバクー、大阪、エカテリンブルグの順で、30分間に渡って意見を提示し、その後の投票はコンピューターの無記名投票によって開催地を決定した。総数の3分の2以上を得た都市が開催権を獲得され、達しない場合は最下位の都市が脱落。2都市に絞り込んだ場合は過半数を得た都市が開催権を獲得することになっていた。最終プレゼンテーション後に行われた初回の投票で、大阪は85票を獲得し、48票のエカテリンブルクと23票のバクーを上回ったが、投票総数の3分の2には達せずエカテリンブルクとの決選投票となった。2回目の投票で大阪が92票を獲得、エカテリンブルクは61票だった。これにより、2025年国際博覧会の開催地が大阪に決定された[5][6]

日本での国際博覧会開催は2005年日本国際博覧会(愛・地球博)以来20年ぶりで、大阪で開催されるのは登録博(旧一般博)としては1970年吹田市で開催された日本万国博覧会以来55年ぶり2回目、特別博も含めると1990年に大阪市鶴見区で開催された国際花と緑の博覧会以来35年ぶり3回目である。

会場建設のため経済界から400億円を集めることとなり、このうち100億円を松本正義関西経済連合会会長の出身母体である住友グループから捻出することが、2019年9月の白水会会合で決定された[7]

投票結果編集

投票結果
都市 第1回 第2回
  大阪 85 92
  エカテリンブルク 48 61
  バクー 23
テーマ: 「人という資本」[8]
テーマ: 「変化する世界、包括的な技術革新-子供と将来の世代へ」[9]
テーマ: 「いのち輝く未来社会のデザイン」

立候補取り下げ;

テーマ: 「共有すべき知見、守るべき地球」[11]。2018年1月に立候補を断念[12]

一般社団法人2025年日本国際博覧会協会編集

招致成功を受けて、2019年平成31年/令和元年1月に設立された[13]。本部は大阪市の大阪府咲洲庁舎に所在。

  ・小原正敏(きっかわ法律事務所代表弁護士)[17]

  ・中務裕之(中務公認会計士・税理士事務所所長 公認会計士・税理士)[17]

会場内への交通編集

(2019年10月現在。今後の鉄道の延伸計画等あり。)

国際博覧会編集

外部リンク編集


前大会:
ドバイ国際博覧会
登録博
日本大阪市
次大会:
2030年国際博覧会
  1. ^ a b “万博略称は「大阪・関西万博」に 70年大阪万博と区別”. 朝日新聞デジタル. (2019年1月24日). https://www.asahi.com/articles/ASM1S5GZKM1SULFA02M.html 2019年1月24日閲覧。 
  2. ^ “25年大阪万博決定、経済効果2兆円ー地元企業や本田選手から喜びの声”. Bloomberg. (2018年11月24日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-24/PIOEAE6K50XS01 2019年1月24日閲覧。 
  3. ^ “万博やカジノの経済効果調査へ 神戸市、連携図る”. 日本経済新聞. (2017年4月12日). オリジナルの2018年9月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180910162439/https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201704/0010087802.shtml 2019年1月24日閲覧。 
  4. ^ “大阪万博の経済効果2.2兆円 りそな総研”. 日本経済新聞. (2018年11月26日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO38181210W8A121C1LKA000 2018年11月28日閲覧。 
  5. ^ https://mainichi.jp/articles/20181124/k00/00m/040/142000c
  6. ^ https://r.nikkei.com/articleDGXMZO38137170U8A121C1SHA000
  7. ^ 住友グループ、大阪万博で100億円寄付 会場建設費に2019/10/3 13:30日本経済新聞 
  8. ^ Baku bids for World Expo 2025” (英語). azernews.az. 2017年5月23日閲覧。
  9. ^ World Expo 2025” (英語). www.bie-paris.org. 2017年3月18日閲覧。
  10. ^ World Expo 2025” (英語). www.bie-paris.org. 2017年3月18日閲覧。
  11. ^ 2025, EXPOFRANCE. “Application idea” (英語). www.expofrance2025.com. 2017年3月18日閲覧。
  12. ^ “France drops bid to host 2025 World Expo”. ロイター. (2018年1月21日). https://www.reuters.com/article/us-france-expo/france-drops-bid-to-host-2025-world-expo-idUSKBN1FA10U?il=0 
  13. ^ 協会情報” (日本語). www.expo2025.or.jp. 2019年6月15日閲覧。
  14. ^ a b c 2025年日本国際博覧会協会 設立関西経済連合会2019.02.05
  15. ^ a b c d 「協会概要」2025年日本国際博覧会
  16. ^ a b c d e 役員の就任について2025年日本国際博覧会
  17. ^ a b c d e 一般社団法人2025年日本国際博覧会協会” (日本語). 一般社団法人2025年日本国際博覧会協会. 2019年8月18日閲覧。