2030年冬季オリンピック

2030 Winter Olympics

2030年冬季オリンピック(にせんさんじゅうねんとうきオリンピック)は、2030年に開かれる予定の第26回オリンピック冬季競技大会。開催都市は、2023年9月 - 10月にインドムンバイにて開催予定の第140次IOC総会で正式決定する予定[1]

2030年冬季オリンピック
第26回オリンピック冬季競技大会
XXVI Olympic Winter Games
開会式 2030年2月8日
閉会式 2030年2月24日
冬季
夏季
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

招致プロセス編集

2019年にローザンヌで開催された第134回IOC総会において、新しいIOC招致プロセスが承認された。「オリンピック・アジェンダ2020」の関連提言を受けた主な提案は以下の通りである[2][3]

  • あらゆるオリンピックイベントについて、都市/地域/国と国内オリンピック委員会の間で招致の意向を探り、創造するための恒久的で継続的な対話を確立する。
  • 将来のオリンピックイベントの招致の意向を監視してIOC執行委員会に報告する、夏季大会と冬季大会の2つの将来開催地委員会(Future Host Commission)を設立する。
  • 将来開催地委員会の一部を非執行理事にすることで、IOC総会の影響力を高める。

また、IOCはオリンピック憲章の柔軟性を高めるために、「大会の7年前」とした選挙の期日を削除し、開催地を「単一の都市・地域・国」から「複数の都市・地域・国」に変更した。

この招致プロセスの変更は、ドイツの招致メンバーから「不可解」であり、「非透明性の点で」超えることは難しいと批判された[4]

将来開催地委員会編集

招致の意向のある地域や、IOCが関心を持たせたい地域候補を監視する夏季大会の将来開催地委員会の全構成は以下の通りである[5]

2030年冬季大会の将来開催地委員会
IOC委員(4名) その他の委員(4名)

立候補を検討している都市編集

過去2010年冬季オリンピックを開催。実現すれば20年ぶり2回目の開催となる。しかしブリティッシュコロンビア州は支援拒否も市は継続を表明。
過去1972年冬季オリンピックを開催した経験がある。実現すれば58年ぶり2回目の開催となる。過去に1984年冬季オリンピックにて、2回目の冬季オリンピックを開催しようと立候補したが、サラエボに敗れ、その後2026年冬季オリンピックの招致を目指したが、平昌・北京に続く三回連続冬季五輪東アジア開催による懸念、2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震の影響を受けたことや、2030年度末に予定されている北海道新幹線札幌延伸を見据え、2030年の五輪招致を地元経済界が要望していたことから、2018年9月17日に札幌市は国際オリンピック委員会(IOC)に2026年五輪招致断念を伝達[6]、本大会の開催都市を目指す。
過去2002年冬季オリンピックを開催。実現すれば28年ぶり2回目の開催となる。米オリパラ委員会によると、2034年開催が望ましいとする意見も出ている[7]
実現すれば同国初の五輪開催となる。過去に2014年の冬季五輪開催都市に立候補したものの、一次選考で落選し、2022年冬季五輪にも立候補したが、北京に僅か4票差で落選し、2026年大会への立候補を報じられていたが市長は否定したため、本大会の開催都市を目指す。
過去1984年冬季オリンピックを開催。実現すれば46年ぶり2回目の開催となる。

過去に立候補への関心を表明した都市編集

バルセロナは過去に1992年夏季オリンピックを開催しており、実現すれば38年ぶり2回目の五輪開催だった。屋外競技はピレネー山脈で行い、室内氷上競技をカタルーニャで、雪上競技をアラゴンで行う予定とし[8]、一部競技をアンドラフランス側でも行うことを予定しており、実現すれば冬季五輪初の複数国開催となっていたが、2022年6月に共催を検討していたカタルーニャ州とアラゴン州の政府間で合意が得られず撤退を表明した[9]

脚注編集

  1. ^ スペイン五輪委、30年冬季五輪・パラの招致断念…札幌など3都市名乗り”. 読売新聞オンライン (2022年6月22日). 2022年6月24日閲覧。
  2. ^ Future Olympic Games elections to be more flexible”. International Olympic Committee (2019年5月2日). 2021年8月26日閲覧。
  3. ^ Evolution of the revolution: IOC transforms future Olympic Games elections”. International Olympic Committee (2019年6月26日). 2021年8月26日閲覧。
  4. ^ German officials bemoan 'non-transparency' of 2032 Olympics bid selection”. The Guardian (2021年2月26日). 2021年2月26日閲覧。
  5. ^ IOC Members Kristin Kloster Aasen and Octavian Morariu lead Future Host Commissions”. International Olympic Committee (2019年10月3日). 2021年8月26日閲覧。
  6. ^ 札幌市、2026年冬季五輪の招致断念をIOCに伝達:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2018年9月17日). 2022年9月4日閲覧。
  7. ^ 冬季五輪「ソルトレークは34年開催がいい」 米オリ・パラ委会長”. 毎日新聞 (2022年6月24日). 2022年6月24日閲覧。
  8. ^ 五輪=札幌が招致目指す30年冬季大会、カタルーニャなど立候補」『ロイター』、2022年3月29日。2022年3月30日閲覧。
  9. ^ スペインが招致見送り 30年冬季五輪・パラ”. 時事通信. 2022年6月24日閲覧。