2035年9月2日日食(2035ねん9がつふつかのにっしょく)は、観測する地域によって皆既日食または部分日食として観測される。本記事での時刻は、特記のない限り協定世界時 (UTC)にて記す。見られる場所については[1]を参考とした。

2035年9月2日の日食
日食の進行の様子を示した図
日食図
日食の種類
性質 皆既日食
ガンマ値 0.3729
食分 1.0320
最大食
持続期間 2分54秒2
所在地 南鳥島近海
座標 北緯29度6.3分 東経158度4.8分 / 北緯29.1050度 東経158.0800度 / 29.1050; 158.0800
食帯の最大幅 116.3 km
時間 (UTC)
(P1) 部分食始 23:15:15.2
(U2) 中心食始 00:15:34.9
最大食 01:55:15.4
(U3) 中心食終 03:35:02.4
(P4) 部分食終 04:35:26.6
参照
サロス周期 145番(全77回の 23番目)
Catalog # (SE5000) 9586
テンプレートを表示

日食 編集

部分日食はアジア西アジアの一部を除く)、太平洋の広い範囲と北アメリカ西部で見られる。部分日食が9月1日23時15分15秒に始まった後、翌2日0時15分34秒に中華人民共和国新疆ウイグル自治区ホータン市北方で皆既日食が始まる。中心食帯は甘粛省内モンゴル自治区山西省河北省北京市天津市を通ったのち渤海に抜ける。その後は遼東半島を横切って黄海朝鮮半島を通過し、日本海に入る。その後、日本列島を横断、北陸地方北関東を中心に皆既日食が見られる。そして太平洋に入り、1時55分15秒に南鳥島北東の北緯29度6.3分 東経158度4.8分 / 北緯29.1050度 東経158.0800度 / 29.1050; 158.0800で最大食を迎え、食分は1.0320、中心食帯の幅は約116 km、皆既日食の継続時間は2分54秒に達する。日本で皆既日食が見られるのは2009年7月22日の日食以来26年ぶり[2]である。その後は陸地を通らず、ハワイ諸島南東の海上で3時35分2秒に皆既日食は終了し、4時35分26秒に部分日食も終了する。

皆既日食が見られる国・主な都市 編集

脚注 編集

  1. ^ 2035 September 2 Total Solar Eclipse - Xavier Jubier
  2. ^ 2009年7月22日皆既日食の情報 国立天文台