21ジャンプストリート (映画)

21ジャンプストリート』(とぅえんてぃわんじゃんぷすとりーと、原題: 21 Jump Street)は、2012年アメリカ合衆国アクションコメディ映画[5]。主演はジョナ・ヒルチャニング・テイタム、脚本はマイケル・バコール、監督はフィル・ロードとクリストファー・ミラー1987年の同名のテレビシリーズを原作としている。

21ジャンプストリート
21 Jump Street
21 Jump Street.svg
監督 フィル・ロード
クリストファー・ミラー
脚本 マイケル・バコール
原案 マイケル・バコール
ジョナ・ヒル
原作 パトリック・ハスバーグ英語版
スティーブン・J・キャネル
製作 スティーブン・J・キャネル
ニール・H・モリッツ
製作総指揮 ジョナ・ヒル
チャニング・テイタム
エズラ・スワードロウ
タニア・ランドー
出演者 ジョナ・ヒル
チャニング・テイタム
ブリー・ラーソン
デイヴ・フランコ
アイス・キューブ
音楽 マーク・マザーズボー
撮影 バリー・ピーターソン
編集 ジョエル・ネグロン
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
オリジナル・フィルム
ロード・ミラー・プロダクションズ
レラティビティ・メディア[1]
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア ピクチャーズ/メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年3月16日
上映時間 109分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $42,000,000[3]
興行収入 $201,585,328[4]
次作 22ジャンプストリート
テンプレートを表示

全世界で2億100万ドルの興行収入を記録した。2014年6月13日には続編『22ジャンプストリート』が公開された。

ストーリー

キャスト

 
ワンダーコンで本作の衣裳を着てプロモーションをするジョナ・ヒルチャニング・テイタム
俳優 役名 日本語吹替
ソフト版 機内上映版
ジョナ・ヒル モートン・シュミット 奈良徹
チャニング・テイタム グレッグ・ジェンコ 最上嗣生 鶴岡聡[6]
ブリー・ラーソン モリー 石田嘉代
デイヴ・フランコ エリック 早志勇紀
ロブ・リグル ウォルターズ先生 西村太佑
デレイ・デイヴィス ドミンゴ
アイス・キューブ ディクソン警部 白熊寛嗣
ダックス・フレイム ザック
クリス・パーネル ゴードン
エリー・ケンパー グリッグス先生
ジェイク・ジョンソン ダディアー校長
ニック・オファーマン ハーディ副部長
ホリー・ロビンソン・ピート ジュディ
カメオ出演
ジョニー・デップ
(クレジットなし)
トム・ハンソン 高橋英則
ピーター・デルイーズ
(クレジットなし)
ダグ・ペンホール

製作

2008年5月、コロンビア ピクチャーズテレビシリーズの映画版を企画中であることが判明する。ジョナ・ヒルは脚本を書き直すだけでなく、製作総指揮および主演としても映画に参加することが明らかとなった[7]。ヒルはホラー監督のロブ・ゾンビを本作の監督に希望した。2009年5月、ヒルは本作を「R指定で、『バッドボーイズ』とジョン・ヒューズが融合したタイプの映画」になると説明した[8]。2009年12月21日、『くもりときどきミートボール』の監督であるフィル・ロードとクリストファー・ミラーに監督を交渉中であることが発表された[9]

公開

プレミア上映は2012年3月12日にテキサス州オースティンパラマウント・シアター英語版で行われた[10]。米国ではコロンビア ピクチャーズメトロ・ゴールドウィン・メイヤーにより、2012年3月16日に劇場公開された。

日本ではビデオスルーとして、2013年3月6日にDVDが発売された。

評価

興行収入

アメリカ合衆国カナダでは公開初日に1320万ドルを売り上げた。初週末3日間では3500万ドルを売り上げ1位となった[11]。アメリカとカナダで1億3840万ドル、その他の国で6310万ドル、全世界で2億160万ドルの興行収入を記録し、ハイ・スクール/コメディ映画としては歴代トップの興行収入を記録した[12]

批評家の反応

レビュー集計サイトRotten Tomatoesでは、226件のレビューから85%の支持率を得ており、平均評価は7.20/10となっている。Rotten Tomatoesの批評では、「80年代のノスタルジーとティーン向け映画の典型をスマートかつ愛情を込めて風刺したこの作品は、驚くほど満足のいく噛みごたえのある乱暴なメインストリーム・コメディである」と書かれている[13]Metacriticでは、41人の批評家による100点満点中69点で、「おおむね好意的な評価」となっている[14]CinemaScoreによる観客の投票では、A+からFまでの評価で平均「B」という評価を得ている。

出典

  1. ^ Relativity Media LLC: Ryan Kavanaugh, CEO: Entertainment Creation, Movie Financing, Film Distribution & Production”. 2012年2月29日閲覧。 “Upcoming films for Relativity include: Haywire, Act of Valor, The Raven, Mirror Mirror, 21 Jump Street, American Reunion, and The Bourne Legacy.”
  2. ^ 21 JUMP STREET (15)”. British Board of Film Classification (2012年1月24日). 2012年1月25日閲覧。
  3. ^ March 15, 2012  (2012年4月18日). “Movie Projector: '21 Jump Street' could open to over $30 million - latimes.com”. Latimesblogs.latimes.com. 2012年4月19日閲覧。
  4. ^ 21 Jump Street”. Box Office Mojo. 2012年12月25日閲覧。
  5. ^ 21 Jump Street Gets Phil Lord and Chris Miller to direct”. 2011年10月23日閲覧。
  6. ^ 鶴岡 聡”. REMAX. 2020年7月29日閲覧。
  7. ^ Sperling, Nicole (2008年5月13日). “Jonah Hill in negotiations to develop '21 Jump Street' movie”. hollywoodinsider.ew.com. 2009年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月25日閲覧。
  8. ^ Jonah Hill Talks 21 Jump Street Remake Movie”. Fused Film (2009年5月28日). 2012年12月25日閲覧。
  9. ^ Coll, Kevin (2009年12月21日). “21 Jump Street Film Gets Phil Lord and Chris Miller To Direct”. Fused Film. 2009年12月21日閲覧。
  10. ^ “Channing Tatum's SXSW "21 Jump Street" Premiere”. Celebrity-Gossip.net. (2012年3月13日). http://celebrity-gossip.net/21-jump-street/channing-tatums-sxsw-21-jump-street-premiere-593873 2012年3月13日閲覧。 
  11. ^ 'The Lorax' Defeats Disappointing 'John Carter'”. Box Office Mojo. IMDB. 2012年3月11日閲覧。
  12. ^ 21 Jump Street”. Box Office Mojo. 2021年10月3日閲覧。
  13. ^ 21 Jump Street”. Rotten Tomatoes. Fandango. 2021年6月24日閲覧。
  14. ^ 21 Jump Street Reviews, Rating and Credits”. Metacritic (CBS) (2012年3月16日). 2012年3月17日閲覧。

外部リンク