メインメニューを開く

21世紀の女の子』(21せいきのおんなのこ、英題:21st Century Girl)は、2019年2月8日公開の日本オムニバス映画。15人の女性若手映画監督による1篇8分以内の短編15篇により構成される。第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門出品作品[1]

21世紀の女の子
21st Century Girl
監督 山戸結希
井樫彩
枝優花
加藤綾佳
坂本ユカリ
首藤凜
竹内里紗
夏都愛未
東佳苗
ふくだももこ
松本花奈
安川有果
山中瑶子
金子由里奈
玉川桜(アニメ監督
製作 山戸結希(企画・プロデュース)
製作総指揮 平沢克祥
長井龍
出演者 朝倉あき
石橋静河
伊藤沙莉
唐田えりか
北浦愛
木下あかり
倉島颯良
黒川芽以
瀧内公美
橋本愛
日南響子
堀春菜
松井玲奈
三浦透子
モトーラ世理奈
山田杏奈
主題歌 大森靖子平賀さち枝「LOW hAPPYENDROLL -少女のままで死ぬ-」
製作会社 21世紀の女の子製作委員会
(ABCライツビジネス、Vap
配給 ABCライツビジネス
公開 日本の旗 2019年2月8日
上映時間 117分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

山戸結希監督の企画・プロデュースにより、1つの共通テーマのもとに1篇8分以内の短編作品を1980年代後半から1990年代生まれの14人の女性映画監督と1人のアニメーション監督が手掛けた[2]。そのうち1人は一般から監督公募が行われ、約200名の応募者から立命館大学在学中の金子由里奈監督が選ばれた[3]。またキャストオーディションが2018年3月に開催され、約2,000名が応募した[3]

ファッション雑誌装苑』が劇中の衣装を全面プロデュースしている[4]

劇場公開に先立って第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品され[1]、各短編の順序が劇場公開版とは異なる「インターナショナル版」が2018年11月1日にプレミア上映された。

目次

構成作品編集

「回転てん子とどりーむ母ちゃん」編集

「粘膜」編集

「projection」編集

「恋愛乾燥剤」編集

  • 監督:枝優花
  • 出演:山田杏奈藤原隆介、ゆっきゅん、佐々木史帆、大河原恵、伊吹捺未
  • 時間:8分

「out of fashion」編集

「君のシーツ」編集

「Mirror」編集

「セフレとセックスレス」編集

「ミューズ」編集

「I wanna be your cat」編集

「珊瑚樹」編集

「reborn」編集

「愛はどこにも消えない」編集

「離ればなれの花々へ」編集

エンドロールアニメーション編集

  • 監督:玉川桜
  • 時間:7分

共通スタッフ編集

  • 企画・プロデュース - 山戸結希
  • エグゼクティブ・プロデューサー - 平沢克祥、長井龍
  • コプロデューサー - 小野光輔、平林勉、三谷一夫
  • 写真 - 飯田エリカ
  • アニメーション - 玉川桜
  • 制作協力 - バックアップ、イマジカAOI Pro.
  • 製作 - 21世紀の女の子製作委員会(ABCライツビジネス、VAP
  • 製作幹事・配給・宣伝: ABCライツビジネス
  • 製作・配給協力 - 映画24区、和エンタテインメント

主題歌編集

脚注編集

外部リンク編集