社会人野球における3大大会(さんだいたいかい)とは、現在では日本野球連盟の主催する3つの大会である。

一般的に社会人野球の大会においては、夏季に関東地方で行われる都市対抗野球大会と、秋季に近畿地方で行われる社会人野球日本選手権大会1974年創設。1973年までは主に関東地方で行われた日本産業対抗野球大会)が「社会人野球2大大会(社会人野球2冠)」として認知されているが、これに春季に関東地方で行われる日本選手権大会出場の選考判断となる「JABA公認大会」の一つであり、かつ社会人野球の新シーズンの開幕を告げるトーナメント大会・「JABA東京スポニチ大会」を含めた3大会、あるいはクラブ登録のチームの場合は「東京スポニチ大会」に代えてクラブチームの実力日本一を決定する「全日本クラブ野球選手権大会」(開催地は基本持ち回りだが、2000年代は関東地方での開催が多い)を3大会(東京スポニチ大会に出場する場合はそれを入れて4大会)に加える場合がある。

なお日本選手権大会では、社会人単独チーム日本一決定戦の位置づけを明確にするため、2006年から都市対抗、並びにクラブ選手権で優勝したチーム、2007年からはJABA公認大会(JABA東京スポニチ大会の他、JABA静岡大会JABA四国大会JABA岡山大会JABA長野県知事旗争奪野球大会JABA京都大会JABA九州大会JABA東北大会JABA北海道大会の9大会)で優勝したチームについては無条件で日本選手権出場権を与え、同一チームが複数の大会で優勝した場合は優勝チームが属する地域(プロが出場する大会でプロチームが優勝した場合は、準優勝チームが所属する地域)の予選会からの出場が増枠になる特典が与えられている。

各社会人チームは春季の地区連盟主催大会を皮切りにシーズン入りし、3(4)大大会全ての制覇が目標であるとされるが、3(4)大大会が勢揃いした1951年以降、2大会を制したチームは数多く存在するが、3大会(クラブチームは4大会)すべてを制したチームはまだ現れていない。また、都市対抗野球大会と日本選手権を同じ年で制したチームは1988年東芝2012年JX-ENEOS2015年日本生命の3チームのみである。

一般的な社会人野球の3大大会編集

企業チーム(および広域複合企業チーム)編集

  • JABA東京スポニチ大会(3月)
  • 都市対抗野球大会(7-8月)
  • 社会人野球日本選手権大会(10-11月)

クラブチーム編集


年度別各大会の優勝チーム編集

年度 都市対抗野球大会 産業対抗/日本選手権 全日本クラブ野球選手権大会 JABA東京スポニチ大会
優勝チーム 優勝チーム 優勝チーム 優勝チーム
1927 1 満州倶楽部
1928 2 大連実業団
1929 3 満州倶楽部
1930 4 東京倶楽部
1931 5 東京倶楽部
1932 6 全神戸
1933 7 東京倶楽部
1934 8 全大阪
1935 9 東京倶楽部
1936 10 門司鉄道局
1937 11 八幡製鐵
1938 12 藤倉電線
1939 13 藤倉電線
1940 14 全京城
1941 15 (中止)
1942 16 全京城
1946 17 大日本土木 1 いすゞ自動車
1947 18 大日本土木 2 横浜金港クラブ
1948 19 西日本鉄道 3 愛知産業
1949 20 星野組 4 小口製作所
1950 21 全鐘紡 5 全藤倉
1951 22 全鐘紡 1 鐘淵化学 6 日本生命
1952 23 全鐘紡 2 全藤倉 7 八幡製鐵
1953 24 大昭和製紙 3 熊谷組 8 大昭和製紙
1954 25 八幡製鐵 4 大昭和製紙 9 全鐘紡
1955 26 全鐘紡 5 トキコ 10 日本生命
1956 27 日本石油 6 熊谷組 11 鹿児島鉄道管理局
1957 28 熊谷組 7 丸善石油 12 鐘化カネカロン
1958 29 日本石油 8 日鉄二瀬 13 日本鋼管
1959 30 丸善石油 9 倉敷レイヨン 14 日本生命
1960 31 熊谷組 10 日本鋼管 15 日本鋼管
1961 32 日本石油 11 熊谷組 16 日本石油
1962 33 日本石油 12 日本生命 17 東芝
1963 34 積水化学 13 熊谷組 18 日本鋼管
1964 35 日本通運 14 大昭和製紙 19 いすゞ自動車
1965 36 電電近畿 15 日本生命 20 日立製作所
1966 37 熊谷組 16 全鐘紡 21 日本石油
1967 38 日本石油 17 日産自動車 22 日本鉱業日立
1968 39 富士製鐵広畑 18 全鐘紡 23 日本生命
1969 40 電電関東 19 北海道拓殖銀行 24 河合楽器
1970 41 大昭和製紙 20 丸善石油 25 日本通運
1971 42 新日本製鐵広畑 21 全大昭和製紙 26 日本生命
1972 43 日本楽器 22 日本石油 27 三協精機
1973 44 日本鋼管 23 エアロマスター 28 熊谷組
1974 45 大昭和製紙北海道 1 三協精機 29 東芝
1975 46 電電関東 2 鐘淵化学 30 熊谷組
1976 47 日本鋼管 3 新日本製鐵名古屋 1 全浦和野球団 31 電電東京
1977 48 神戸製鋼 4 住友金属 2 全浦和野球団 32 東芝
1978 49 東芝 5 北海道拓殖銀行 3 全浦和野球団 33 大昭和製紙
1979 50 三菱重工広島 6 住友金属 4 山梨球友クラブ 34 東芝
1980 51 大昭和製紙 7 日本鋼管福山 5 オール常交 35 熊谷組
1981 52 電電東京 8 富士重工業 6 大和クラブ 36 東芝
1982 53 住友金属 9 ヤマハ発動機 7 全足利クラブ 37 日本石油
1983 54 東芝 10 住友金属 8 全足利クラブ 38 東芝
1984 55 日産自動車 11 住友金属 9 全府中倶楽部 39 プリンスホテル
1985 56 日本生命 12 本田技研 10 全足利クラブ 40 日本鋼管
1986 57 日本石油 13 NTT東海 11 全足利クラブ 41 熊谷組
1987 58 ヤマハ 14 中山製鋼所 12 全足利クラブ 42 日本通運
1988 59 東芝 15 東芝 13 五大化学クラブ 43 日本石油
1989 60 プリンスホテル 16 住友金属 14 全足利クラブ 44 プリンスホテル
1990 61 ヤマハ 17 日本生命 15 静岡硬式野球倶楽部 45 熊谷組
1991 62 東芝 18 日本石油 16 天城ベースボールクラブ 46 日本石油
1992 63 日本生命 19 東芝 17 一関三星倶楽部 47 NTT東海
1993 64 日本石油 20 住友金属 18 全足利クラブ 48 日立製作所
1994 65 本田技研鈴鹿 21 日本通運 19 全伊勢崎硬建クラブ 49 日本石油
1995 66 日本石油 22 三菱自動車川崎 20 全足利クラブ 50 日本石油
1996 67 本田技研 23 住友金属 21 鹿島レインボーズ 51 東芝
1997 68 日本生命 24 三菱重工神戸 22 全足利クラブ 52 日本生命
1998 69 日産自動車 25 NTT関東 23 アムウェイレッドソックス 53 日本通運
1999 70 東芝 26 シダックス 24 WIEN'94 54 東芝
2000 71 三菱自動車川崎 27 松下電器 25 全伊勢崎硬建クラブ 55 日産自動車
2001 72 河合楽器 28 三菱重工長崎 26 大和高田クラブ 56 JR東日本
2002 73 いすゞ自動車 29 日本生命 27 大和高田クラブ 57 日産自動車
2003 74 三菱ふそう川崎 30 日産自動車 28 札幌ホーネッツ 58 東芝
2004 75 王子製紙 31 JFE西日本 29 全足利クラブ 59 東芝
2005 76 三菱ふそう川崎 32 松下電器 30 NOMOベースボールクラブ 60 JR東日本
2006 77 TDK 33 富士重工業 31 和歌山箕島球友会 61 日産自動車
2007 78 東芝 34 トヨタ自動車 32 茨城ゴールデンゴールズ 62 JR九州
2008 79 新日本石油ENEOS 35 トヨタ自動車 33 茨城ゴールデンゴールズ 63 新日本石油ENEOS
2009 80 Honda 36 JR九州 34 トータル阪神 64 新日本石油ENEOS
2010 81 東芝 37 トヨタ自動車 35 所沢グリーンベースボールクラブ 65 富士重工業
2011 82 JR東日本 -- (中止) 36 大和高田クラブ 66 JX-ENEOS
NTT西日本
2012 83 JX-ENEOS 38 JX-ENEOS 37 滋賀・高島ベースボールクラブ 67 JFE東日本
2013 84 JX-ENEOS 39 新日鐵住金かずさマジック 38 和歌山箕島球友会 68 Honda
2014 85 西濃運輸 40 トヨタ自動車 39 茨城ゴールデンゴールズ 69 JFE東日本
2015 86 日本生命 41 日本生命 40 和歌山箕島球友会 70 富士重工業
2016 87 トヨタ自動車 42 ヤマハ 41 ビッグ開発ベースボールクラブ 71 日本新薬
2017 88 NTT東日本 43 トヨタ自動車 42 和歌山箕島球友会 72 トヨタ自動車
2018 89 大阪ガス 44 三菱重工名古屋 43 大和高田クラブ 73 Honda