3000メートル障害

2009年世界陸上競技選手権大会における水濠
2007年世界陸上競技選手権大会における障害
(いずれも障害の上部に乗って踏み越すことは可能)

3000メートル障害(3000mしょうがい, 英語: 3000 metres steeplechase)は、陸上競技障害走の一種で、障害を通過しながら3000メートルを走るタイムを競う。一般的に3000mSCと表記され、「SC」とは「スティープルチェイス」(Steeplechase)の略である。

目次

概要編集

Steeple(教会の尖塔)を追う、という意味の競技名が示す通り、昔、ヨーロッパの各々の村が教会を中心としたコミュニティーだった時代、ある村の教会を出発点とし、別のある村の教会をゴールとした徒競走(もしくは馬術競走)をする際に村境を示す柵や堀を飛び越えて行ったことに由来する、ヨーロッパなどで人気の高いクロスカントリーのレースをトラック上で再現するためにつくられたと言われている(競馬障害競走を陸上競技に転用したものという説もある)。

障害物(平均台に類似した形状でハードルと同様のペイントを施したもの)が4個、障害物の着地点に水濠があるもの1個の計5個の障害がトラック上にある。障害物の高さは、男子が91.4cm、女子が76.2cmである。水濠の深さは、男女とも、一番深いところで0.7メートル。水濠の長さは、3.66メートル。競技場によっては、水濠がトラックの内側にある物と外側にある物とがある(日本では外側に設置してある競技場が圧倒的に多いが、近年国際大会で使用されるトラックが9レーンのため世界的には内側に設置している競技場が多い)。8レーントラックの外側に水濠が設置されている場合、1周の距離は421m、トラックの内側に水濠が設置されている場合は1周の距離は390mとなる。日本では1954年以降日本記録として公認している[1]

3000メートルという比較的長い距離を走るものの、約80メートルおきに跳躍しなければならないため、ある程度のスピードを維持しないと障害を越えることができない。またハードルと違い、脚を掛けても障害は倒れないため転倒事故も起こりうる非常に過酷なレースとなる。さらにジャンプ時の着地や水濠の通過等で相当な体力を奪われることになり、ペース配分を考えないと好記録はおろか完走すら出来なくなるという競技である。なお、夏季オリンピックにおいて本競技は男子は1900年パリオリンピックからの正式種目で、世界陸上でも第1回の1983年世界陸上ヘルシンキ大会からの正式種目であるが、女子は競技の過酷さから、正式種目となったのは2008年北京オリンピックからで、世界陸上でも2005年世界陸上ヘルシンキ大会からと遅いものであった。

現在、世界的に男子ではケニアを中心としたアフリカ勢のレベルが高く、ヨーロッパ勢がそれを追う形になっている。女子も男子同様にアフリカ勢が強く、ヨーロッパ勢(特にロシア)がそれを追う形になっている。この種目においてアジア(主に中東出身)の選手は男女とも8位以内入賞できれば上出来といったところのレベルであるが、しばしば上位入賞ができる力量をもっている。日本人選手は比較的に健闘しており、1972年ミュンヘンオリンピックで小山隆治が9位、2003年世界陸上パリ大会岩水嘉孝が11位、2005年世界陸上ヘルシンキ大会早狩実紀が12位と入賞こそ果たせなかったものの、過去3人が決勝進出を果たし、日本人選手の可能性を示した。

世界歴代10傑編集

男子
タイム 名前 所属 場所 日付
1 7分53秒63 サイフ・サイード・シャヒーン   カタール ブリュッセル 2004年9月3日
2 7分53秒64 ブライミン・キプロプ・キプルト   ケニア モンテカルロ 2011年7月22日
3 7分54秒31 ポール・キプシエレ・コエチ   ケニア ローマ 2012年5月31日
4 7分55秒28 ブラヒム・ブーラミ   モロッコ ブリュッセル 2001年8月24日
5 7分55秒72 バーナード・バルマサイ   ケニア ケルン 1997年8月24日
6 7分55秒76 エゼキエル・ケンボイ   ケニア モナコ 2011年7月22日
7 7分56秒16 モーゼス・キプタヌイ   ケニア ケルン 1997年8月24日
8 7分56秒81 リチャード・キプケンボイ・メートロング   ケニア ドーハ 2012年5月11日
9 7分57秒29 ルーベン・コスゲイ   ケニア ブリュッセル 2001年8月24日
10 7分58秒41 ジャイルス・キプコーヂ・ビレチ   ケニア ブリュッセル 2014年9月5日
女子
タイム 名前 所属 場所 日付
1 8分52秒78 ルース・ジェベト   バーレーン パリ 2016年8月27日
2 8分58秒78 Celliphine Chepteek Chespol   ケニア ユージーン 2017年5月26日
3 8分58秒81 グルナラ・サミトワ=ガルキナ   ロシア 北京 2008年8月17日
4 9分00秒01 ハイビン・ジェプケモイ   ケニア ユージーン 2016年5月28日
5 9分00秒70 ベアトリス・チェプコエチ   ケニア ユージーン 2017年5月26日
6 9分02秒58 エマ・コバーン   アメリカ合衆国 ロンドン 2017年8月11日
7 9分03秒77 コートニー・フレリックス   アメリカ合衆国 ロンドン 2017年8月11日
8 9分05秒36 ハビバ・グリビ   チュニジア ブリュッセル 2015年9月11日
9 9分06秒57 エカテリーナ・ヴォルコワ   ロシア 大阪 2007年8月27日
10 9分07秒06 ソフィア・アセファ   エチオピア ヘンゲロ 2017年6月11日

エリア記録編集

ジュニア世界歴代10傑編集

男子
タイム 名前 所属 場所 日付
1 7分58秒66 ステファン・チェロノ   ケニア ブリュッセル 2001年8月24日
2 8分01秒16 Conseslus Kipruto   ケニア 上海 2013年5月18日
3 8分03秒74 レイモンド・ヤーター   ケニア モナコ 2000年8月18日
4 8分05秒52 ブライミン・キプルト   ケニア ヘンゲロ 2004年5月31日
5 8分06秒96 Gilbert Kiplangat Kirui   ケニア ロンドン 2013年7月27日
6 8分07秒18 ムサ・アメル・オバイド   カタール アテネ 2004年3月24日
7 8分07秒69 ポール・コスゲイ   ケニア ストックホルム 1997年7月7日
8 8分07秒71 Hillary Kipsang Yego   ケニア 上海 2011年5月15日
9 8分09秒37 アベル・チェルイヨット   ケニア ヒュースデン=ゾルダー 2003年8月2日
10 8分11秒31 Jairus Birech Kipchoge   ケニア サン=ドニ 2011年7月8日
女子
タイム 名前 所属 場所 日付
1 9分20秒37 ビルトゥカン・アダム   エチオピア ローマ 2011年5月26日
2 9分20秒55 ルース・ジェベト   バーレーン チューリッヒ 2014年8月28日
3 9分20秒65 ティゲスト・ゲテント   エチオピア モナコ 2015年7月17日
4 9分22秒51 アルマズ・アヤナ   エチオピア ブリュッセル 2010年8月27日
5 9分24秒51 ルース・ビシボリ・ニャンガウ   ケニア 大邱 2007年10月3日
6 9分24秒73 Celliphine Chespol   ケニア 上海 2016年5月14日
7 9分25秒91 ロズリン・チェプンゲティチ   ケニア 北京 2015年8月24日
8 9分26秒25 劉念   中国 武漢 2007年11月2日
9 9分29秒52 コラフビッシュ・イター   エチオピア ウエルバ 2009年6月10日
10 9分30秒70 メリッサ・ローリンソン   オーストラリア ブリスベン 2001年9月4日

ユース世界最高記録編集

男子
タイム 名前 所属 場所 日付
8分17秒28 ジョナサン・ディク   ケニア ブィドゴシュチュ 2008年7月13日
女子
タイム 名前 所属 場所 日付
9分28秒36 ティゲスト・ゲテント   エチオピア グラスコー 2014年7月12日

アジア歴代10傑編集

男子
タイム 名前 所属 場所 日付
1 7分53秒63 サイフ・サイード・シャヒーン   カタール ブリュッセル 2004年9月3日
2 8分06秒13 タレク・ムバラク・サレム・タヘル   バーレーン アテネ 2009年7月13日
3 8分07秒18 ムサ・アメル・オバイド   カタール アテネ 2004年8月24日
4 8分08秒14 サード・シャダッド・アル・アスマリ   サウジアラビア ストックホルム 2002年7月16日
5 8分09秒62 ジョン・キベト・コエチ   カタール ドーハ 2016年5月6日
6 8分10秒46 孫日鵬   中国 上海 1997年10月19日
7 8分11秒67 ジャマル・ベラル・サレム   カタール ヘンゲロ 2005年5月29日
8 8分13秒45 ハミス・アブドゥラー・サイフェルディン   カタール ブリュッセル 2002年8月30日
9 8分15秒80 カマル・アブベイカー・アリ   カタール ウエルバ 2008年6月13日
10 8分17秒97 李長中   中国 上海 1997年10月19日
女子
タイム 名前 所属 場所 日付
1 8分52秒78 ルース・ジェベト   バーレーン パリ 2016年8月27日
2 9分19秒76 ラリタシバジ・ババル   インド リオデジャネイロ 2016年8月13日
3 9分26秒25 劉念   中国 武漢 2007年11月2日
4 9分26秒55 スダ・シン   インド 上海 2016年5月14日
5 9分28秒54 張新艶   中国 洛陽 2016年5月6日
6 9分29秒63 朱艶梅   中国 北京 2008年8月15日
7 9分32秒35 李珍珠   中国 蘇州 2007年6月10日
8 9分33秒93 早狩実紀   日本 ヒュースデン=ゾルダー 2008年7月20日
9 9分34秒75 レイス・アブドゥラエワ   アゼルバイジャン バルセロナ 2010年7月30日
10 9分40秒50 尹安娜   中国 済南 2014年7月11日

ジュニアアジア歴代10傑編集

男子
タイム 名前 所属 場所 日付
1 8分07秒18 ムサ・アメル・オバイド   カタール アテネ 2004年8月24日
2 8分16秒26 タレク・ムバラク・サレム・タヘル   バーレーン ヒュースデン=ゾルダー 2005年7月23日
3 8分16秒96 ジョン・キベト・コエチ   バーレーン ストックホルム 2013年8月22日
4 8分18秒52 ムスタファ・アハマッド・シェブト   カタール ブリュッセル 2004年9月3日
5 8分20秒29 サメル・カマル・アリ   カタール ヘルシンキ 2006年7月26日
6 8分21秒87 アリ・アハマッド・アル・アムリ   サウジアラビア アルジェ 2006年6月22日
7 8分24秒23 アベル・ヤゴート・ヤウエル・サレム   バーレーン サン=ドニ 2003年7月4日
8 8分24秒87 孫日鵬   中国 北京 1993年9月11日
9 8分25秒71 ザクリャ・アリ・カミル   カタール レーヴァークーゼン 2007年8月10日
10 8分29秒78 林向前   中国 石家荘 2006年8月6日
女子
タイム 名前 所属 場所 日付
1 9分20秒55 ルース・ジェベト   バーレーン チューリッヒ 2014年8月28日
2 9分26秒25 劉念   中国 武漢 2007年11月2日
3 9分34秒75 レイス・アブドゥラエワ   アゼルバイジャン バルセロナ 2010年7月30日
4 9分48秒33 金源   中国 ロサンゼルス 2007年6月3日
5 9分49秒55 尹安娜   中国 合肥 2011年9月10日
6 9分53秒72 高見澤安珠   日本 パリ 2015年9月13日
7 9分54秒01 菊英蘭   中国 上海 2003年9月13日
8 9分56秒68 李佳懌   中国 南昌 2011年10月20日
9 9分57秒34 王歡   中国 石家荘 2006年8月6日
10 9分58秒67 李珍珠   中国 合肥 2004年9月25日

ユースアジア最高記録編集

男子
タイム 名前 所属 場所 日付
8分32秒72 陳明   中国 天台 2002年10月27日
女子
タイム 名前 所属 場所 日付
9分57秒34 王歡   中国 石家荘 2006年8月6日

日本歴代10傑編集

日本学生歴代10傑編集

男子
タイム 名前 所属 日付
1 8分25秒8 新宅雅也 日本体育大学 1979年10月28日
2 8分26秒77 岩水嘉孝 順天堂大学 2001年6月9日
3 8分28秒67 ダニエル・ジェンガ 流通経済大学 1996年5月6日
4 8分29秒71 ビズネ・ヤエ・トゥーラ 亜細亜大学 1993年6月13日
5 8分31秒27 愛敬重之 中京大学 1983年8月9日
6 8分31秒89 塩尻和也 順天堂大学 2016年7月7日
7 8分32秒08 アジス・ドリウッチ 第一工業大学 1999年10月3日
8 8分32秒89 潰滝大記 中央学院大学 2015年6月26日
9 8分32秒97 山田和人 順天堂大学 1989年5月14日
10 8分33秒04 内富恭則 広島経済大学 1994年6月12日
女子
タイム 名前 所属 日付
1 9分44秒22 高見澤安珠 松山大学 2016年6月25日
2 9分53秒87 中村真悠子 筑波大学大学院 2014年6月8日
3 9分58秒81 瀬川帆夏 大東文化大学 2016年5月8日
4 9分58秒98 森智香子 大東文化大学 2014年5月24日
5 9分59秒17 岡田佳子 松山大学 2016年9月4日
6 9分59秒35 出水田眞紀 立教大学 2016年6月25日
7 10分00秒40 向井智香 名城大学 2016年5月1日
8 10分00秒65 藪田裕衣 京都産業大学 2016年9月4日
9 10分05秒52 清水萌衣乃 東京農業大学 2016年9月4日
10 10分05秒81 高見沢里歩 松山大学 2017年6月24日

日本人学生歴代10傑編集

男子
タイム 名前 所属 日付
1 8分25秒8 新宅雅也 日本体育大学 1979年10月28日
2 8分26秒77 岩水嘉孝 順天堂大学 2001年6月9日
3 8分31秒27 愛敬重之 中京大学 1983年8月9日
4 8分31秒89 塩尻和也 順天堂大学 2016年7月7日
5 8分32秒89 潰滝大記 中央学院大学 2015年6月26日
6 8分32秒97 山田和人 順天堂大学 1989年5月14日
7 8分33秒04 内富恭則 広島経済大学 1994年6月12日
8 8分33秒44 篠藤淳 中央学院大学 2006年7月2日
9 8分34秒51 河野匡 筑波大学 1982年9月24日
10 8分34秒94 板橋弘之 中央大学 1989年6月17日

ジュニア日本歴代10傑編集

  • 樹立年の12月31日時点で年齢が20歳未満であるジュニア選手のみが対象となる。
男子
タイム 名前 所属 日付
1 8分31秒27 愛敬重之 中京大学 1983年8月9日
2 8分41秒73 山本豪 日本大学 1992年9月20日
3 8分41秒91 池田義幸 専修大学 1992年9月18日
4 8分44秒77 櫛部静二 宇部鴻城高等学校 1989年9月16日
5 8分44秒94 菊池昌寿 亜細亜大学 2005年10月26日
6 8分45秒04 潰滝大記 中央学院大学 2012年5月19日
7 8分45秒07 荻野純人 関西大学 1992年9月13日
8 8分45秒08 町田次雄 中央学院大学 1992年9月13日
9 8分45秒17 菊池敦郎 順天堂大学 2006年6月10日
10 8分45秒66 塩尻和也 群馬県立伊勢崎清明高等学校 2014年7月27日
女子
タイム 名前 所属 日付
1 9分53秒72 高見澤安珠 松山大学 2015年9月13日
2 9分59秒17 岡田佳子 松山大学 2016年9月4日
3 10分00秒40 向井智香 名城大学 2016年5月1日
4 10分05秒52 清水萌衣乃 東京農業大学 2016年9月4日
5 10分07秒79 高柳恵 松山大学 2011年9月11日
6 10分08秒92 柴田佑希 北九州市立高等学校 2016年5月1日
7 10分13秒47 三島美咲 松山大学 2013年9月8日
8 10分19秒73 丹羽七海 白鵬女子高等学校 2012年8月26日
9 10分20秒57 佐藤美杏樹 白鵬女子高等学校 2012年8月26日
10 10分23秒12 山岡礼奈 松山大学 2011年9月11日

ユース日本最高記録編集

男子
タイム 名前 所属 日付
8分46秒86 井中将貴 米子商業高等学校 1998年10月1日
女子
タイム 名前 所属 日付
10分19秒73 丹羽七海 白鵬女子高等学校 2012年8月26日

高校歴代10傑編集

男子
タイム 名前 所属 日付
1 8分44秒77 櫛部静二 宇部鴻城高等学校 1989年9月16日
2 8分45秒66 塩尻和也 群馬県立伊勢崎清明高等学校 2014年7月27日
3 8分46秒86 井中将貴 米子商業高等学校 1998年10月1日
4 8分47秒81 高橋尚孝 松戸市立松戸高等学校 1994年11月1日
5 8分48秒4 村松明彦 報徳学園高等学校 1989年6月10日
6 8分48秒44 小島忠幸 兵庫県立西脇工業高等学校 1994年10月1日
7 8分51秒11 山本嵐 佐久長聖高等学校 2017年8月2日
8 8分52秒30 吉岡秀司 比叡山高等学校 2002年7月20日
9 8分52秒41 土橋啓太 大牟田高等学校 2001年10月16日
10 8分52秒56 篠浦辰徳 愛媛県立松山北高等学校 2000年10月17日
女子
タイム 名前 所属 日付
1 10分08秒92 柴田佑希 北九州市立高等学校 2016年5月1日
2 10分19秒73 丹羽七海 白鵬女子高等学校 2012年8月26日
3 10分20秒57 佐藤美杏樹 白鵬女子高等学校 2012年8月26日
4 10分27秒81 清水萌衣乃 神奈川県立逗子高等学校 2014年11月1日
5 10分30秒08 尾崎聡美 白鵬女子高等学校 2011年8月20日
6 10分32秒20 須貝美齢 山形県立鶴岡南高等学校 2017年8月20日
7 10分33秒32 島田美穂 山梨学院大学附属高等学校 2015年6月28日
8 10分33秒91 髙野涼夏 白鵬女子高等学校 2014年8月31日
9 10分35秒62 矢野由佳 星翔高等学校 2010年6月27日
10 10分36秒40 伊藤百合子 常盤木学園高等学校 2016年5月1日

高校学年別歴代記録編集

  • kyo2002年より日本国籍のない高校生の記録は日本高校国内国際記録とされた。
男子・高校国内国際歴代5傑
タイム 名前 所属 日付
1 8分19秒21 ダニエル・ジェンガ 仙台育英高等学校 1994年6月21日
2 8分21秒30 フィレモン・キプラガット 倉敷高等学校 2017年8月2日
3 8分36秒49 ルカ・ムセンビ 仙台育英学園高等学校 2017年8月2日
4 8分42秒27 チェボティビン・エゼキエル 福岡第一高等学校 2009年8月2日
5 8分45秒17 サイラス・ギチョビ・ジュイ 流通経済大学付属柏高等学校 2003年6月16日
男子・高校1年歴代5傑
タイム 名前 所属 日付
1 9分05秒47 大山憲明 大牟田高等学校 2011年8月7日
2 9分10秒78 三浦隆司 洛南高等学校 2017年9月15日
3 9分14秒87 高下裕次 倉敷高等学校 2000年10月21日
4 9分15秒0 村山竜也 香川県立高松工芸高等学校 1997年6月15日
9分15秒7 荻野純人 報徳学園高等学校 1989年9月30日
女子・高校1年歴代5傑
タイム 名前 所属 日付
1 11分16秒98 中野公美子 三浦学苑高等学校 2016年3月26日
2 11分17秒07 小林里沙子 兵庫県立須磨友が丘高等学校 2011年6月25日
3 11分18秒62 川上紗幸 星翔高等学校 2009年11月1日
4 11分21秒33 須貝美齢 山形県立鶴岡南高等学校 2015年8月30日
5 11分25秒05 黒石愛未 新潟県立新潟東高等学校 2008年7月24日
男子・高校2年歴代5傑
タイム 名前 所属 日付
1 8分52秒41 土橋啓太 大牟田高等学校 2001年10月16日
2 8分53秒74 網岡昌隆 広島県立広島井口高等学校 2000年10月17日
3 8分55秒06 川端千都 京都府立綾部高等学校 2012年8月2日
4 8分55秒48 村松明彦 報徳学園高等学校 1988年7月3日
5 8分55秒78 吉岡秀司 比叡山高等学校 2001年10月16日
女子・高校2年歴代5傑
タイム 名前 所属 日付
1 10分19秒73 丹羽七海 白鵬女子高等学校 2012年8月26日
2 10分34秒85 清水萌衣乃 神奈川県立逗子高等学校 2013年8月25日
3 10分37秒46 佐藤美杏樹 白鵬女子高等学校 2011年8月20日
4 10分39秒67 瀬畠愛美 夙川学院高校 2006年10月22日
5 10分42秒14 金平裕希 北九州市立高等学校 2012年5月3日
男子・高校3年歴代5傑
タイム 名前 所属 日付
1 8分44秒77 櫛部静二 宇部鴻城高等学校 1989年9月16日
2 8分45秒66 塩尻和也 群馬県立伊勢崎清明高等学校 2014年7月27日
3 8分46秒86 井中将貴 米子商業高等学校 1998年10月1日
4 8分47秒81 高橋尚孝 松戸市立松戸高等学校 1994年11月1日
5 8分48秒4 村松明彦 報徳学園高等学校 1989年6月10日
女子・高校3年歴代5傑
タイム 名前 所属 日付
1 10分08秒92 柴田佑希 北九州市立高等学校 2016年5月1日
2 10分20秒57 佐藤美杏樹 白鵬女子高等学校 2012年8月26日
3 10分27秒81 清水萌衣乃 神奈川県立逗子高等学校 2014年11月1日
4 10分30秒08 尾崎聡美 白鵬女子高等学校 2011年8月20日
5 10分32秒20 須貝美齢 山形県立鶴岡南高等学校 2017年8月20日

脚注編集

  1. ^ 陸上競技マガジン1999年記録集計号321p

関連項目編集

外部リンク編集