メインメニューを開く

36℃」(サンジュウロクド)は、日本音楽デュオWaTのメジャー8作目(通算9作目)のシングル

36℃
WaTシングル
初出アルバム『卒業BEST
B面 青春の輝き
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
ポップ
時間
レーベル A&M RECORDS
作詞・作曲 WaT
プロデュース 小松清人
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン
  • 2008年11月度月間13位(オリコン)
WaT シングル 年表
時を越えて〜Fantastic World〜
(2008年)
36℃
(2008年)
君が僕にKissをした
2010年
テンプレートを表示

概要編集

「36℃」は失恋をテーマに共同で制作した楽曲であり、小池曰く歌詞のほとんどはウエンツ作詞によるものである。(釣りのエピソード等、小池が書いたものと思われる歌詞も所々にある。)カップリングの「青春の輝き」は、NHK衛星第2放送「にっぽん熱中クラブ」のテーマソングである。初めは「青春の輝き」をA面にする案もあったが、秋発売ということで寂しさのある「36℃」をA面にすることを決めた。「36℃」のPV撮影は、軽井沢で行われた。

初回限定盤は、携帯クリーナー付トレカ封入のもの(以下、初回限定盤A)と、ボーナストラック「潮騒の午後」収録のもの(以下、初回限定盤B)の二種類がある。二種類の初回限定盤と通常盤のいずれのCDにも、大阪と東京で11月に開催されるWaTの発売記念握手会の握手会参加券が封入されている。

「青春の輝き」は2008年5月8日より、「36℃」および「潮騒の午後」は2008年10月15日より着うたが先行配信されている。

「36℃」は第59回NHK紅白歌合戦(2008年)演奏曲である。曲紹介の際は、「36」が3の倍数であることから、ジャリズム世界のナベアツが曲紹介を担当した。

収録曲編集

通常盤編集

  1. 36℃
  2. 青春の輝き
  3. 36℃(Instrumental)
  4. 青春の輝き(Instrumental)

初回限定盤A編集

  1. 36℃
  2. 青春の輝き
  3. 36℃(Instrumental)
  4. 青春の輝き(Instrumental)

初回限定盤B編集

  1. 36℃
  2. 青春の輝き
  3. 36℃(Instrumental)
  4. 青春の輝き(Instrumental)
  5. 潮騒の午後(Bonus Track)

参加ミュージシャン編集

タイアップ編集

収録アルバム編集

外部リンク編集