メインメニューを開く

386世代386세대386 Generation[2])は、韓国における特定の世代を指す用語。広義的には1990年代に30代(3)で、1980年代(8)に大学生1987年民主化宣言まで民主化学生運動に参加していた者が他世代よりも多い1960年代(6)の生まれを指している[3][4]。そのため486世代486세대[5]、사팔육세대、サパルュク セデ[1])から更に2010年代後半以降には大半が50代となったため、'''586世代'''と呼ばれている[6][7]

3(4)86世代
各種表記
ハングル 3(4)86세대 / 삼(사)팔육세대
漢字 3(4)86世代 / 三(四)八六世代
発音(サ)パリュ セデ[1]
(サ(サ)パ セデ)
日本語読み: さん(よん)はちろくせだい
2000年式
MR式
英語
Sam(Sa)palyuk sedae
Sam(Sa)p'alyuk setae
3(4)86 Generation
テンプレートを表示

目次

概要編集

名称の由来は冒頭文章で取り上げた理由以外に、1980年代後半に発売されていたインテルi386プロセッサ搭載PCを「386コンピュータ」等と呼んだことにちなんでつけられたとする説もある(当時はi486プロセッサが登場しており386はすでに旧式であった)。

386世代は左派の比率が他世代よりも高い。韓国では右派も民族主義だが、李承晩のアメリカ選択や朴正煕、全斗煥時代の経済成長を評価している。韓国の右派は日本を嫌うが、北朝鮮との比較では北朝鮮を嫌う。 韓国の左派は韓国、特に右派政権時の韓国を「失敗した国家」「人権弾圧国家」とするが、北朝鮮には融和的・擁護するほど民族主義が強い。民主化以前の時代の韓国を嫌い、北による韓国併合を邪魔した米国を憎むことから北朝鮮を支持するものが特に続出した世代である。1989年の「平壌世界青年学生祝典」に全国大学生代表者協議会代表として参加し、「米国の奴ら、覚悟しろ」と叫んだり、金日成主席と抱擁して感動した林秀卿などが有名である。第一野党民主党の議員になった林は脱北者を「概念もなく来たなら黙って生きろ。そうでなければケガするぞ」と罵倒し、1991年に 韓国大学生代表者協議会で活動して2年の刑を宣告されたが転向して、北朝鮮人権運動をしている元学生運動家で右派政党所属のハ・テギョン議員に対して、「犬野郎、変節者」「私の手で殺してやる」と罵倒した。韓国では「革新の仮面をかぶって隠してきた従北根性が表れた」「従北主体思想派はすでに民主党に根を下ろした」と指摘された。2007年1月3日にハンギョレ新聞が1961年から1971年の間に生まれた人達に対して2006年12月に行った世論調査でも「韓国社会を正しい方向に導いていく政治勢力」として進歩政党を挙げた人が44%弱である。積極的に民主化運動に係わってきた人が多く、国家保安法違反での服役経歴を「民主化運動の闘士」として売り物にする者も多い[4][8][9][10]

元々、彼等が学生時代を過ごした時期は1980年光州事件を起点とした民主化運動の流れに入った時期と合致する。1987年6月29日に当時の大統領候補だった盧泰愚民主化宣言(六・二九民主化宣言)も直前に学生達が中心となって発生した6月民衆抗争が宣言発効の契機となった。

2002年12月の大統領選挙で勝利し第16代大統領になった盧武鉉の支持基盤は、386世代が中心となった。彼等の世代が中心となって結成された盧武鉉の勝手連的ファンクラブ「ノサモ」が盧武鉉への投票を市民に呼びかけたのが、選挙の結果を大きく左右される結果となった。ソウル大学出身のエリート李会昌が50〜60代の保守的世代の支持を得ていた事とは対照的な結果となった。盧武鉉は「反米がいけないのか」と言って、386世代の支持を受けて大統領になった[11]。反米感情が強い世代であり、2002年に起こった米軍装甲車が女子中学生を轢いた事件を機に起こったローソク・デモの中心的役割を果たしている。親米路線を辿る盧武鉉の支持率が急落したのも背景はここにある。他にも米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備反対集会や旅客船「セウォル号」関連の集会、済州海軍基地建設反対集会、狂牛病(牛海綿状脳症、BSE)キャンドル集会など反米や反韓国右派活動への参加者が多い[8]

代表的な人物は、2000年総選挙で、金大中与党新千年民主党から立候補し、当選した任鍾哲(イム・ジョンソク)。ソウルオリンピック直前の100万人デモを韓国全学連委員長として牽引した。任鍾哲はムン・ジェイン政権にて大統領秘書室長に任命された。しかし、本来政府高官や公務員の不正を監視する特別監察班を民間人まで監視させていた疑惑が浮上して、予定より早期に退任させられた[12]

一方、年輩の政治家たちも、386世代を名乗ることがある。1930年代生まれで、1980年代に国会議員に当選し、60代のことだと言う。

評価編集

386世代で盧武鉉政権の主要閣僚になった者も多数いるが、時代錯誤、無見識、無策、優柔不断との批判もある。2006年10月には「一心会事件」が摘発され、この世代の元活動家で民主労働党の幹部に北朝鮮のスパイとの容疑がかけられ逮捕されたことで、この世代の「親北」傾向が取りざたされるようになった。 民主化運動の手法についても、70年代の学生デモとは違い火焔瓶を使用するなど過激さを増しており、1986年4月には当時の民主化運動における有力指導者であった金大中が過激な学生デモを非難する発言をするなど、同じ民主化運動陣営からの批判もなされた[13]

親北朝鮮反米の傾向にあったが、彼らが40代に入った2004年の世論調査では、左派与党ウリ党よりも右派野党ハンナラ党の支持者の方が上回るなど保守化の傾向があった[14]。特に北朝鮮の核実験以降は太陽政策が裏切られたとの意識から北朝鮮への脅威の意識が著しく強まった[15]。 しかし、2012年の大統領選では、386世代に当たる40代の有権者の投票先は左派の文在寅が右派の朴槿恵を上回り、2017年の大統領選では40代・50代の投票先は文在寅が1位となった。 学生時代に漢江の奇跡など韓国経済を発展させた軍事政権にデモ・批判をしておきながら韓国社会でと年功序列を最後に享受した世代になったのに民主化以前の韓国嫌悪的なことに批判が多く[16]金大中盧武鉉など左派政権誕生の票田になった[17]。朝鮮戦争など同胞を最も殺傷した北朝鮮や中国には寛大・融和的で民族最優先主義・事大主義であり、北朝鮮よりも日本を憎む革新層が多い世代。2019年には「現在50歳代で、60年代に生まれ、80年代に民主化運動に参加した元学生活動家」として586世代と呼ばれている[18][15]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b …発音は…母音との後では」(油谷幸利ほか編 『朝鮮語辞典』 小学館、1993年、1401頁)
  2. ^ OUT WITH THE OLD Newsweek August 3, 2003 (英語)
  3. ^ http://www.worldtimes.co.jp/world/korea/46364.html
  4. ^ a b (朝鮮日報日本語版) 「文政権の対日外交軽視は運動圏出身者スタッフの影響」記事への韓国読者コメント(朝鮮日報日本語版)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2019年1月12日閲覧。
  5. ^ 486세대 '학부모 투사'로 대학가 귀환”. 中央日報 (2011年5月11日). 2011年5月30日閲覧。
  6. ^ http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/.../pdf/200702_nakagawa.pdf[リンク切れ]
  7. ^ 韓国・文政権の「586」世代、対日外交を軽視(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年8月8日閲覧。
  8. ^ a b 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版. “【コラム】韓国市民団体の二重基準” (日本語). www.chosunonline.com. 2019年1月12日閲覧。
  9. ^ 脱北者に暴言の韓国野党女性議員、かつては北朝鮮青年の“アイドル” | Joongang Ilbo | 中央日報” (日本語). japanese.joins.com. 2019年1月12日閲覧。
  10. ^ 韓国国会議員が脱北大学生を罵倒し波紋拡散 | Joongang Ilbo | 中央日報” (日本語). japanese.joins.com. 2019年1月12日閲覧。
  11. ^ 【時視各角】文大統領、韓日米FTAで反撃を | Joongang Ilbo | 中央日報” (日本語). japanese.joins.com. 2019年1月12日閲覧。
  12. ^ 韓国文政権、経済運営なお強気” (日本語). 日本経済新聞 (2019年1月10日). 2019年1月12日閲覧。
  13. ^ これに反発した一部の学生は5月3日、改憲推進署名運動仁川・京畿支部結成大会が予定されていた会場前で大規模デモを行い、警官隊と衝突して支部結成大会を中止に追い込んだ(5・3仁川事態)。
  14. ^ <世論調査>「2035」世代「我々は386とは違う」
  15. ^ a b チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版. “日経「文政権の対日外交軽視は運動圏出身者スタッフの影響」” (日本語). www.chosunonline.com. 2019年1月12日閲覧。
  16. ^ http://mottokorea.com/mottoKoreaW/mQnA_list.do?bbsBasketType=R&seq=12568
  17. ^ http://japanese.joins.com/article/194/195194.html
  18. ^ 韓国・文政権の「586」世代、対日外交を軽視(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年1月12日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集