メインメニューを開く

メキノール(Mequinol)または4-メトキシフェノール(4-Methoxyphenol)は、皮膚科学[1]有機化学[2]で用いられるフェノールである。

メキノール
4-Methoxyphenol.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
MedlinePlus a682437
法的規制
  • CA: Unscheduled
  • US: Rx-only, Unscheduled
  • Unscheduled
投与方法 Topical
識別
CAS番号
150-76-5 チェック
ATCコード D11AX06 (WHO)
PubChem CID: 9015
ChemSpider 8665 チェック
UNII 6HT8U7K3AM チェック
KEGG D04926  チェック
ChEMBL CHEMBL544 チェック
日化辞番号 J2.031A
別名 4-Hydroxyanisole; para-Guaiacol
化学的データ
化学式 C7H8O2
分子量 124.13722 g/mol
物理的データ
密度 1.55 g/cm3
融点 52.5 °C (126.5 °F)
沸点 243 °C (469 °F)

目次

利用編集

皮膚科学編集

メキノールは、しばしばトレチノイン等と混合され、皮膚の色素脱失に対する局所薬有効成分として用いられる。この薬剤の一般的な剤形は、質量比で2%メキノール、0.01%トレチノインのエタノール溶液である[1]肝斑等の治療に効果があると言われる。

より少量のメキノールをQスイッチレーザーと組み合わせて、播腫性突発性尋常性白斑の患者の色素脱失の治療に用いられる[3]

有機化学編集

有機化学においては、アクリル酸スチレン等のモノマーラジカル重合防止に用いられる[2]

合成編集

メキノールは、1,4-ベンゾキノンメタノールからフリーラジカル反応により形成される[4][5]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b Full Prescribing Information”. US Food and Drug Admistration. 2015年1月2日閲覧。
  2. ^ a b Hudnall, Phillip M. (2000). “Hydroquinone”. Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry. doi:10.1002/14356007.a13_499. 
  3. ^ Komen, L.; Zwertbroek, L.; Burger, S.J.; van der Veen, J.P.W.; de Rie, M.A.; Wolkerstorfer, A. (2013). “Q-switched laser depigmentation in vitiligo, most effective in active disease”. British Journal of Dermatology 169 (6): 1246-1251. doi:10.1111/bjd.12571. 
  4. ^ Cristian, Gambarotti; Lucio, Melone; Carlo, Punta; Suresh Udhavrao, Shisodia (2013). “Selective Monoetherification of 1,4-Hydroquinone Promoted by NaNO2. Current Organic Chemistry 17 (10): 1108-1113. http://www.ingentaconnect.com/content/ben/coc/2013/00000017/00000010/art00011. 
  5. ^ Process for the preparation of mono-ethers of hydroquinones US4933504A”. Google Patents. Enichem Synthesis S.P.A.. 2015年1月2日閲覧。