40男のバージンロード

40男のバージンロード』(よんじゅうおとこのバージンロード、I Love You, Man)は、2009年アメリカ合衆国コメディ映画。監督はジョン・ハンバーグ英語版、出演はポール・ラッドジェイソン・シーゲルなど。いわゆる「ブロマンス」を真正面から描いた作品である[3]

40男のバージンロード
I Love You, Man
監督 ジョン・ハンバーグ英語版
脚本 ジョン・ハンバーグ
ラリー・レヴィン
製作 ドナルド・デ・ライン英語版
ジョン・ハンバーグ
製作総指揮 ビル・ジョンソン
アンドリュー・ハース
アイヴァン・ライトマン
トーマス・P・ポロック
ジェフリー・クリフォード
出演者 ポール・ラッド
ジェイソン・シーゲル
ラシダ・ジョーンズ
音楽 セオドア・シャピロ
撮影 ローレンス・シャー
編集 ウィリアム・ケアー
製作会社 デ・ライン・ピクチャーズ
バーナード・ゲイル・プロダクションズ
モンテシート・ピクチャー・カンパニー英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ドリームワークス
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年3月20日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $71,440,011[2]
世界の旗 $91,980,359[2]
テンプレートを表示

日本では劇場未公開だが、DVD2009年10月9日に発売された[4]

ストーリー編集

不動産会社に勤めるピーター(ポール・ラッド)は恋人ゾーイ(ラシダ・ジョーンズ)との結婚が決まって有頂天。しかし、結婚式の花婿介添人 (best man)を務めてくれる同性の友人が1人もいないことに気付く。更にゾーイの友人たちが「同性の友だちがいない男は“濡れ落ち葉”になる」と話しているのを聞いたピーターは一念発起、本気で同性の友だちを探すことにする。 早速、ゲイの弟ロビー(アンディ・サムバーグ)や母親らに相談するものの、紹介された男とは話が全く合わなかったり、相手の男にゲイと思われたりとなかなかうまく行かない。そんなある日、仕事の現場でたまたま知り合ったシドニー(ジェイソン・シーゲル)と何故か意気投合。日に日にシドニーと親しくなるピーターだが、逆にゾーイとの関係がぎくしゃくし始める。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ピーター ポール・ラッド 川島得愛
ゾーイ ラシダ・ジョーンズ 小林沙苗
シドニー ジェイソン・シーゲル 白熊寛嗣
ヘイリー サラ・バーンズ英語版 本美奈子
デニース ジェイミー・プレスリー 斎藤恵理
ロビー アンディ・サムバーグ 青木誠
バリー ジョン・ファヴロー 川津泰彦
ジョイス ジェーン・カーティン 佐藤しのぶ
オズワルド J・K・シモンズ 立川三貴
ダグ トーマス・レノン 高木渉
ギル マーサー・ジッケル英語版 山野井仁
テヴィン ロブ・ヒューベル英語版 三上哲
本人役 ルー・フェリグノ 山野井仁
その他 小川剛生
高桑満
茶花健太
相原崇明
溝邊祐子
堂坂晃三
篠原千佳
小橋知子

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「『40男のバージンロード』はポール・ラッドとジェイソン・シーゲルの心のこもった抱腹絶倒の演技によって、そのシンプルな基本設定を最大限に活かしている。」であり、209件の評論のうち高評価は83%にあたる173件で、平均点は10点満点中6.90点となっている[5]Metacriticによれば、34件の評論のうち、高評価は27件、賛否混在は7件、低評価はなく、平均点は100点満点中70点となっている[6]

出典編集

  1. ^ I Love You, Man (2009)” (英語). IMDb. 2020年4月21日閲覧。
  2. ^ a b I Love You, Man” (英語). Box Office Mojo. 2020年4月21日閲覧。
  3. ^ 瀧川かおり (2018年1月20日). “「ブロマンス」って知ってる?BLとは違う、男同士の愛の形とは【シャーロック・ホームズなど】”. ciatr. https://ciatr.jp/topics/308913 2020年4月21日閲覧。 
  4. ^ 40男のバージンロード スペシャル・エディション”. Amazon.co.jp. 2020年4月21日閲覧。
  5. ^ I Love You, Man (2009)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年1月27日閲覧。
  6. ^ I Love You, Man Reviews” (英語). Metacritic. 2020年4月21日閲覧。

外部リンク編集