5五将棋(ごごしょうぎ、Minishogi)とは、将棋のルールを変更したゲームであり、二人で行うボードゲーム(盤上遊戯)の一種。

1970年に楠本茂信が発表した、ごく新しい将棋である。

2010年に発売された「ウルトラマンしょうぎ」(宝島社[1][2]は、この5五将棋を製品化したものである。引き続き、2012年に「ゲゲゲの鬼太郎しょうぎ」、2014年に「仮面ライダーしょうぎ」[3]が製品化されている(いずれも日本5五将棋連盟考案。ウルトラマンしょうぎは日本女子プロ将棋協会監修)。いずれもルールは5五将棋である。

複数のコンピュータソフトによる自己対戦により、先手・後手が共に最善手を指した場合、後手必勝となると予想されている[4]

ルール編集

盤面が縦横5マスで、最終1列のみが敵陣である事を除き駒の動き等は将棋と同じ。他に「千日手は後手勝ち」というルールが採用されることもある。

初期配置図編集

 

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ ウルトラマンしょうぎコーナー”. みんなハッピー!LPSA将棋パーク (2012年5月27日). 2017年2月6日閲覧。
  2. ^ ウルトラマンしょうぎ”. 日本5五将棋連盟 (2012年5月27日). 2017年2月6日閲覧。
  3. ^ 仮面ライダーしょうぎ BOOK”. 宝島社 (2014年10月 7日). 2017年2月6日閲覧。
  4. ^ 塩田雅弘, 伊藤毅志「5五将棋における自動対戦を用いた評価関数の学習」『研究報告ゲーム情報学(GI)』2020-GI-44第3号、2020年6月20日、 1-6頁、 ISSN 2188-87362020年12月28日閲覧。

外部リンク編集