メインメニューを開く
将棋 > 将棋の戦法 > 居飛車 > 5筋位取り

5筋位取り(ごすじくらいどり)とは、将棋における戦法の一つである。現在では単に「5筋位取り」という時には以下に記すように、居飛車振り飛車対抗策の一つとして5筋に位を取る戦法のことを指す。まれに中央位取り(ちゅうおうくらいどり)とも呼ばれる。 中飛車、特にゴキゲン中飛車の変化で振り飛車側が5筋の位を取ることを5筋位取り中飛車と称することもある。

概要編集

天王山」ともいわれる5五の位を取り、敵陣を圧迫していく対振り飛車戦法の一つ。昭和後期には代表的な対振り飛車対策の一つであった。特に持久戦型を大山康晴が愛用していたことでも名高い[1]。しかし、振り飛車側の対策の進歩もあり、現在のプロ棋戦での採用率はかなり下がっている。 トッププロの一人藤井猛が、「有力な戦法であり、更に研究すれば勝率五割を越えることも可能」と分析しているように、戦法自体は優秀なのだが、定跡の研究が余り進んでいないことも余り指されない要因の一つであろう。

5六に右銀を展開するタイプと左銀を展開するタイプに大別される。

左銀型編集

左銀型は急戦策で、▲5七銀左型の急戦からこの形になる。引き角から▲4五歩と仕掛けていくのが攻め筋の一つである。

右銀型編集

右銀型にも準急戦策があるが、持久戦になることが多い。4筋からの開戦や、6筋の歩交換などが狙いとなる。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 田丸昇「振り飛車破りユニーク戦法」(創元社)による。尚、田丸は現在でも5筋位取りを用いる数少ない棋士の一人。