メインメニューを開く

50年のモヤモヤ映像大放出! この手の番組初めてやりますSP

50年のモヤモヤ映像大放出! この手の番組初めてやりますSP』(ごじゅうねんのもやもやえいぞうだいほうしゅつ! このてのばんぐみはじめてやりますスペシャル)は、2014年3月2日の18:30 - 22:00(JST)に、テレビ東京系列テレビ和歌山にて放送されたバラエティ番組である。正式タイトルは『テレビ東京開局50周年記念番組 50年のモヤモヤ映像大放出! この手の番組初めてやりますSP』(てれびとうきょうかいきょくごじっしゅうねんきねんばんぐみ - )。テレビ東京開局50周年記念番組として放送された。通称『モヤモヤ映像大放出!』。

テレビ東京開局50周年記念番組
50年のモヤモヤ映像大放出!
この手の番組初めてやりますSP
TV Tokyo Tennozu Studio 2009-06.jpg
ジャンル バラエティ番組 / 特別番組
構成 伊藤正宏
そーたに
北本かつら
ディレクター スタッフ参照
演出 株木亘
柴幸伸
司会者 さまぁ〜ず
出演者 ビートたけし
笑福亭鶴瓶
所ジョージ
田原総一朗
テリー伊藤
山田五郎
蛭子能収
井森美幸
児嶋一哉
平愛梨
小島瑠璃子
あのねのね
布川敏和
キューティー★マミー
狩野恵里
SMAP
ほか
ナレーター 槇大輔
松丸友紀(テレビ東京アナウンサー)
ショウ君(HOYAサービス)
アナウンサー 大橋未歩(テレビ東京アナウンサー)
チーフ・
プロデューサー
只野研治
プロデューサー スタッフ参照
制作 テレビ東京
放送
映像形式 文字多重放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2014年3月2日
放送時間 日曜日 18:30 - 22:00
放送分 210分
回数 1回
公式サイト
番組年表
関連番組 テレビ東京52年分の映像大放出!モヤモヤ映像廃棄センター〜こんなVTR新社屋に持って行けません〜

特記事項:
番組名の由来及びベース番組は『モヤモヤさまぁ〜ず2』。
テンプレートを表示

目次

概要編集

本番組は、同局で毎週日曜18:30 - 19:54放送中の『モヤモヤさまぁ〜ず2』をベースにした開局50周年記念番組である。テレビ東京のアーカイブスに残っている過去の番組のVTRを取り上げ、そこから「テレ東っぽさ」を探りあてていく。また、番組の形式上では『モヤさま』とのコンプレックス構成で放送され、本編は18:51頃から放送された。

『モヤさま』パートでは、天王洲周辺でのロケを行っていたさまぁ〜ずに、番組プロデューサーの伊藤隆行から「さまぁ〜ずがMCのテレビ東京の開局記念特番を今日収録する」ことを伝えられるところから始まる[1]。突然の指令に戸惑うさまぁ〜ずだったが、そのまま収録場所のテレビ東京天王洲スタジオへ向かい、「テレビ東京とはどんなテレビ局なのか」を知るべくロビーでテレビ東京の歴史を簡単にまとめたVTRを観賞。そして、スタジオに入ってタイトルコールをしてから本編がスタートした。

また、番組内では1975年に「独占!男の時間」で局部を露出してテレビ東京を出入り禁止になっていた笑福亭鶴瓶について取り上げ、当時の関係者の証言を元にした再現VTRを放送、その後鶴瓶本人がスタジオに登場して事件の顛末についてトークした。これにより、鶴瓶はテレビ東京への出入り禁止を解除され、同局のゴールデンタイムに初出演を果たした。

なお、本番組で紹介された番組の一部は同年4月12日に同局で放送されたドキュメンタリー系番組『テレビ東京"50人の証言"』でも放送された。

2016年2月21日には、同年秋の新社屋移転を前にして、ほぼ同じ時間帯(18:30 - 21:48)で『テレビ東京52年分の映像大放出!モヤモヤ映像廃棄センター〜こんなVTR新社屋に持って行けません〜』として2年ぶり2回目の登場。司会は引き続き、さまぁ〜ずが担当[2]

出演者編集

※ゲスト紹介の際に記された番組名・テレ東歴も表記。

MC編集

アシスタント編集

スタジオパネラー編集

特別ゲスト編集

VTR出演編集

その他編集

ナレーター編集

取り上げた番組編集

  1. テレビ東京50年の歴史を振り返る[3]
  2. 素人にたよりすぎる[4]
  3. 狭い分野を掘り下げすぎる
  4. とんがった企画をやりすぎる

笑福亭鶴瓶テレビ東京出入り禁止の真相

音楽番組「ヤンヤン」の歴史

SMAPとテレビ東京

テレビ東京の名物アニメ

大物芸能人の貴重映像

  • いかりや長介 野生のアフリカ大冒険
  • キャディ 青木功/小田和正
  • 金曜スペシャル 決定版これが高倉健だ

田原総一朗 テレ東社員時代に作り出した問題番組

など

主なスタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ しかし、スタッフの数がいつもより多かったことや、普段は私服姿の伊藤プロデューサーがスーツを着用していたことから、さまぁ〜ずは最初から違和感を感じていたという。
  2. ^ TVステーション」(ダイヤモンド社)関東版2016年4号 60頁
  3. ^ この部分は『モヤモヤさまぁ〜ず2短縮版』として放送。
  4. ^ ここから『モヤモヤ映像大放出!』として放送。
  5. ^ 映像が現存していないため、写真のみ紹介された。

関連文献編集

  • TV Bros. 2014年3月1日号 特集「テレ東の独特すぎる50年」

関連番組編集

関連項目編集

外部リンク編集