第五二一海軍航空隊

521空から転送)

第五二一海軍航空隊(だい521かいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。絶対国防圏防衛の主力爆撃機隊として、太平洋戦争終盤にマリアナ・パラオ戦線で哨戒・攻撃行動に従事した。通称は「鵬部隊」。

大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
海軍艦政本部
海軍航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
駐満海軍部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

沿革編集

基地航空隊として整備完成を急いでいた第一航空艦隊の一翼を担う爆撃機隊の一つとして整備され、豊橋飛行場で編制された。絶対国防圏の策定に合わせ、一航艦のマリアナ諸島前進命令に従いマリアナ入りする。以後、マリアナ諸島・パラオ諸島での機動部隊迎撃に投入された。特に、遠距離哨戒中に撃墜される機体が続出した陸上攻撃機部隊にとっては、主力の一式陸上攻撃機より優速の新型陸上爆撃機銀河を擁する五二一空の前線投入が渇望されていた。

8月20日 千歳飛行場を原隊とし、豊橋飛行場で開隊。定数:彗星24・銀河4

          第一航空艦隊直率。豊橋で練成に従事。

2月1日 第六十一航空戦隊を一航艦に新設、編入。

          彗星隊を解散し、銀河隊に変換(定数96。充足率ははるかに低い)

4月18日 先発隊12機、グアム島第二飛行場に進出。
5月17日 ヤップ島に先遣隊を派遣。

          以後、本隊に20機の増強。

6月9日 第一二一海軍航空隊によりメジュロ環礁の敵機動部隊の出撃を確認。全力で捜索開始。
6月11日 マリアナ諸島に敵機動部隊襲来。待機中の全機体を喪失。
6月14日 本隊の稼動機4機をヤップに退避。
6月15日 ヤップより10機で敵機動部隊を攻撃、戦果なし・7機喪失。
6月16日 ヤップ隊1機で敵機動部隊を攻撃、戦果なく帰還。
6月17日 ヤップ隊の残存機2機で全力出撃、1機喪失・1機破損。ヤップ隊払底。
6月19日 修理完了したグアム本隊の1機で敵機動部隊を攻撃、戦果なく帰還。
6月26日 グアム本隊最後の出撃。
7月10日 解隊。

6月11日の第一撃で壊滅状態となったまま、回復の機会なく1ヶ月で解隊に追い込まれた。残存要員は乙飛行隊のマリアナ海軍航空隊に転換され、亀井司令はマリアナ空司令に横滑りした。7月21日にはグアムの地上戦が始まり、機体を失った隊員は地上戦に赴き、亀井司令以下総員が8月10日に玉砕した。練成途上で豊橋に残った要員は、以後開隊された銀河隊の要員に転換され、フィリピン硫黄島沖縄戦線に投入された。

主力機種編集

  • 銀河…中盤以後の主力。
  • 彗星…開隊当初の主力機種。

歴代司令編集

関連項目編集

参考文献編集

  • 『日本海軍編制事典』 芙蓉書房出版、2003年。
  • 『航空隊戦史』 新人物往来社、2001年。
  • 『日本海軍航空史2』 時事通信社、1969年。
  • 防衛研修所戦史室 『海軍航空概史』 朝雲新聞社〈戦史叢書〉、1976年。
  • 同上『マリアナ沖海戦』 同上、1968年。
  • 『連合艦隊海空戦戦闘詳報別巻1』 アテネ書房、1996年。