メインメニューを開く

6大グループ(ろくだいグループ)とは、ある業界における6つの大きなグループ(企業)のこと。

日本経済界編集

かつて、日本経済を牽引した

のことを、「旧6大企業グループ旧6大銀行グループ)」という。「6大企業グループ(6大銀行グループ)」や「6大企業集団(6大銀行集団)」ともいう。

事実上、2000年代にメガバンク再編などで消滅した。現在も活動しているグループも、各企業の独立性が高まり、グループとしての活動は停滞している[1]

自動車業界編集

1990年代自動車業界の国際的な再編により誕生した、かつて世界の自動車市場の大勢を占めた

のこと(現在の販売台数・売上高順とは異なる)を、自動車業界の「6大グループ」と呼んだ。それ以前には世界規模の売上高、生産台数では米3大自動車メーカー(ビッグスリー)の優位が続いたが、トヨタなど日本企業の台頭やビッグスリーの凋落、さらに世界の自動車業界全体の再編によりその構造が崩れたため、ビッグスリーと併用して多く用いられるようになった。

かつて、フィアットの社長であったジャンニ・アニェッリが「5つから7つの大企業が世界の自動車界を支配するだろう」という主旨のことを言明していたが、1990年代の終わりから自動車企業の離合集散が活発化し、この指摘は的中した。

しかしその後は現状を示さない語となったことから、現在は使用されなくなった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 但し、三井・住友・三和・芙蓉の4陣営は独自の展開を進めており、特に三井は設立に参画している放送関連事業(TBSHD)や、設立母体が三井の傍系だったことを主な理由としてイメージング系複合化学事業(富士フイルムHD)を主力メンバーに取り込むなど独自の進化を遂げつつある。