メインメニューを開く

6ix9ine(シックスナイン、本名:ダニエル・ヘルナンデス: Daniel Hernandez1996年5月8日 - )はアメリカ合衆国のラッパーである。2017年11月10日にリリースしたデビューシングル、『Gummo英語版』がヒットしたことによって有名になった。

6ix9ine
6ix9ine June 2018 side (cropped).jpg
6ix9ine(2018年)
基本情報
出生名 ダニエル・ヘルナンデス
別名 Tekashi 69
生誕 (1996-05-08) 1996年5月8日(23歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨークブルックリンブッシュウィック英語版
ジャンル ヒップホップサウンドクラウド・ラップ英語版[1][2]
職業 ラッパー
レーベル ScumGang、Elliot Grainge Entertainment、Caroline英語版ユニバーサル ミュージック グループ
共同作業者 トリッピー・レッド英語版ア・ブギー・ウィット・ダ・フーディ英語版フェティ・ワップ英語版スウィズ・ビーツ

目次

来歴編集

アメリカ合衆国ニューヨークブルックリンブッシュウィック英語版地区で誕生、母親はメキシコ系アメリカ人、父親はプエルトリコ系アメリカ人であった[3]。8年生(訳注:日本における中学2年生)のときに学校を退学となり、そのまま復学しなかった[4]2009年に父親が殺害され、ヘルナンデスは家計を支えるため大麻の密売を含む様々な仕事をしなければならなかった[4]

ヘルナンデスは2014年にはじめてラップの音源をリリースした。この3年間のうちにヘルナンデスは6ix9ineの名義で『Scumlife』、『Yokai』、『Hellsing Station』をはじめとする複数のトラックとミュージックビデオをリリースしており、攻撃的なラップスタイルとMV中に使用されたアニメ風のビジュアルによって注目を浴びた。彼の初期の楽曲の多くはスロバキアに拠点を置くレーベルであるFCK THEMよりリリースされたものである[5]。2017年4月、6ix9ineはトリッピー・レッド英語版の楽曲である『POLES1469』にフィーチャリングした。YouTubeに投稿されたこの楽曲のMVは、6ix9ineが参加した楽曲としてははじめて高い視聴回数を記録した[5]

レインボーカラーに染めた髪とグリルでカラフルに彩った歯、体全身に入れ墨された数字の"69"という6ix9ineの常軌を逸した見た目はインターネット・ミームとして注目を浴びた。6ix9ineが2017年6月に投稿したInstagramのポストはRedditTwitterの2つのメディアで拡散された[6]

2017年10月にリリースした商業デビュー・シングルである、『Gummo』は米Billboard Hot 100で最高12位を記録し[7][8]、2018年の5月にはアメリカレコード協会によりゴールドディスクの認定を受けた[9]。6IX9INEの2つ目のシングル『Kooda英語版』は2017年12月23日に「HOT100」の61位を獲得[10]ア・ブギー・ウィット・ダ・フーディ英語版フェティ・ワップ英語版をフィーチャリングした3つ目のシングルである『Keke英語版』は2018年1月14日にリリースされ、「HOT100」43位を記録した[11][12]

それから間もない2018年2月23日には初のミックステープDay69英語版』をリリースした[13]。このミックステープはアルバム相当単位で55000枚を売上げ、Billboard 2004位を獲得した[14][15]ニューヨーク・タイムズのJon Caramanicaはこのミックステープを「躍進するサウンドクラウド・ラップ英語版の落とし子である」と表現し、ヒップホップの規範や、ありふれたサウンドから抜け出そうとする試みは特筆すべきものであると記している[2]

2018年11月18日、ナイン・トレイ・ギャングスターズ英語版のメンバー達とともに殺人の共謀、麻薬取引、恐喝を行ったとして逮捕される[16]

スキャンダル編集

未成年淫行事件編集

2015年2月に13歳の少女と性的行為を持ち、その様子を撮影した動画をオンラインに公開する事件を起こしたため、3件の罪状で起訴された。告訴状には公開されていた3件の動画についての概説が記されており、それによると動画には共犯の男性が少女にオーラルセックスをさせる中、6ix9ineが少女の背後で腰部を振りつつ彼女の臀部を叩く様子、少女が6ix9ineの膝の上に座り、共犯の男性に胸をまさぐられている様子、裸になった少女が6ix9ineと共犯の男性の膝の上に座っている様子が収録されていたという。2015年10月、6ix9ineは児童に対する淫行の罪を認めた[17]

2017年のインタビューのなかで、6ix9ineは少女と性的接触を持ったこと、少女が未成年者(訳注:18歳未満)であったことを否定したうえで、当時自分が17歳であったことを主張したが、告訴状の書面と警察の公式発表によると当時彼は18歳であった[18]

司法取引の結果、6ix9ineはGED(高卒認定資格)を取得すること、女性や児童に関する露骨な性的表現、暴力的な表現をソーシャルメディアに投稿しないこと、2年間新たな犯罪を犯さないことを命じられた。もしこれらの遵守事項が守られた場合、6ix9ineに課されるのは3年間の保護観察処分のみだが、守られなかった場合は3年の実刑を宣告されることとなる。2018年1月29日の法廷審問では6ix9ineがGEDに合格しなかったことが明らかになった。伝えられるところによると6ix9ineが法廷にテスト結果の複写を持ってこなかったため、判決は4月10日に延期された[19][20][21]。また、6ix9ineは未成年の頃にも暴行事件とヘロインの密売で実刑判決を受けている[6]

トリッピー・レッドとのビーフ編集

『POLES1469』で6ix9ineと共演したラッパー、トリッピー・レッドは現在は削除されたインスタグラムのビデオで「俺はロリコンとはつるまない」と児童淫行事件を起こした6ix9ineを批判した[22]

2017年11月には6ix9ineが男性と手を繋いでいる写真を投稿し、彼が実は同性愛者であると告発しようとした。その1ヶ月後、トリッピー・レッドは宿泊していたニューヨークのホテルで襲撃された。彼はこの事件の犯人が6ix9ineと裏でつながっていると主張している。その後も、2人はインスタグラムのライブ配信で互いの悪口を言い合った[23]

2018年5月、6ix9ineはインスタグラムのライブ配信で、トリッピー・レッドが未成年のラッパーであるダニエル・ブレゴリ英語版と性的関係をもっていることを告発した。トリッピー・レッドは彼の主張を否定したうえで、彼が女児淫行事件で有罪判決を受けていることを繰り返した。ブレゴリもライブ配信で性的交渉の存在を否定したが、過去にキスをしたことを認めた[24]

チーフ・キーフとのビーフ編集

2018年の中旬、6ix9ineはチーフ・キーフリル・リーズ英語版をはじめとするシカゴを拠点とするラッパー達と争った[25]。2018年6月2日、チーフ・キーフはニューヨークのダブリュー・ホテルで銃撃されたものの、被弾はせず怪我は免れた[26]ニューヨーク市警察は事件に関わっている可能性があるとして、当時チーフ・キーフと争っていた6ix9ineを捜査した[27][28]

事件後の2018年6月13日、6ix9ineはシカゴのホームレスを訪問し、彼らに食べ物を与えた。その後6ix9ineは「Oブロック」の名前でも知られるチーフ・キーフがかつて住んでいた団地のParkway Garden Homes英語版を訪問した[29]

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 セールス
US
[30]
AUT
CAN
[31]
DEN
[32]
FIN
[33]
NOR
[34]
NZ
[35]
SWE
[36]
SWI
[37]
UK
[38]
2018 Dummy Boy 2 35 2 4 1 3 8 2 30 30

ミックステープ編集

タイトル 発売日 最高順位 認定
US
[40]
AUS
[41]
CAN英語版
[42]
DEN
[43]
NOR
[44]
NZ英語版
[45]
SWE
[46]
SWI
[37]
UK
[38]
Day69英語版 2018年2月23日 4 11 5 32 14 15 15 20 20

シングル編集

タイトル 発売年 最高順位 認定 収録ミックステープ・アルバム
US
[48]
US
R&B/
HH
英語版

[49]
US
Rap
英語版
NZ
Heat.
英語版

[50]
UK
[38]
Gummo 2017 12 7 6
  • RIAA:プラチナディスク[9]
Day69
Kooda英語版 50 29
  • RIAA:ゴールデンディスク[9]
Keke英語版[51]
(with Fetty Wap英語版 and A Boogie wit da Hoodie英語版)
2018 43 22 20 9
  • RIAA:ゴールデンディスク[9]
Gotti英語版[52] 99 50 7 95
"Tati"[53]
(featuring DJ Spinking)
46 23 8 100 Dummy Boy
"Fefe" 3 3 17

その他のチャート入りした楽曲編集

タイトル 発売年 最高順位 収録ミックステープ
US
[54]
NZ
Heat.
英語版

[55]
SWE
Heat.

[56]
SWI
[37]
"Billy" 2018 50 4 1 93 Day69
"Rondo"
(featuring Tory Lanez英語版 and Young Thug)
73 8

脚注編集

  1. ^ Frank Guan (2018年3月28日). “SoundCloud Rap Has Its First No. 1 Album — Now What?”. Vulture. 2018年7月3日閲覧。
  2. ^ a b Jon Caramanica (2018年3月21日). “Two SoundCloud Rap Outlaws Push Boundaries From the Fringes”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2018/03/21/arts/music/xxxtentacion-question-6ix9ine-day69-review.html 
  3. ^ "Open Space: Tekashi69 - YouTube". Interview with Mass Appeal, published August 3, 2017. See minute 4:09.
  4. ^ a b "The 6IX9INE Interview - YouTube". Interview with No Jumper, published July 24, 2017. See minutes 20:34–22:32.
  5. ^ a b Frank Guan (2018年2月23日). “How Fast Can 6ix9ine Paint Himself Into a Corner?”. Vulture. 2018年5月27日閲覧。
  6. ^ a b Here’s What You Need To Know About Controversial Brooklyn Rapper 6ix9ine & His Breakout Hit "Gummo"”. Genius. 2017年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月8日閲覧。
  7. ^ GUMMO - 6ix9ine | Songs, Reviews, Credits | AllMusic”. 2017年12月8日閲覧。
  8. ^ "Billboard Hot 100: December 30, 2017". Billboard.
  9. ^ a b c d Gold & Platinum -RIAA”. RIAA. 2018年2月18日閲覧。
  10. ^ "Billboard Hot 100: December 23, 2017". Billboard.
  11. ^ The Hot 100”. Billboard. 2018年2月1日閲覧。
  12. ^ 6ix9ine Drops New KeKe Video - XXL”. XXL. 2018年1月30日閲覧。
  13. ^ 6ix9ine Shares Release Date for His Debut Mixtape - XXL”. XXL. 2018年1月30日閲覧。
  14. ^ 6ix9ine Drops Debut Mixtape 'Day69'”. XXL (2018年2月23日). 2018年2月23日閲覧。
  15. ^ Caulfield, Keith (2018年3月4日). “Bon Jovi's Back at No. 1 on Billboard 200 Albums Chart”. Billboard. 2018年3月5日閲覧。
  16. ^ Brooklyn rapper 6ix9ine arrested on racketeering charges”. APNews.com. 2018年1月5日閲覧。
  17. ^ Rich Juzwiak (2017年12月14日). “Details in Child Sex Complaint Against Rapper 6ix9ine Contradict His Public Comments”. Jezebel. 2018年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月18日閲覧。
  18. ^ Nick Mojica (2017年12月14日). “New Details in Tekashi 6ix9ine's Sexual Misconduct Case”. XXL. 2018年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月29日閲覧。
  19. ^ Nick Mojica (2018年1月30日). “Judge Gives 6ix9ine One Last Chance to Pass GED Test”. XXL. 2018年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月5日閲覧。
  20. ^ Rich Juzwiak (2018年1月30日). “Sentencing in Rapper 6ix9ine's Child Sex Case Delayed Because He Failed His GED”. Jezebel. 2018年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月5日閲覧。
  21. ^ Joshua Espinoza (2018年4月10日). “6ix9ine's Court Date in Child Sex Case Postponed”. Complex. 2018年6月9日閲覧。
  22. ^ “Trippie Redd Denounces Tekashi 6ix9ine As A "Pedophile"” (英語). Mass Appeal. (2017年8月7日). https://massappeal.com/trippie-redd-denounce-tekashi-6ix9ine/ 2017年12月28日閲覧。 
  23. ^ “A Brief History of the Trippie Redd and Tekashi 6ix9ine Beef” (英語). Mass Appeal. (2017年11月17日). http://massappeal.com/trippie-redd-tekashi69-beef-history/ 2017年12月28日閲覧。 
  24. ^ http://hiphopdx.com,+HipHopDX -. “Trippie Redd & Bhad Bhabie Deny Tekashi 6ix9ine's Claim They Had Sex” (英語). HipHopDX. https://hiphopdx.com/news/id.46853/title.trippie-redd-bhad-bhabie-deny-tekashi-6ix9ines-claim-they-had-sex# 2018年5月15日閲覧。 
  25. ^ http://thesource.com/2018/06/13/tekashi-6ix9ine-chicago/
  26. ^ http://www.xxlmag.com/news/2018/06/chief-keef-shot-at-outside-new-york-hotel/
  27. ^ https://www.billboard.com/articles/columns/hip-hop/8461408/6ix9ine-under-investigation-chief-keef-shooting
  28. ^ Anna Gaca (2018年6月18日). “6ix9ine Under Investigation in Attempted Shooting of Chief Keef: Report”. Spin. 2018年6月19日閲覧。
  29. ^ https://www.hotnewhiphop.com/tekashi-6ix9ine-continues-to-troll-chicago-and-pulls-up-to-englewood-news.52501.html
  30. ^ a b Caulfield, Keith (2018年12月2日). “Travis Scott's 'Astroworld' Returns to No. 1 on Billboard 200 Chart, 6ix9ine's 'Dummy Boy' Debuts at No. 2”. Billboard. 2018年12月3日閲覧。
  31. ^ Billboard Canadian Albums: Week of December 15, 2018”. Billboard. 2018年12月11日閲覧。
  32. ^ Track Top-40 Uge 49, 2018”. Hitlisten. 2018年12月12日閲覧。
  33. ^ 6ix9ine – Discography”. Finnishcharts.com. Hung Medien. 2019年2月20日閲覧。
  34. ^ VG-lista – Topp 40 Album uke 49, 2018”. VG-lista. 2018年12月8日閲覧。
  35. ^ NZ Top 40 Albums Chart”. Recorded Music NZ (2018年12月10日). 2018年12月7日閲覧。
  36. ^ Discography 6ix9ine”. Swedish Charts Portal. Hung Medie. 2018年11月23日閲覧。
  37. ^ a b c Discographie 6ix9ine – hitparade.ch”. 2018年3月5日閲覧。
  38. ^ a b c 6ix9ine | full Official Chart history”. Official Charts Company. 2018年4月21日閲覧。
  39. ^ Yoo, Noah (2018年11月21日). “Tekashi 6ix9ine's New Album Dummy Boy Release Postponed”. Pitchfork. 2018年11月22日閲覧。
  40. ^ Caulfield, Keith (2018年3月4日). “Bon Jovi's Back at No. 1 on Billboard 200 Albums Chart”. Billboard. 2018年3月5日閲覧。
  41. ^ ARIA Australian Top 50 Albums”. Australian Recording Industry Association (2018年3月5日). 2018年3月3日閲覧。
  42. ^ Canadian Albums: March 10, 2018”. Billboard. 2018年3月6日閲覧。
  43. ^ Album Top-40 Uge 9, 2018”. Hitlisten. 2018年3月7日閲覧。
  44. ^ VG-lista – Topp 40 Album uke 9, 2018”. VG-lista. 2018年3月3日閲覧。
  45. ^ NZ Top 40 Albums Chart”. Recorded Music NZ (2018年3月5日). 2018年3月2日閲覧。
  46. ^ Sverigetopplistan – Sveriges Officiella Topplista”. Sverigetopplistan. 2018年4月20日閲覧。 Click on "Veckans albumlista".
  47. ^ “Gold & Platinum - RIAA” (英語). RIAA. https://www.riaa.com/gold-platinum/?col=certification_date&col=certification_date&ord=desc#search_section 2018年5月18日閲覧。 
  48. ^ Peak chart positions for singles on the US Billboard Hot 100:
  49. ^ Peak chart positions for singles on the US R&B/Hip-Hop Songs chart:
  50. ^ NZ Heatseeker Singles Chart”. Recorded Music NZ (2018年6月4日). 2018年6月1日閲覧。
  51. ^ KEKE - Single by 6ix9ine, Fetty Wap & A Boogie wit da Hoodie on Apple Music”. iTunes. 2018年1月24日閲覧。
  52. ^ “6ix9ine Shows Off His Melodic Side on New Song 'Gotti': Listen”. Billboard. https://www.billboard.com/articles/columns/hip-hop/8301718/6ix9ine-new-song-gotti-listen 2018年4月16日閲覧。 
  53. ^ “TATI (feat. DJ SPINKING) - Single by 6ix9ine”. iTunes. https://itunes.apple.com/hu/album/tati-feat-dj-spinking-single/1389883003?l=hu 2018年5月27日閲覧。 
  54. ^ Peaks of other charted songs in the US:
  55. ^ NZ Heatseeker Singles Chart”. Recorded Music NZ (2018年3月5日). 2018年3月2日閲覧。
  56. ^ Swedish Heatseeker Chart – 23 mars 2018”. 2018年3月24日閲覧。