メインメニューを開く

7人制ラグビー(しちにんせいラグビー、: Rugby sevens)は1チームあたり7人の選手で、より短時間で行われるラグビーユニオン(15人制)の変種である。セブンズ (Sevens)ともいう。セブンズはラグビーユニオンの国際競技連盟であるワールドラグビーによって管轄されている。セブンズはスコットランドメルローズ発祥であり、毎年メルローズセブンズ大会が開催されている。セブンズは全てのレベルで人気があり、一般的に毎年夏にアマチュアならびにクラブの大会が開催されている。セブンズは最もよく普及したラグビー形式の1つであり、アフリカアジアヨーロッパアメリカ州、そして特に南太平洋諸国で人気がある[2]

 7人制ラグビー
Kenya v Tonga try.jpg
統括団体 ワールドラグビー
通称 The Borders Game[1]
The Scottish Game/Code[1]
The Abbreviated Code[1]
The "Short Game"
Seven-a-side
セブンズ, 7's, 7s, VIIs.
起源 1883年
特徴
身体接触 フルコンタクト
選手数 7人
男女混合 男女別
カテゴリ チームスポーツ、屋外、ラグビーユニオンの変種
用品 ラグビーボール
オリンピック 2016年
テンプレートを表示

著名な国際大会としては、ワールドラグビーセブンズシリーズラグビーワールドカップセブンズがある。セブンズはコモンウェルスゲームズ1998年大会から)といった一部のスポーツ大会でもプレーされている。コモンウェルスゲームズでは2010年までニュージーランドが金メダルを獲得していたが、2014年大会南アフリカが金メダルを手にした。

セブンズはオリンピックスポーツとして認められ、2016年リオデジャネイロオリンピックから正式種目として採用された。

概説編集

 
2008年香港セブンズでの行進

7人制ラグビーはワールドラグビーによって公認され、15人制と(後述する例外を除いて)実質的に同じ規則の下、同じ寸法のフィールド上でプレーされる。したがって、15人で守るところを7人で守らなくてはならないので、15人制に比べフィジカルの強さよりも最後まで走り続けられる持久力とランニングスキルが要求される。

15人制ラグビーユニオンの試合は少なくとも80分(前後半各40分)で終わるのに対して、通常のセブンズの試合は1分間の休憩を挟んだ前後半各7分で構成される。大会の決勝は2分間の休憩を挟んだ前後半各10分でプレーされることもある(ワールドラグビーセブンズシリーズでは、カップ決勝のみが前後半各10分で行われる。より下のレベルの大会の決勝は全て前後半各7分で行われている[3])。シンビン(反則による一時的退場)は2分間である。セブンズのスコアは一般的に15人制スコアと同程度である。セブンズでは守備の間隔がより広いため、はるかに頻繁に得点が起こる。

より短い試合時間によって、セブンズの大会は一日あるいは週末で終えることが可能である。多くのセブンズの大会はカップ(杯)、プレート、ボウル、シールド()をかけた試合を含み、異なるレベルの多くのチームが手ぶらで大会を後にしないでいいようになっている。例えば香港セブンズでは本戦ドロー16カ国のみがトロフィーをかけて争う。各プールの上位2カ国がカップとプレートをかけたトーナメントに進み、残りの国がボウルとシールドを争う。カップ準々決勝(初戦)の敗者はプレートトーナメントに進み、ボウル準々決勝の敗者はシールドトーナメントに進む。

セブンズは15人制とは観衆の雰囲気が違い、観客がビール片手にとにかくどんちゃん騒ぎで盛り上がるのが一般的になっている。最近は香港セブンズなどIRBセブンズワールドシリーズではコスプレをしながら盛り上がる観客が多く見られる。

香港セブンズはアジアにおけるラグビーの普及において特に重要となっており、セブンズはラグビーの「伝道」の形式として重要となっている。ゆえに、セブンズはおそらく最も幅広くプレーされているラグビーの形式である[4]

フィールド編集

セブンズは、ワールドラグビーハンドブックにおいて定義されているように標準のラグビーユニオン競技場でプレーされる。フィールドは長さ100メートル (330 ft)、幅70メートル (230 ft)である[5][6]。各ゴールライン上にH型のゴールポストがある。

チームおよびポジション編集

チームは3人のフォワードと4人のバックスからなる。スクラムは各チーム3人の選手から構成される。セブンズの速い特性のため、セブンズの選手には一般的に15人制でいうバックロー(FL・NO8)やバックスの選手が多い。

7人制ラグビーのポジション
1 プロップ 2 プロップ
4 フッカー
 
3 スクラムハーフ
 
5 フライハーフ
 
6 センター
 
7 ウインガー/フルバック
  • : フォワード
    • 1 - プロップ
    • 2 - プロップ
    • 4 - フッカー
  • : バックス
    • 3 - スクラムハーフ
    • 5 - フライハーフ
    • 6 - センター
    • 7 - ウインガー/フルバック

交替は15人制と同様であるが、ベンチには5人の交替選手のみが許される。

競技規則の変更点編集

 
セブンズのスクラム

試合の迅速化などを目的として、セブンズではいくつかのルール変更がなされている。前述の内容も含め、国際試合における15人制との主な相違点は以下のとおり(角括弧内は15人制でのルール)[7]

  • 試合形式
    • フィールド上の選手は両チーム7人 [15人] を超えない。
    • 控え選手は5人 [8人] 、選手交替は5人 [8人] まで可能。
    • 前後半各7分 [各40分] 。大会決勝では前後半各10分で行われることもある。
    • ハーフタイムは2分以内 [15分以内] 。
    • 前後半を終了して同点の場合、前後半各5分 [10分] の延長戦を実施。
    • 主要な大会では、通常のタッチジャッジ2名に加え、インゴールジャッジが各1名ずつインゴールに立つ。セブンズでは、ボールを持ったプレーヤーが独走状態でゴールに向かう場面などが多く、レフリーが追いつけない場合、死角が生じるためである。
  • 試合中
    • スクラムは3人 [8人] で組む。
    • スクラムを組んでいる選手は、トンネル内のボールを相手側以外の方向へ蹴り出すことができる [トンネル外には蹴り出せない] 。
    • スクラムを組んでいる選手は、トンネル内のボールを拾い上げてはならない [最後尾 (No.8) の足に到達したボールを、最後尾の選手が拾い上げるのはよい] 。
    • ボールが直接タッチになった場合、タッチに出さなかったチームのフリーキックで再開 [4つの選択肢あり] 。
    • コンバージョンやペナルティキックはドロップキックで行う [プレースキックも選択できる] 。
    • コンバージョンキックの際、相手はチャージできない[チャージ可能]。
    • コンバージョンキックはトライ後、競技時間30秒 [90秒] 以内に行わなければならない。
    • 得点後は、得点したチーム [失点したチーム] のキックオフで、競技時間30秒以内 [規定なし] に試合再開する。
    • キックオフ時のミス(ノット10m、ダイレクトタッチなど)は相手フリーキックとなる [3つの選択肢あり] 。
    • イエローカード(シンビン)を受けた選手は2分間 [10分間] の一時退出となり、その間フィールド内は1人少ない状態となる。
    • フロントローの選手が退場または一時退出している場合、フィールド内の他選手がスクラムを担う [フィールド内の任意選手を外し、代わりにフィールド外のフロントローの選手を加える] 。
    • 審判はアドバンテージを素早く決定する。

歴史編集

 
エイルドン・ヒルの影の下に抱かれたスコットランド・メルローズにあるグリーンヤーズはラグビー・セブンズ発祥の地である。

スコットランドでの始まり編集

7人制ラグビーの歴史は古く、スコットランドはボーダー地方の町、メルローズとガラシールズの地域メンバーの対立がきっかけで、メルローズの町が独立して新たにラグビークラブを結成したことにはじまる。

1883年に、メルローズの地元のクラブメルローズRFCの資金集めのためにラグビーの大会を開こうと考えたが人数がなかなか集まらず、メルローズの肉屋であったネッド・ヘイグとデビッド・サンダーソンによって少ない人数でラグビーを行うにはと考え出されたのが七人制ラグビーであった。史上初のセブンズの試合はメルローズグラウンド、グリーンヤーズで行われた。2年後の1885年ガラにおいてタインデールはスコットランド外のクラブで初めてボーダーズのセブンズタイトルの1つを獲得した[8]

ボーダーズでのセブンズの人気にもかかわらず、1920年代1930年代まで他の場所では流行しなかった[9]。スコットランド外での初のセブンズ大会は1921年にイングランド北東部ノース・シールズで開催されたパーシー・パーク・セブンズである[8]。ここはスコティッシュ・ボーダーズと近かったため、この地域からの関心を集め、決勝はセルカーク(優勝)とメルローズ(準優勝)との間で争われた[8]

1926年、イングランドの主要な大会ミドルセックスセブンズがロンドン在住のスコットランド人J.A. Russell-Cargill博士によって設立された[8]。セブンズのイングランドへの普及における重要な出来事の一つがこのミドルセックスセブンズであった。ミドルセックスセブンズの小委員会にはウェーベル・ウェイクフィールドやビル・ラムゼイといった風格のある人物がいた[9]。ミドルセックスセブンズはチャリティーのためのすばらしい資金集めの催しでもあり、1926年にはキング・エドワード7世病院のために1600ポンドを集めた。当時は標準的な入場料は1シリング、スタンド席は5シリングであった[9]

ミドルセックスセブンズでのセブンズの試合の1927年の記述は、イングランドの人々に対するこの競技の目新しさを示している。

フィールドはとてもオープンであり、もしボールを持って逃げられたとすると、彼を捕まえるのには全速力で走る必要があるが、非常に多くの場合そこにはもういなかったのだ[10]

スコティッシュ・ボーダーズは農村地域であるのに対して、ミドルセックスセブンズは人口数百万人のロンドンの郊外の近くであった。第2回のミドルセックス大会には1万人の観客が詰め掛けた[10]。そして、ボーダーズ・セブンズはスコットランドラグビーの中核地域において選手の技術に磨きをかけていたのに対して、ミドルセックスセブンズはロンドンラグビーと同じように行っていた。ミドルセックスセブンズに出場していた地元の選手には、前述したウェーベル・ウェイクフィールドやブラックヒースFCのカール・アーボルド(後のシティ・オブ・ロンドンの法律顧問官)、ロンドン・ウェルシュRFCのウェイク・パウエル、後にフォー・ホームユニオンツアー委員会の委員長となったジョン・タレントがいた[9]。彼らはセールRFC1936年)やカーディフRFC1939年)といった様々な招待チームと親交を持った。セールRFCのバックスにはウェールズ代表のウィルフ・ウーラーやクロード・ダビー、スコットランド代表のケン・ファイフがおり、カーディフRFCには再びウィルフ・ウーラーやレス・スペンス、ウェンディー・デービスがいた[9]

史上初の公式に認められた国際大会は、1973年スコットランドラグビー協会の百周年記念行事の一部としてマレーフィールド・スタジアムで行われた。

国際的発展編集

7人制の成功により、史上初の公式国際大会から3年後の1976年に香港セブンズが始まり40年以上、開催は続いている。「メルローズ・カップ」を争うラグビーワールドカップセブンズ1993年に開始された。最もよく知られている3つのセブンズの大会は香港セブンズ、ウェリントンセブンズドバイセブンズであり、これらはワールドラグビーセブンズワールドシリーズの一部を構成している。

スコットランドとの結び付きは1970年代における香港セブンズの設立でも継続し、香港セブンズは主に "Tokkie" Smithといった専門家らによって設立された。イングランドでは、ロンドン・スコティッシュRFCが開始時からミドルセックスセブンズに強く関与していた。香港セブンズは時代を先取りしており、ラグビーユニオンの近代化に影響力の大きい力であった。例えば、香港セブンズは大きなスポンサーを引き付けた初めてのラグビーユニオン大会の1つであり、1976年大会ではキャセイパシフィック航空がスポンサーを務めた[11]。また、セブンズは世界主義的な国際競争の意識をラグビー界にもたらした。このような意識は、フランスが少し関わっている以外、1987年ラグビーワールドカップが初めて開催される以前にはラグビー界には存在しない傾向があった[12]。特に香港は「ビッグエイト」の1つと見なされていなかった。そして、英連邦のチームは悪名高く排他的な傾向にあった。1986年までには、香港セブンズは他国に対する良い手本として支持されていた。

この7人制国際大会は疑いなく最も壮観、魅惑的で、世界で最もよく組織されたラグビー大会であり、どこでも見られるセブンズ・ラグビーの最高水準を一貫して生み出してきた。

私が最初に観戦した際にオーストラリア人、ニュージーランド人、 フィジー人、そしてイギリス人選手の上質のプレーを見たことは驚きではなかったが、これまでラグビーがプレーされていることを私が知りもしなかった国々によって産み出される驚くほどに質の高いプレーには圧倒された。韓国および西サモアはあらゆる点で日本およびトンガに劣っていなかった。インドネシアタイシンガポールは純然たる体の大きさや厚さに欠けていることで克服できないハンディキャップを負っていたが、互いに対抗して幅広いランとハンドリングの技術を示し、これらは無条件の称賛に値した。パプアニューギニアスリランカソロモン諸島はいや応なく主要なラグビー強豪国によって打ち負かされたが、彼らは注目すべきほどに高いレベルの技術を持っており、この競技の将来は前途洋々である。

香港大会の週には、数日間にわたって24カ国の代表が混ざることができ、この大規模な知識の交流は新興国に対して長期的には有益なことづくめである。上位8カ国のシード国がプールシステムで戦った初日の後、2日目は3つの異なるレベルの競技会に分かれる。…この偉大な大会の強みは、開幕日に世界で最も有名な選手達と、ラグビーがマイナースポーツである国から来た相手がピッチを共にする点にある。…香港セブンズのような大会が続いている間は、ラグビーの責任者達は、この競技が世界中の100を超える国々で繁栄し続けることを確信できるだろう。

[12]

しかしながら、この見かけの多様性とは裏腹に、国際ラグビーを悩ませてきた同じ古い問題の一部が1980年代の香港セブンズではまだ明白であった。例えば、1984年の大会での香港バーレーンの試合の写真には、民族的にアラビア人あるいは中国人である選手は誰も含まれいないように見え、代わりにどちらのチームもかなり明確に北ヨーロッパに民族的起源を持っていた[13]

セブンズはスコティッシュ・ボーダーズにおいて人気を保ち、この地方では最高峰の10のセブンズの大会によって「Kings of the Sevens」と呼ばれるリーグ大会が作られている。セブンズの創造におけるメルローズRFCの役割を称えて、クラブはヘイグと共に2008年IRB殿堂入りした[14]

セブンズはフィジートンガサモアの南洋諸国やアフリカのケニアにも強く根付いている。多くのラグビーがマイナーな国々(例えばポーランドの場合)において、ラグビーを人々に紹介する手段としてラグビーセブンズに焦点を合わせる傾向がある[15]。セブンズは香港シンガポールドバイといった15人制の普及が成功してない場所で盛んになっている。加えて、2015年現在、セブンズワールドシリーズの全てのレグに参加している15の核となるチームのうち7つ(フィジーサモアケニアアメリカ合衆国カナダポルトガル)は、15人制では広く認められたトップティアの国には入っていない。

主要大会編集

 
サンディエゴ、ペトコ・パークで開催された2008 USAセブンズでのアルゼンチン
 
ボーンマスセブンズの優勝杯を手にするサイロシ・タンギザキバウ

セブンズワールドシリーズ(男子)編集

ニュージーランドがワールドラグビーセブンズシリーズをこれまで支配しており、15シーズンの内12回の優勝を果たしている。しかしながら、近年、複数の国がニュージーランドの支配に対してうまく挑んでいる。セブンズで長年強豪であるフィジー2005-06に、南アフリカは2008-09に、サモアは2009-10シーズンに優勝した。その他の近年の強豪国は、イングランドオーストラリアアルゼンチンである[16]

ラグビーワールドカップセブンズ編集

ワールドラグビーの後援を受け4年ごとに開催されるこの大会は、7人制ラグビーユニオンにおける最高の目標であり、これまでフィジー、ニュージーランドが過去6大会でそれぞ2度優勝杯を手にしている。しかしながら、2016年のオリンピックでセブンズが採用されるため、オリンピックが最も注目を浴びるセブンズの大会として見られている。2018年には、ワールドカップセブンズは夏季オリンピックの中間年に開催される予定である。

夏季オリンピック編集

IOCは、2016年のリオデジャネイロオリンピックのプログラムに7人制ラグビーとゴルフを含めることを2009年に決定した[17]。2016年に先立って、2014年南京ユースオリンピックにおいて7人制ラグビーが開催された。2020年東京オリンピック2024年パリオリンピック[18]でも実施は決定している。

オリンピックでは、選手は当該国の国籍を有していなければ代表となることができず、五輪予選(前年のワールドシリーズなど)も同様に国籍保持者に出場が限られる。

地域大会編集

セブンズは4年毎に開催されるコモンウェルスゲームズにおいて1998年のクアラルンプール大会から行われている。セブンズはコモンウェルスゲームズ連盟によって核となる競技と見なされている。これまで、ニュージーランドが5度金メダルを獲得している。女子競技は開催されていない。

セブンズはアジア競技大会パンアメリカン競技大会パシフィックゲームズを含む様々な多種スポーツ大会で行われている。ラグビーユニオンは以前はワールドゲームズで行われていたが、オリンピック競技に採用されたことにより終了した。

セブンズグランプリシリーズ編集

2002年から2010年まではヨーロピアンセブンズチャンピオンシップ、2011年からはセブンズグランプリシリーズの名称で開催されている。2011年まではポルトガルが8回、ロシアが2回優勝を果たした。2012年以降は、イングランドならびにフランスがそれぞれ2連覇を果たした。

日本国内の大会編集

過去に行われた日本国内の大会

女子7人制ラグビー編集

 
女子7人制ラグビーの試合(アメリカ合衆国)

女子7人制ラグビーではニュージーランド代表が支配的であり、2012年に創設されたワールドラグビー女子セブンズシリーズでは2015年現在、3連覇を果たしている。

国際競技連盟ワールドラグビーは、ワールドカップ以外で初の公式女子セブンズ大会を2011年ドバイセブンズの一部として組織した。2012年からはワールドラグビー女子セブンズシリーズが始まった。

女子7人制ラグビーは2016年リオデジャネイロオリンピックから採用されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Bath, The Complete Book of Rugby, p29
  2. ^ The Spread of the Sevens, Melrose Sevens official site, retrieved 25 February 2010
  3. ^ 2006–07 IRB Sevens World Series Media Guide (PDF)”. International Rugby Board. 2007年2月10日閲覧。
  4. ^ Bath (1997), p29
  5. ^ Intro EN (PDF)”. 2010年2月6日閲覧。
  6. ^ Intro EN (PDF)”. 2010年2月6日閲覧。
  7. ^ 競技規則一覧”. 日本ラグビーフットボール協会. 2019年10月22日閲覧。
  8. ^ a b c d Bath, Scotland Rugby Miscellany, p82
  9. ^ a b c d e Starmer-Smith, p60
  10. ^ a b Grave, Charles. "Grave is Gay: At the Seven-a-Side Rugby Matches" in Illustrated Sport and Dramatic News, 1927
  11. ^ Starmer-Smith, p144
  12. ^ a b Starmer-Smith, p142
  13. ^ Starmer-Smith, p146
  14. ^ “IRB Hall of Fame Welcomes Five Inductees” (プレスリリース), International Rugby Board, (2008年11月23日), http://www.worldrugby.org/news/23768 2015年10月8日閲覧。 
  15. ^ [1] retrieved, 7 November 2009
  16. ^ “Dates set for 2010/11 IRB Sevens World Series” (プレスリリース), International Rugby Board, (2010年6月1日), http://www.irb.com/irbsevens/news/newsid=2037992.html#dates+201011+irb+sevens+world+series 2010年6月2日閲覧。 
  17. ^ [2]
  18. ^ IOC Executive Board charts the course for future Olympic Games”. Olympic.org (2017年6月9日). 2017年11月9日閲覧。 “the Executive Board approved the overall composition of the sports programme for the Olympic Games 2024 to include all 28 sports on the programme of the Olympic Games Rio 2016.”

参考文献編集

  • Bath, Richard (ed.) The Complete Book of Rugby (Seven Oaks Ltd, 1997 ISBN 1-86200-013-1)
  • Bath, Richard (ed.) The Scotland Rugby Miscellany (Vision Sports Publishing Ltd, 2007 ISBN 1-905326-24-6)
  • Jones, J.R. Encyclopedia of Rugby Union Football (Robert Hale, London, 1976 ISBN 0-7091-5394-5)
  • McLaren, Bill Talking of Rugby (1991, Stanley Paul, London ISBN 0-09-173875-X)
  • Massie, Allan A Portrait of Scottish Rugby (Polygon, Edinburgh; ISBN 0-904919-84-6)
  • Richards, Huw (2007). A Game for Hooligans: The History of Rugby Union. Edinburgh: Mainstream Publishing. ISBN 978-1-84596-255-5. 
  • Starmer-Smith, Nigel (ed) Rugby – A Way of Life, An Illustrated History of Rugby (Lennard Books, 1986 ISBN 0-7126-2662-X)
  • Stubbs, Ray (2009). The Sports Book. Dorling Kindersley. ISBN 978-1-4053-3697-0. 

関連項目編集