メインメニューを開く

720p(ななひゃくにじゅう - ぴー)は、ハイビジョンおよびHDTV(高精細テレビ)に含まれる映像規格の一つであり、画面アスペクト比が16:9であり、有効垂直解像度720本であり、かつインターレース(飛び越し走査)ではなく順次走査(プログレッシブ)の動画を指す略称である。

正方形比率ピクセルにおいて1280×720、 0.9メガピクセル(92万1600画素)の動画となる。ブラウン管では走査線は750本であり有効走査線は720本である。そのため750pと表記されることも多い。1080i、フルハイビジョンの解像度を満たしていなくても、720pを満たしていれば「ハイビジョン」を名乗ることができる。

順次走査なので1080iより劣る規格ではなく、水平走査周波数はむしろ1080iより多い。720pは日本の放送規格ISDBで放送できる[注 1]。またはWXGAとも呼ばれる。フレームレートは59.94がよく使われる[注 2]D端子ではD4。

名称編集

撮影編集

  • 世界初の家庭用720p撮影カメラは、2003年のビクターGR-HD1。(30フレームまで)[2]

ディスプレイ編集

  • CRTコンピュータ、CRTテレビ受像機における水平走査周波数は以下のとおりである[3]
    45.00kHz 60hz
    37.50kHz 50hz
    33.75kHz (1035i/60、1080i/59.94) のみ対応するCRTは変換して表示。
  • 1280×720は「ハイビジョン」受像機として普及した、現在では大型液晶テレビ、プラズマテレビはフルスペックハイビジョン (1080i) がほとんどである。

放送編集

  • ISDB
  • DVB
  • ATSC
    アメリカのabcやfoxの全米ネットワークは720pで放送を行なっている。

録画・再生フォーマット編集

伝送ケーブル編集

アナログ

デジタル

動画サイト編集

  • YouTubeでは2008年より対応している「&fmt=22」のパラメーターで再生できる[5]

デジタルシネマ編集

ゲーム編集

比較編集

 

  • 1080(シアン)720(グリーン)480(レッド)

 

出典編集

脚注編集

  1. ^ 日本ではアナログによるMUSE方式のハイビジョンでは規格外の映像であったため、BSによるデジタルハイビジョンの開始で放送できるようになった。
  2. ^ 他に60P、50P、24P、30P、25P