メインメニューを開く

75式ドーザ(ななごしきドーザ)は、陸上自衛隊施設科が使用している装甲付のブルドーザーである。製造は小松製作所[1]、愛称はビッグブルの他に、部隊内では「装甲ドーザ」や、単に「ドーザ」とも呼ばれる。

75式ドーザ
展示される75式ドーザ.jpg
記念式典にて展示される371施設中隊の75式ドーザ
基礎データ
全長 6.99m(走行姿勢)
6.3m(作業姿勢)
全幅 2.70m(走行姿勢)
3.45m(作業姿勢)
全高 2.79m
重量 約19.2t[1]
乗員数 2名[1]
装甲・武装
備考 最大牽引力 11.5t
機動力
速度 約45km/h[1]
エンジン 水冷式ディーゼルエンジン[2]
160ps/1850rpm
テンプレートを表示

目次

開発編集

戦闘下での土木作業が可能な、装甲を有する中型ドーザ程度のブルドーザーとして技術研究本部小松製作所で共同開発された[1][3]1969年から開発が始まり、1975年に制式採用されている[1]。約100両が生産された[3]

設計編集

2つの運転台を有し、作業時はドーザーブレード側の運転台で、走行時には反対側の運転台で操縦する[3]。ドーザーブレード側の運転台は回転式で、作業時、移動時にあわせて方向を変えることができる。ライトと方向指示器は車体の前後に取り付けられている。

ドーザーブレードは中央から2つに分割されており、作業に応じて外反、内傾させることが可能である。輸送時にはドーザーブレードの幅を縮めて行なう。エンジンはドーザーブレード側に搭載されている。装甲小銃弾および砲弾片から防護できる程度のもので、操縦席の窓にはシャッターを下ろすことが可能である。

配備編集

 
側面

主に建設工兵である施設団に配備されている。装甲を有する唯一の建設車両ということもあり、普賢岳火山災害カンボジアPKOでも使用された。

現在は施設作業車に更新が始まっている。

登場作品編集

ゴジラvsビオランテ』・『ゴジラvsキングギドラ
芦ノ湖札幌へ、ゴジラ迎撃に向かう自衛隊の車列の中に確認できる。
超空自衛隊
オーストラリア災害派遣に向かう途中で、第二次世界大戦時にタイムスリップしてしまった陸上自衛隊施設科部隊の装備として登場。ガダルカナル島にて使用され、旧日本軍とともに旧アメリカ海兵隊陣地に突撃する。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 自衛隊装備年鑑 2006-2007 朝雲新聞 P88 ISBN 4-7509-1027-9
  2. ^ 『防衛庁技術研究本部二十五年史』防衛庁技術研究本部創立25周年記念行事企画委員会、防衛庁技術研究本部、1978年、64-67頁。NCID BN01573744
  3. ^ a b c PANZER 臨時増刊 陸上自衛隊の車輌と装備2012-2013 2013年1月号,アルゴノート社,P102

参考文献編集

関連項目編集