80式戦車(80しきせんしゃ、 80式主战坦克、ZTZ-80/WZ-122)は、79式戦車の車体をベースに開発された中国初の第2世代主力戦車である。

80式戦車
Chinese Type 80-ІІ Tank.jpg
性能諸元
全長 9.32m
車体長 6.32m
全幅 3.37m
全高 2.29m
重量 38.0t
懸架方式 トーションバー方式
速度 57km/h
行動距離 430km
(最大600km)
主砲 83式51口径105mm ライフル砲
副武装 54式12.7mm重機関銃
59式7.62mm機関銃
装甲 鋳造砲塔溶接鋼板
エンジン 12150ZL
4ストロークV型12気筒ディーゼル
730hp
乗員 4名
テンプレートを表示

ソ連戦車のコピー品だった59式戦車69式戦車と異なり、NATO規格の105mm ライフル砲イギリス製の射撃統制システム西ドイツ製のエンジンなど、積極的に西側の戦車技術を取り込み自国開発を目指した戦車であった。制式採用されたものの、発展型の88式戦車と異なり、海外への輸出に失敗したため、本格的な生産は行われなかった。

概要編集

対立状態にあった中ソは、1969年ウスリー川ダマンスキー島軍事衝突に至った。第1世代戦車である59式戦車ソ連からの軍事技術供与で量産することができるようになったものの、ソ連軍戦車に対抗できる第2世代の戦車開発を自国で行う必要性に迫られる事となった。当初は西ドイツのクラウス=マッファイ社に代表団を派遣してレオパルト2の購入またはライセンス生産を検討するも外貨不足で実現しなかったため、西ドイツ製のエンジンなど当時の第2世代戦車の最新技術を取り入れた国産戦車の開発を決定した[1][2]。そこで、79式戦車の車体をベースに試作案が作成され、1980年代から開発が始まり、1985年内モンゴル自治区の617工場でプロトタイプが完成、1988年に制式採用された。

80式戦車の車体は79式戦車をベースに車体全体を大型化し、大型転輪5個から上部支持輪を持つ小型転輪6個へ変更した。砲塔は、ソ連軍戦車独特の避弾経始を重視したお椀型デザインを引き継ぐが、主砲西側NATO規格の105mm ライフル砲を採用した。このほかにも、微光増幅式暗視装置やアナログ式弾道コンピュータ、レーザー測定器などを導入した。

その後も砲塔前面部の弾薬搭載スペースの排除や搭載弾数の増加、ERA(爆発反応装甲)の追加などの改修が行われ、新たに小型されたレーザー測定器の搭載、砲塔前面に対HEAT弾対策の追加装甲、新型の対NBC加圧システムが加えられ、80-II式戦車としてプロトタイプが製造され、輸出モデルとして売り込みが行われるも採用国は無く、それ以降量産されることはなかった。

歴代主力戦車の比較表
99式 96式 88式 80式 69/79式 59式
画像            
世代 第3世代 第2.5世代 第2世代 第1世代
全長 11 m 10.65 m 9.32 m 9.22 m 9 m
全幅 3.4 m 3.3 m 3.37 m 3.29 m 3.27 m
全高 2.4 m 2.3 m 2.29 m 2.8 m 3.27 m
重量 54 t 42.5 t 38.5 t 38 t 36.5 / 37.5  36 t
主砲 50口径125mm滑腔砲 48口径125mm滑腔砲 51口径105mmライフル砲 56口径100mmライフル砲
(69式)
51口径105mmライフル砲
(79式)
56口径100mmライフル砲
副武装 12.7mm重機関銃×1
7.62mm機関銃×1
対戦車ミサイル
12.7mm重機関銃×1
7.62mm機関銃×1
12.7mm重機関銃×1
7.62mm機関銃×1
装甲 複合+ERA 複合 鋳造溶接鋼板
(一部複合)
鋳造・溶接鋼板
エンジン 水冷4ストローク
V型12気筒ディーゼル
液冷4ストローク
V型12気筒スーパーチャージド・ディーゼル
水冷4ストローク
V型12気筒ディーゼル
最大出力 1,500 hp 1,000 hp 730 hp 580 hp 520 hp
最高速度 80 km/h 65 km/h 57 km/h 50 km/h 45 km/h
懸架方式 トーションバー
乗員数 3名 4名
装填方式 自動 手動
C4I  不明 ×


バリエーション編集

80-I式戦車
80式戦車の性能向上型として開発が行われ、88式戦車として制式採用された。
80-II式戦車(溶接砲塔
85式戦車のベースとなった。

登場作品編集

ゲーム編集

マーセナリーズ
中国軍戦車として「TYPE 80」の名称で登場する。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 歷史的擦肩而過:當年解放軍曾差點用上豹2坦克”. 每日頭條 (2016年4月24日). 2019年8月1日閲覧。
  2. ^ 中国秘密西方好友 这大国曾不顾俄反对卖最强坦克”. 中時電子報 (2016年9月9日). 2019年8月1日閲覧。

外部リンク編集