メインメニューを開く

80式空対艦誘導弾

日本の空対艦ミサイル

80式空対艦誘導弾(はちまるしきくうたいかんゆうどうだん)は、日本が開発・配備した空対艦ミサイル対艦誘導弾)。別称はASM-1。1980年から航空自衛隊に配備が開始されている[2]。技術開発は技術研究本部、主契約会社は三菱重工業で、総開発費は113億円とされている[1]

80式空対艦誘導弾
ASM-1
ASM-1新田原.JPG
種類 空対艦ミサイル
製造国 日本の旗 日本
設計 技術研究本部三菱重工業
製造 300発以上
性能諸元
ミサイル直径 350 mm
ミサイル全長 3,980 mm
ミサイル全幅 1,190 mm
ミサイル重量 600 kg
弾頭 弾頭重量:150kg
射程 推定50キロメートル (27 nmi)[1]
誘導方式 中途航程:慣性誘導
終末航程:ARH誘導
飛翔速度 亜音速
テンプレートを表示

目次

来歴編集

昭和40年代、第3次防衛力整備計画に基づき、「F-86Fの後継機として戦技訓練が可能で支援戦闘の潜在能力をもち、かつ超音速飛行の能力を有する練習機」としてT-2の開発が進められていた[3][4]。その設計段階では、ブルパップ空対地ミサイルも話題になり、指令誘導装置の後日装備余地を確保することも検討されたものの、真剣な議論には至らなかった[5]

T-2の開発の主契約会社は三菱重工業であったが、富士重工業も協力者として開発に参画していた[4]。そしてXT-2の初飛行の直前にあたる1971年6月、パリ航空ショーにおいて、同社は、フランスマトラ社より、空対艦ミサイルの開発に関する接触を受けていた。当時、ヨーロッパでは、同国のアエロスパシアル社のエグゾセ西ドイツメッサーシュミット・ベルコウ・ブローム(MBB)社のコルモランなど、新世代の対艦ミサイルの開発が進められているところであった[5]

1972年からは、T-2をもとに単座化し、爆撃能力の強化や外部搭載能力の増加などを図った支援戦闘機の開発が着手され、1976年11月の部隊使用承認とともにF-1と命名された。同機の開発段階では、欧州の情勢も踏まえ、将来構想(プロビジョン)として近距離空対艦ミサイル(ASM)の運用も想定されていた[3]。その後、F-1の開発進展に伴って、こちらの開発も進められることになり、1973年11月30日の要求性能上申ののち、1974年3月28日に基本要目が決定され、翌日には基本設計命令が下され、8月10日にはその報告が示された。以後、昭和49年度から昭和53年度にかけて試作が実施されるとともに、昭和50年度より各年度の試作に関連する技術試験が実施され、昭和53年度末をもって試作を完了した[2]

技術試験においては、昭和52年度第3四半期より誘導弾の発射試験を開始しており、1979年5月からは航空自衛隊による実用試験に入った。これらの発射試験では、模擬標的に対し15発を発射予定であったものが直撃弾が続出して標的が破損してしまったために1発を残して終了したり、「かや」を実艦標的として実弾3発を発射予定であったものが初弾で撃沈してしまったために2発を残して終了したりと、予想以上に誘導制御性能が良好であることが確認された[2][注 1]

設計編集

 
F-1に搭載されたXASM-1

ミサイルは葉巻型の胴体中部に4枚の主翼および末尾に4枚の操舵翼をつけた形状となっている[2]。ミサイルは、前方よりセンサー部、誘導部、弾頭部、エンジン部からなる[2]

エンジンは固体燃料ロケットを用いている。4軸の操舵翼は電気サーボ機構によって駆動されており、最大舵角は±20度、最大出力トルクは3.5 kgf·mである[1]

誘導方式としては、中途航程ではストラップ・ダウン方式の慣性誘導、終末航程ではアクティブ・レーダーホーミング(ARH)誘導を使用する。レーダーの動作周波数はXバンドである。電子防護に配慮しているほか、周波数変換機能や電波妨害源追尾機能を備えていると考えられている。またこのほか、シースキマーとして、飛翔高度測定のためFM/CW方式の電波高度計を備えている。目標への突入はシャローダイブまたはシースキミングである[1]

このミサイルは、当初より発展性を考慮したモジュール設計となっており、日本の対艦誘導弾ファミリーの基となった[1][2]。これを基に推進機関をジェットエンジン化した88式地対艦誘導弾90式艦対艦誘導弾91式空対艦誘導弾93式空対艦誘導弾が開発されている。また、コスト管理により低価格化への配慮が払われている[1][2]

 
対艦誘導弾の発達・開発系譜


登場作品編集

ゴジラ (1984年の映画)
F-1をベースにした架空機である「F-1CCV」に搭載されたものが、東京湾出現したゴジラに対して発射される。
生物彗星WoO
防衛隊所属機が、出現した怪獣に対して発射する。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ この実用試験の際には、アメリカ軍より、ミサイルの破片を念入りに回収するようにと異例の申し入れがあったと伝えられている[1]

出典編集

参考文献編集

  • 川前, 久和「F-1の誘導兵器とFCS」『三菱 F-1』文林堂〈世界の傑作機 No.117〉、2006年、42-47頁。ISBN 978-4893191410
  • 『防衛庁技術研究本部二十五年史』技術研究本部、1978年。NCID BN01573744
  • 「技術開発官(誘導武器担当)」『技術研究本部50年史』技術研究本部、2002年。NCID BA62317928
  • 鳥養, 鶴雄「“支援戦闘機”F-1へのアプローチ-その設計思想と成果の位置付け」『三菱 F-1』文林堂〈世界の傑作機 No.117〉、2006年、26-29頁。ISBN 978-4893191410
  • 日高, 堅次郎、上原, 祥雄、大村, 平、今江, 久光「超音速高等練習機(XT-2)の開発」『日本航空宇宙学会誌』第26巻第294号、1978年、 336-352頁、 doi:10.2322/jjsass1969.26.336

関連項目編集