メインメニューを開く

86式歩槍繁体字: 86式戰鬥歩槍)は、中華民国国軍台湾軍)の制式アサルトカービン(突撃騎銃)。民国86年(西暦1997年)に制式化され、主に特殊部隊向けの配備が目指されたが、同91年に同銃に更に改良を加えた91式が制式化されたため生産、配備は少数にとどまった。

86式戰鬥歩槍 / Type 86
Type 86 carbine.jpg
85式グレネードランチャーを着装した86式ライフル
概要
種類 アサルトライフル
製造国 中華民国の旗 中華民国台湾
設計・製造 第205兵站廠
性能
口径 5.56mm
銃身長 375 mm
使用弾薬 5.56mm NATO弾
装弾数 30発バナナ形弾倉
作動方式 ガス圧利用(ショートストロークピストン式)、ターンロックボルト
全長

800 mm - 880 mm

(ストック伸縮 最短 - 最長)
重量 3.17 kg
発射速度 700 - 800発/分
銃口初速 840 m/s
有効射程 375 m
テンプレートを表示

65式から基本的な構造は受け継いでいるが、従来の単射・連射に加え3点制限点射機構が追加された[1]他、発射速度調整のため銃身上に新たに規整子が設置されている。

目次

使用国編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 切換レバー(セレクターレバー)上の配置は、9時方向より右回り90度ごとに、安全装置(刻印はS)・単射(1)・3点制限点射(3)・連射(A)
  2. ^ 中華民國軍方證實國造T86步槍及T91步槍銷往約旦

関連項目編集

外部リンク編集