946年白頭山噴火(946ねんはくとうさんふんか)は、946年(中国北部では代前期の会同9年、朝鮮半島では高麗前期、日本では平安時代中期の天慶9年)に起きた白頭山噴火である。

946年白頭山噴火[1]
Millenium-Eruption-map.jpg
火山噴出物推定分布図
火山白頭山
年月日946年
噴火様式プリニー式
場所高麗
北緯41度59分35秒 東経128度4分37秒 / 北緯41.99306度 東経128.07694度 / 41.99306; 128.07694
火山爆発指数7
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害

915年十和田湖の噴火を上回る、西暦紀元後では世界最大規模の噴火であったと考えられている[2]

高麗史』や『朝鮮史』におけるこの年についての記述に「是歳、天鼓鳴、赦」(この年、天鼓が鳴ったため罪人を赦免した)という噴火を裏付けるものがみられ、また『興福寺年代記』に記録された946年11月3日奈良の降灰は、白頭山由来のものである可能性が指摘されている[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 小山真人 (1995年7月20日). “日本被害噴火総覧(10)(通史編) 中国東北部・朝鮮の歴史噴火 (PDF)”. 日本火山学会史料火山学WGニュースレター「歴史噴火」10号. p. 2-4. 2018年11月17日閲覧。
  2. ^ a b 早川由紀夫・小山真人 (1998年). “日本海をはさんで10世紀に相次いで起こった二つの大噴火の年月日 十和田湖と白頭山”. 『火山』43巻5号. 特定非営利活動法人日本火山学会. p. 403-407. 2018年11月17日閲覧。