9K33 オサー9К33 Осаロシア語スズメバチの意味)、NATOコードネーム SA-8「ゲッコー(Gecko:ヤモリの意)」とは、ソビエト連邦短距離防空ミサイルである。

9K33 / SA-8
Rep parad5.jpg
サンクトペテルブルクでパレードに参加するロシア連邦軍の9K33M3
基礎データ
全長 9.14 m
全幅 2.8 m
全高 4.2 m
重量 17.5 t
乗員数 5名
装甲・武装
装甲 無し
主武装 地対空ミサイル9M33 6発
機動力
整地速度 80 km/h
エンジン 5D20B-300 ディーゼル
300 hp
懸架・駆動 6輪駆動
行動距離 250 km
出力重量比 17.14 hp/t
テンプレートを表示

目次

開発編集

1960年代に、最前線で陸上部隊の援護を行なう機動性の高い短距離対空ミサイルとして、陸・海・空軍共用のシステムを目指して開発が始まった。

開発過程でシステムの互換性は大きく失われたが、陸上型は1971年に量産を開始。翌1972年にソ連陸軍への配備が始まった。

構造編集

9K33の発射システムは、車体中央部の全周式ターレットに一体化した発射装置と管制装置が搭載された自己完結性の高いシステムである。システムは、中央前部に目標追尾レーダー、左右にミサイル管制レーダーがあり、その後方にミサイル発射装置、さらにその上部に回転式の目標捜索レーダーを搭載する。捜索レーダーは単独での回転が可能で、探知距離は30km。目標追尾レーダーは最大探知距離25km、有効探知距離20kmの能力を有する。

搭載車両は、リハチョフ記念工場傘下のブリャンスク自動車工場英語版ロシア語版で開発されたBAZ-5937ドイツ語版である。BAZ-5937は、オフロード走行を考慮して6輪駆動となっており、舟形の車体は非武装だが浮行可能で、水上移動はウォータージェットによって行なう。

搭載する対空ミサイル9M33は、1段式の固形燃料ロケットで、無線指令誘導方式で飛行するが、ECM対策用の光学追尾装置も有する。目標が高速か低速かで性能は変わるが、有効射程は1,500m~10,000m(高速目標)/2,000m~6,500m(低速目標)、有効射高は25m~5,000m(高速目標)/10m~5,000m(低速目標)。1台の9K33に搭載するミサイルは発射装置の6発のみであり、車内に予備弾は搭載しない。再装填は同じBAZ-5937を基に開発したTZM補給車両で行なう。TZMは32発の9K33を搭載する。

運用編集

ソ連地上軍に大量に配備された他、シリアヨルダンなど20カ国近くの軍で運用されている。中東の複数の紛争や湾岸戦争で実戦に用いられた他、南オセチア紛争では、ロシア陸軍グルジア陸軍が互いに9K33を用いている。

生産は1998年に終了しているが、後継車両となる9K330「トール」(NATOコードネーム:SA-15「ゴーントリト」)の生産・配備が進んでいないため、現在も多数が現役である。

派生型編集

 
9K33が使用する9M33ミサイル。画像は改良型の9M33M3。
9K33 オサー(SA-8A)
基本型。
9K33M オサーM(SA-N-4)
9K33オサーの艦対空ミサイルバージョン。
9K33M2 オサーAK(NATOコードネーム SA-8BゲッコーMod0)
1975年から部隊配備開始。ミサイル発射筒が密閉型になっている。
9K33M3 オサーAKM(NATOコードネーム SA-8BゲッコーMod1)
最大射程15km、電波妨害に対処するために有線誘導(光ファイバー)のミサイルを発射できる。


運用国編集

 
ポーランド陸軍で運用される9K33(奥)とTZM(手前)。

退役した国編集

登場作品編集

脚注編集

  1. ^ George, Edward in: The Cuban Intervention in Angola, 1965-1991, Frank Cass, London, New York, 2005, ISBN 0-415-35015-8, p. 236-237
  2. ^ Russian Army Equipment
  3. ^ Turkmen-Army Equipment

参考文献編集