メインメニューを開く
Aバス 北ルート用の車両 日野・ポンチョ(ショートボディ)

Aバス(エーバス)は、東京都昭島市が運営するコミュニティバスである。2001年平成13年)12月[1]1日開業。

運行開始時より立川バス拝島営業所に運行委託されてきたが[2]2018年7月1日より立川バス福生営業所の開設にともない移管されている。

運行内容編集

突然の雨の時に助かる置き傘サービスがあり、利用した乗客は次回乗車時に返却する。

運行ルート編集

2001年12月1日の開業時は、東ルートと西ルートのみであった。

2008年5月10日から、北ルートの運行を開始した[3]

東ルート編集

  • 昭島駅南口←松原高齢者センター←) 昭島駅南口 - 保健福祉センター - 中神駅 - 和田橋交差点 - (→ / ←玉川小学校) - (新道福島→福島→) - (→ / ←玉川小学校) - 八清通り南 - 東中神駅

90分間隔で東中神駅行き1日9本、昭島駅南口行き1日8本運転。新道福島循環区間は往復とも左回りの同一順序で停車。復路は玉川小学校経由で、昭島駅南口まで行った後松原高齢者センター循環経路を通る。

西ルート編集

  • 昭島駅南口→八高線ガード西→医師会館→拝島駅東→拝島会館→下林→(昭島市役所)→昭島駅南口→保健福祉センター→昭島駅南口

左回りの一方向循環。朝夕50分または55分間隔、日中60分間隔で1日13本運転。昭島市役所は日中の7本のみ経由。

北ルート編集

  • 中神駅北口→仲町公園北→昭島病院→朝日町交差点→保健福祉センター→昭島駅南口→堀向→美堀町四丁目→昭島駅南口→保健福祉センター→朝日町交差点→中神駅北口→うしお病院→中神駅北口

120分間隔で1日7本運転。第1便は昭島駅南口→朝日町交差点→中神駅北口間のみ、最終便は中神駅北口→昭島病院→朝日町交差点→昭島駅南口間のみ運転。

車両編集

 
Aバス 東・西ルート用の車両(新塗色)三菱ふそう・ローザ ※除籍済
 
Aバス 東・西ルート用の車両(旧塗色)三菱ふそう・ローザ ※除籍済

2008年5月10日の改正に合わせ、バスのデザインも森林をイメージした緑色から、市内小学生が描いた水色の現行カラーへ全車両が変更された。

現在の車両編集

過去の車両編集

  • 東ルート・西ルート - 三菱ふそう・ローザ
    29人乗りマイクロバス
    環境にやさしいCNG車に改造したもので、車椅子用のリフトが車両後部に装着されており、狭い道でも乗り降り可能にしている。

脚注編集

  1. ^ 土屋正忠『ムーバスの思想 武蔵野市の実践』東洋経済新報社、2004年、66頁。ISBN 4-492-22252-9
  2. ^ Aバスについて(路線図・時刻表ほか)- 昭島市 archive.isウェブアーカイブ)、2018年7月5日。
  3. ^ 広報あきしま 2008年4月15日号

関連項目編集

外部リンク編集