メインメニューを開く

A型肝炎(Aがたかんえん、Hepatitis A, HA)とは、A型肝炎ウイルス(HAV)が原因のウイルス性肝炎の一種である。多くは一過性の急性肝炎症状で終わり、治癒後は強い免疫を獲得する。症状消失後、1か月から2か月間はウイルスの排出が続く[1]

A型肝炎
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
感染症内科学[*]
ICD-10 B15
ICD-9-CM 070.1
DiseasesDB 5757
MedlinePlus 000278
eMedicine med/991 ped/977
Patient UK A型肝炎
MeSH D006506

目次

疫学編集

A型肝炎ウイルス(HAV)は全世界に分布する。感染力は比較的強く、患者の発生数と居住環境の衛生状態には関連性がある。上下水道が整備されている先進国での発生は少ないが、衛生環境の劣悪な地域では蔓延している。衛生環境が劣悪な地域の感染は、乳幼児期に感染する事が多いが流行はない。衛生環境が改善する過程では規模の大きな流行が見られ、1988年中華人民共和国上海市で30万人規模の流行があった。

衛生環境の整った先進国などでの感染は、抗体保有率が低いことから集団発生が見られる。また患者の発生報告には季節性があり、日本では例年春先になると感染者数が増加するが、その理由は明らかではない。戦後生まれの世代(大凡60歳以下)ではA型肝炎に対する抗体(HA抗体)を持っていない者が多く、これらの人々がA型肝炎の流行地へ旅行することで感染するパターンが多い。近年では汚染された輸入食材経由の感染が懸念されている。

潜伏期間が約1ヶ月と長いことから、未発症の感染者を感染源として食品を汚染し集団発生することがあるが、原因食材の特定には至らない場合も多い。

病原体編集

 
A型肝炎ウイルス

A型肝炎ウイルスはピコルナウイルス科ヘパトウイルス属に属するRNAウイルスである。発見当初、ピコルナウイルス科のエンテロウイルス属に分類されていたが、後にヘパトウイルス属として分類された。形状は、直径約27nmの裸の正20面体で、遺伝子型は7種類に分類されているが、血清型は1種類。

界面活性剤、エーテル、pH3 程度の酸、温度、乾燥に対して抵抗性が強いが、高圧滅菌、UV照射、 ホルマリン処理、塩素剤処理などで失活する。

感染源編集

経口感染

糞便を介した経口感染で、糞便に汚染された器具、手指等を経て感染する。また、ウイルスに汚染された水や野菜、魚介類などを生や加熱不十分なまま食べることによっても感染する。食物を介さずに、性行為による感染も報告されている。

日本での主な感染源は、カキ二枚貝と考えられているが、輸入野菜が感染源になった例も報告されている。

性行為感染

男性間の性行為による感染者の増加が報告されている[1]。また、2018年は36週(9月9日)までに例年の感染者数を大きく越える724人の感染が報告された[1][2]

臨床所見編集

感染編集

口から侵入したA型肝炎ウイルスは、消化管で吸収されて血流に乗り、肝臓へと到達する。感染後最初のウイルス増殖が何処で起こるのかは未解明であるが、肝臓でウイルスは増殖し胆汁中や血液中に放出されるが、肝細胞が破壊されることはない。ウイルスを含んだ胆汁は十二指腸へ排出されるが一部は腸管で再吸収され、残りは便中に排泄される。

潜伏期間は2週間から7週間(平均4週間)で[3]、やがて増殖したウイルスに対する免疫が働き始めHA抗体が作られるようになると免疫機構により肝細胞が攻撃され、A型肝炎の症状が出現する。肝炎の発症以前でも、感染者の糞便中にはA型肝炎ウイルスが排出されており、他人に感染させる原因となり得る。

A型肝炎の経過は慢性化することはほとんどなく急性肝炎の形をとり、ある時期を過ぎると治癒へ向かうことが多いが、稀に劇症肝炎(1%)や腎不全へと移行し重症化することがある。

症状編集

一般に小児では不顕性か発症しても軽い症状で終わることが多い。一方、成人では明瞭な黄疸症状を呈する事が多く灰白色便、発熱下痢腹痛吐き気嘔吐、全身倦怠感CRP上昇、プロトロンビン時間短縮などの症状[4]があり、初期には風邪と類似の症状がみられる場合がある。高齢者ほど症状が重くなりやすい。4週間から8週間で回復し慢性症状に移行することはないとされている。肝機能の回復には、1ヶ月から2ヶ月が必要とされ、肝機能が完全に回復するまでは禁酒が必要。黄疸が消えれば、肝機能検査の結果が完全に正常で無くとも、安全に職場復帰が可能。

合併症として、急性腎不全、貧血、心筋障害。

診断編集

血清中のIgM型HA抗体により確定診断するが、感染初期には約5%が陰性と診断される[1]

  • 触診、腹部エコーでの肝臓の腫大
  • 血液検査:肝機能検査、血清中のIgM型HA抗体(高IgM血症)、血清中のウイルス分析など。

IgG型HA抗体は治癒の指標となる。

  • 便検査 但し、細胞培養によるウイルス分離には長期間が必要なため、診断目的には利用されない。

治療編集

特異療法は無く対症療法が行われる[5]

  • 安静。
禁忌
肝代謝型の薬剤[1]

予防編集

ワクチン接種編集

  • A型肝炎の流行地へ旅行する際には、予めトラベルクリニックでA型肝炎ワクチン予防接種を行うことで、A型肝炎を予防することができる(トラベラーズワクチン)。発展途上国に中・長期(1か月以上)滞在する人、特に40歳以下に接種が推奨されている[6]
    • 海外旅行に限らず、日本でも散発的な発症があるため、定期接種にする必要性が唱えられている[7]
  • 日本の化学及血清療法研究所製A型肝炎ワクチン(エイムゲン)は、1995年から医療機関で使用されている。アフリカミドリザル腎臓由来細胞(GL37細胞)でA型肝炎ウイルス (KRM003株)を培養・精製した、乾燥組織培養A型肝炎不活化ワクチンである。対象年齢は16歳以上であったが、2013年(平成25年)3月から、16歳未満の小児へも拡大された。
    • 1歳以上であれば2~4週間の間隔で2回皮下または筋肉内に接種し、その6ヶ月後に3回目を接種する。3回の接種完了で約5年間有効とされているため、リスクがある場合には5年に一度の接種が推奨されている。
    • 正式な力価は公表されていないが、予測では約1200El.U.と思われる。アジュバントを含まないため免疫応答は緩徐であり、2回目の接種をした約2週間後に抗体がつくため、海外渡航前に最低2回の接種が必須である。
    • 世界のA型肝炎ワクチンの間に互換性は確認されていないため、エイムゲン接種を始めたら3回ともエイムゲンで完結させる必要がある。
  • 世界で利用されているA型肝炎ワクチン(不活化ワクチン)は、2回の筋肉内接種で済み、初回接種の6ヶ月以降に2回目の接種を受けることで、ブースター効果により20年以上有効と報告されている。
    • 対象年齢は満1歳からであり、アメリカ合衆国では2006年から定期接種になっている。ある製品の成人量力価は1440El.U.である。
    • 世界製品にはアジュバントを含むため、早期からの免疫応答が認められ、抗体価も上がりやすく、1回接種で約14日後に抗体がつくため、急な海外渡航でも間に合う。また、世界のA型肝炎ワクチンの間では、ワクチンの互換性に問題ないことが報告されている。
    • ワクチンの商品名はHavrix、またはB型肝炎ワクチンとの混合のTwinrixが一般的である。
  • 免疫グロブリンによる受動免疫の方法は推奨されていない[8]

従って、海外渡航前に4−6週間以上ある場合には選択肢は広がるが、4週間を切っている場合には、予防接種無しでの渡航、世界製品接種後の渡航、または免疫グロブリン接種後の短期渡航から選ぶことになる。なお、世界製品は日本未承認であるため、薬監証明をとって個人輸入しているトラベルクリニックでの予防接種となる。

食品編集

  • A型肝炎に限らず、各種の感染症を予防する観点から、海外では原則として水道水、生野菜、生の魚介類は避けた方が良い。
  • 食品を通してA型肝炎が発生した場合には食品検査が強化されることがある[9]

関連法規編集

出典編集

脚注編集

外部リンク編集