メインメニューを開く

A4Wは、アメリカ海軍原子力艦艇原子炉であり、推進力の発生と艦内への電力供給に利用される。

型式名の A4W は以下のような意味である。

この原子炉は加圧水型で、Bettis Atomic Power Laboratory と Knolls Atomic Power Laboratory が共同で設計[1] し、ウェスティングハウスが製造している。炉心の設計寿命は20年とされている[1]。 A4Wを搭載しているのはニミッツ級航空母艦のみであり、出力550MWのものが2基搭載されている。この原子炉により、140,000軸馬力(104MW)の推力と艦内で必要な電力を産み出すのに十分な蒸気を発生することができる[2]

 脚注編集

  1. ^ a b A4W”. US Navy Propulsion Systems. Federation of American Scientists (1999年2月27日). 2006年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年10月16日閲覧。 “current cores for the NIMITZ Class aircraft carrier ... last on average about 20 years”
  2. ^ US Navy Propulsion Systems”. Federation of American Scientists. 2006年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年10月16日閲覧。 “power per reactor ... 140,000 shp”