メインメニューを開く

ACACIA』(アカシア)は、2008年制作、2010年6月12日公開の日本映画。第22回東京国際映画祭コンベンション部門公式出品作品。

ACACIA -アカシア-
監督 辻仁成
脚本 辻仁成
製作 杉澤修一
出演者 アントニオ猪木
林凌雅
音楽 半野喜弘
主題歌 持田香織アカシア
撮影 中村夏葉
編集 大重裕二
配給 ビターズ・エンド
公開 日本の旗 2010年6月12日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

『目下の恋人』より6年ぶりとなる辻仁成監督作品であり、自作の小説『アカシアの花の咲き出す頃 -ACACIA-』の映画化作品である。アントニオ猪木初主演映画でもある。息子を失った元プロレスラーと親の愛情を知らずに育った少年との愛情と絆が描かれるヒューマンドラマ。

角川シネマ新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか、全国31スクリーン(初日4館、以降順次公開)でロードショー。小規模公開ながらぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第10位となっている。

ストーリー編集

片田舎の団地でひっそりと余生を送っていた元悪役覆面レスラーの大魔神。そんな彼の前に母親に置き去りにされた少年タクロウと出会い、やがて親子のようにお互いに絆を深めていった。

そして現実に向き合う勇気を手に入れるため、大魔神はタクロウを父親に、タクロウは大魔神の前妻に、お互いに引き合わせようとするのであった……。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督・脚本 - 辻仁成
  • 原作 - 『アカシアの花の咲き出す頃 -ACACIA-』(新潮社刊)2009年11月27日発行、ISBN 978-4-10-397706-3
  • 製作 - スカンヂナビア、竹中グリーンプロジェクト、jinsei film syndicate、ウォーターワン
  • プロデューサー - 杉澤修一
  • アソシエイトプロデューサー - 佐藤公美、岩淵規、片岡利歌
  • 撮影 - 中村夏葉
  • 音楽 - 半野喜弘
  • 美術 - 原田恭明
  • 録音 - 橋本泰夫
  • 照明 - 常谷良男
  • 編集 - 大重裕二
  • スプリクター - 岩倉みほ子
  • 助監督 - 久保田博紀
  • 制作担当 - 平原大志
  • 支援 - 文化庁
  • 配給・宣伝 - ビターズ・エンド

主題歌編集

アカシア
唄 - 持田香織
作詞・作曲 - Jinsei Tsuji

外部リンク編集