ACMソフトウェアシステム賞

ACMソフトウェアシステム賞ACM Software System Award)は、「概念面あるいは商業面、または両面における成功で長きに渡って影響を及ぼしたソフトウェアシステムを開発した」個人または団体を選定し毎年表彰する賞である。Association for Computing Machinery (ACM) が1983年に創設した。IBMがスポンサーとなっており、2011年時点で3万5千ドルの副賞も授与される[1]

2005年のACMソフトウェアシステム賞のトロフィ

受賞者編集

以下にACMソフトウェアシステム賞を受賞したソフトウェアと受賞者を示す[1]

脚注編集

外部リンク編集