メインメニューを開く

ADBSは、日本電気が開発販売するメインフレーム用のデータベース管理システムである。

目次

概要編集

ADBS(Advanced Data Base System)は、日本電気ネットワーク型データベース管理システム(DBMS)であり、CODASYL標準に準拠しており、COBOLなどから使用できる。

同社のデータ管理システムであるVISの構成要素でもあり、同社のメインフレームであるACOSシリーズおよび、その専用OSであるACOS-4ACOS-2の上で稼働する。

なおDataAccess/Serverを使用すれば、ADBS上のデータをJDBCおよびAOD.NETインターフェースでアクセスすることもできる。

現在の代表的なユーザーには三井住友銀行(旧住友銀行で使用していたACOS-4)があると言われている。

競合製品編集

関連項目編集

外部リンク編集