AFCアジアカップ

AFCアジアカップ
開始年 1956年
主催 AFC
地域 アジア
参加チーム数 16(本大会)
前回優勝  オーストラリア(1回目)
最多優勝  日本(4回)
サイト 公式サイト
テンプレートを表示

AFCアジアカップ: AFC Asian Cup)は、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの大陸選手権大会である。1956年に第1回大会が香港で行われ、以降4年ごとに開催されている。また、優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップへの出場権が与えられる。

目次

概要編集

当大会はアジア地域の大陸選手権大会として1956年に創設された。世界に6大会ある各大陸連盟選手権では、1916年に始まった南米選手権(コパ・アメリカ)に次いで2番目に古い[1]1988年大会から、優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップ(創設当初はキング・ファハド・カップ)への出場権が与えられている。また、かつてはアフロアジア選手権AFC/OFCチャレンジカップへの出場権も与えられていた。

2006年1月1日オーストラリアサッカー連盟OFCを脱退し、AFCに加盟した。オーストラリア代表は、2006年2月より当大会の予選に参加した。

賞金編集

第15回カタール大会まではアジアカップに賞金は無かった。第16回豪州大会からは総額1千万ドルの賞金を出す。[2]

開催方式編集

本大会は、4チームずつの4つのグループリーグ→各グループ上位2チームの計8チームによる決勝トーナメント、という流れで行われる。1968年大会までは、4~5チームによる全チーム総当りを採用、以後何度かのチーム数増加を経て、2004年大会からは16チームが本大会に出場している。

2007年大会の変更点
2011年大会の変更点
  • 開催地の選択におけるローテーション制が一部変更。東アジア及び東南アジアを東ゾーン、南&中央アジア及び西アジアを西ゾーンに統合し、東西ゾーン交互の開催に変更された(従って2011年大会は西ゾーンでの開催となる)。この理由としては、アジアカップの規模が大きくなったため、開催能力のある国・地域が限られることが挙げられる。
  • 次回大会への本大会シードが復活。2007年大会の上位3チームには2011年本大会への出場資格が与えられる。2015年大会においても、上位3チームのシードは変更されないが、次回開催国が3位以上に入った場合の4位チームの繰上げシードは認められない。
  • AFCチャレンジカップが予選を兼ねる。2008年大会及び2010年大会の優勝チーム(両大会の優勝チームが同一の場合は2010年大会の準優勝チーム)に2011年本大会への出場資格が与えられる。
2019年大会の変更点
2019年から本大会の本選出場権を従来の16から8か国増やし24か国にする。これに伴い再び、前回優勝・上位入賞国(3位まで)は出場権を直接は得られなくなった[3][4][5]。また、AFCチャレンジカップは2014年大会をもって終了することとなった[3]
当初はAFCチャレンジカップの優勝国には代わりに本戦出場権を賭けたプレーオフ(予選で本戦出場権を得られなかったチームのうち上位2チームと対戦)に出場するとしていた[6]
今回の改正は2018年ワールドカップ・ロシア大会のアジア2次予選とアジアカップ2019の予選を共有する方式を採用する。2次予選(4-5か国ずつ×8組)を勝ち抜いた上位12か国(2次予選終了時点での1位8か国+2位のうちで勝ち点上位4か国)は、W杯アジア最終予選に進出するとともにアジアカップの出場権を得る。これに加え、それ以外の国のうち上位24か国は4チームずつの6組に分かれてアジアカップの残りの12枠を争う。[3]アジアカップ主催国は無条件にアジアカップ本大会に出場できるものの、上述の通り2次予選まではアジアカップ予選がワールドカップ予選も兼ねているため、アジアカップ主催国も2次予選までは出場する。

結果編集

※1968年イラン大会までは、総当たり戦のみ実施し順位を決定

開催年 開催国 決勝戦 3位決定戦 出場
国数
優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位
1 1956年   イギリス香港   韓国 -----   イスラエル   香港 -----   南ベトナム 4
2 1960年   韓国   韓国 -----   イスラエル   台湾 -----   南ベトナム 4
3 1964年   イスラエル   イスラエル -----   インド   韓国 -----   香港 4
4 1968年   イラン   イラン -----   ビルマ   イスラエル -----   台湾 5
5 1972年   タイ   イラン 2 - 1 aet   韓国   タイ 2 - 2 aet
(PK 5 - 3)
  カンボジア 6
6 1976年   イラン   イラン 1 - 0   クウェート   中国 1 - 0   イラク 6
7 1980年   クウェート   クウェート 3 - 0   韓国   イラン 3 - 0   北朝鮮 10
8 1984年   シンガポール   サウジアラビア 2 - 0   中国   クウェート 1 - 1 aet
(PK 3 - 2)
  イラン 10
9 1988年   カタール   サウジアラビア 0 - 0 aet
(PK 4 - 3)
  韓国   イラン 0 - 0 aet
(PK 3 - 0)
  中国 10
10 1992年   日本   日本 1 - 0   サウジアラビア   中国 1 - 1 aet
(PK 3 - 2)
  アラブ首長国連邦 8
11 1996年   アラブ首長国連邦   サウジアラビア 0 - 0 aet
(PK 4 - 2)
  アラブ首長国連邦   イラン 1 - 1 aet
(PK 3 - 2)
  クウェート 12
12 2000年   レバノン   日本 1 - 0   サウジアラビア   韓国 1 - 0   中国 12
13 2004年   中国   日本 3 - 1   中国   イラン 4 - 2   バーレーン 16
14 2007年   インドネシア
  マレーシア
  タイ
  ベトナム
  イラク 1 - 0   サウジアラビア   韓国 0 - 0 aet
(PK 6 - 5)
  日本 16
15 2011年   カタール   日本 1 - 0 aet   オーストラリア   韓国 3 - 2   ウズベキスタン 16
16 2015年   オーストラリア   オーストラリア 2 - 1 aet   韓国   アラブ首長国連邦 3 - 2   イラク 16
17 2019年   アラブ首長国連邦 24

統計・記録編集

代表別通算成績編集

国・地域名
1   イラン 13 3 0 4 1 62 37 18 7 129 119 45 +74
2   韓国 13 2 4 4 0 62 32 16 14 112 100 62 +38
3   日本 8 4 0 0 1 41 24 12 5 84 80 38 +42
4   中国 11 0 2 2 2 51 20 13 18 73 81 58 +23
5   サウジアラビア 9 3 3 0 0 44 19 13 12 70 63 45 +18
6   クウェート 10 1 1 1 1 42 15 10 17 55 47 51 -4
7   イラク 8 1 0 0 2 35 13 7 15 46 38 42 -4
8   アラブ首長国連邦 9 0 1 1 1 38 12 9 17 45 33 51 -18
9   ウズベキスタン 6 0 0 0 1 24 11 3 10 36 35 44 -9
10   オーストラリア 3 1 1 0 0 16 10 3 3 33 34 10 +24
11   カタール 9 0 0 0 0 32 6 11 15 29 33 46 -13
12   イスラエル 4 1 2 1 0 13 9 0 4 27 28 15 +13
13   シリア 5 0 0 0 0 18 7 2 9 23 15 23 -8
14   バーレーン 5 0 0 0 1 19 4 5 10 17 26 34 -8
15   ヨルダン 3 0 0 0 0 11 4 4 3 16 13 9 +4
16   北朝鮮 4 0 0 0 1 15 3 2 10 11 14 26 -12
17   タイ 6 0 0 1 0 20 1 8 11 11 15 45 -30
18   オマーン 3 0 0 0 0 9 2 3 4 9 6 11 -5
19   インドネシア 4 0 0 0 0 12 2 2 8 8 10 28 -18
20   ミャンマー 1 0 1 0 0 4 2 1 1 7 5 4 +1
21   インド 3 0 1 0 0 10 2 1 7 7 8 23 -15
22   マレーシア 3 0 0 0 0 9 1 3 5 6 7 20 -13
23   チャイニーズタイペイ 2 0 0 1 1 7 1 2 4 5 6 13 -7
24   シンガポール 1 0 0 0 0 4 1 1 2 4 3 4 -1
25   カンボジア 1 0 0 0 1 5 1 1 3 4 8 10 -2
26   ベトナム 1 0 0 0 0 4 1 1 2 4 4 7 -3
27   香港 3 0 0 1 1 10 0 3 7 3 9 23 -14
28   レバノン 1 0 0 0 0 3 0 2 1 2 3 7 -4
29   トルクメニスタン 1 0 0 0 0 3 0 1 2 1 4 6 -2
30   南ベトナム 2 0 0 0 2 6 0 1 5 1 9 22 -13
31   南イエメン 1 0 0 0 0 2 0 0 2 0 0 9 -9
32   パレスチナ 1 0 0 0 0 3 0 0 3 0 1 11 -10
33   バングラデシュ 1 0 0 0 0 4 0 0 4 0 2 17 -15
  • データは2015年大会終了時点
  • 太字は優勝経験のある国・地域で、太数字は最多記録
  • 国・地域名は現在の名称で統一した(南ベトナム南イエメンを除く)
  • 順位は通算勝点の多い順で、通算勝点が同数の場合は得失点差の優れた方を、得失点差も同数の場合は総得点の多い方を上にした
  • 1988年大会までの勝点は<勝=2、分=1、敗=0>であったが、通算成績では現行と同じ<勝=3、分=1、敗=0>で統一した
  • PK戦で決着がついた試合は記録上引分となる
  • イスラエルは現在UEFAに加盟
  • 南ベトナム南イエメンは現在は存在しない

優勝回数編集

回数 国名
4回   日本 1992,2000,2004,2011
3回   イラン 1968,1972,1976
  サウジアラビア 1984,1988,1996
2回   韓国 1956,1960
1回   イスラエル 1964
  クウェート 1980
  イラク 2007
  オーストラリア 2015

開催国の成績編集

大会 開催国 成績
1956   香港 3位
1960   韓国 優勝
1964   イスラエル 優勝
1968   イラン 優勝
1972   タイ 3位
1976   イラン 優勝
1980   クウェート 優勝
1984   シンガポール グループステージ
1988   カタール グループステージ
1992   日本 優勝
1996   アラブ首長国連邦 準優勝
2000   レバノン グループステージ
2004   中国 準優勝
2007   ベトナム ベスト8
  インドネシア グループステージ
  タイ グループステージ
  マレーシア グループステージ
2011   カタール ベスト8
2015   オーストラリア 優勝

前回優勝国の成績編集

大会 前回優勝国 成績
1956
1960   韓国 優勝
1964   韓国 3位
1968   イスラエル 3位
1972   イラン 優勝
1976   イラン 優勝
1980   イラン 3位
1984   クウェート 3位
1988   サウジアラビア 優勝
1992   サウジアラビア 準優勝
1996   日本 ベスト8
2000   サウジアラビア 準優勝
2004   日本 優勝
2007   日本 4位
2011   イラク ベスト8
2015   日本 ベスト8

地域連盟別最高成績編集

地域連盟 最高成績 達成国 (回数)
WAFF(西アジア) 優勝9回   イラン (3),   サウジアラビア (3),   イスラエル (1),   クウェート (1),   イラク (1)
EAFF(東アジア) 優勝6回   日本 (4),   韓国 (2)
AFF(東南アジア) 優勝1回   オーストラリア (1)
SAFF(南アジア) 準優勝1回   インド (1)

個人通算得点編集

順位 選手名 得点数
1   アリ・ダエイ 14
2   李東国 10
3   高原直泰 9
4   ジャーシム・アル・フウェイディ 8
  ユニス・マフムード
6   ホセイン・キャラーニー 7
  ベフターシュ・ファリーバー
  崔淳鎬
  ファイサル・アル=ダヒル
10   ヤセル・アル・カフタニ 6
  アレクサンドル・ゲインリフ
  ティム・ケーヒル

ハットトリック編集

選手名 得点数 経過時間 国籍 試合結果 対戦国 大会 ステージ
1 ホセイン・キャラーニー 3 34', 70', 78'   イラン 3 - 0   イラク 1972 グループステージ
2 アリー・ジャバーリー 3 80', 86', 88'   イラン 3 - 2   タイ 1972 グループステージ
3 ゴラームホセイン・マズローミー 3 63', 74', 80'   イラン 8 - 0   南イエメン 1976 グループステージ
4 ベフターシュ・ファリーバー 4 11', 34', 80', 82'   イラン 7 - 0   バングラデシュ 1980 グループステージ
5 崔淳鎬 3 26', 53', 78'(P)   韓国 4 - 1   アラブ首長国連邦 1980 グループステージ
6 沈祥福 3   中国 6 - 0   バングラデシュ 1980 グループステージ
7 徐永来 3   中国 6 - 0   バングラデシュ 1980 グループステージ
8 アリ・ダエイ 4 66', 76', 83', 89'(P)   イラン 6 - 2   韓国 1996 準々決勝
9 西澤明訓 3 14', 25', 49'   日本 8 - 1   ウズベキスタン 2000 グループステージ
10 高原直泰 3 18', 20', 57'   日本 8 - 1   ウズベキスタン 2000 グループステージ
11 李東国 3 30', 76', 90+1'   韓国 3 - 0   インドネシア 2000 グループステージ
12 モハメド・アル=シャルフーブ 3 35', 78', 86'   サウジアラビア 5 - 0   ウズベキスタン 2000 グループステージ
13 アリ・カリミ 3 10', 20', 77'   イラン 4 - 3   韓国 2004 準々決勝
14 イスマイール・アブドゥラティフ 4 16', 19', 35', 77'   バーレーン 5 - 2   インド 2011 グループステージ
15 岡崎慎司 3 8', 13', 80'   日本 5 - 0   サウジアラビア 2011 グループステージ
16 ハムゼ・アッ=ダルドゥール 4 35', 45+2', 70', 80'   ヨルダン 5 - 1   パレスチナ 2015 グループステージ

1試合得点数編集

個人通算出場回数編集

回数 選手名 大会
4   遠藤保仁 2004,2007,2011,2015
4   セルヴェル・ジェパロフ 2004,2007,2011,2015
4   ティムル・カパーゼ 2004,2007,2011,2015
4   イグナティ・ネステロフ 2004,2007,2011,2015
4   ユニス・マフムード 2004,2007,2011,2015
4   サウド・カリリ 2004,2007,2011,2015
4   ビラル・モハメド 2004,2007,2011,2015
4   ジャバド・ネクナム 2004,2007,2011,2015
4   メフディ・マハダヴィキア 1996,2000,2004,2007
4   李明 1992,1996,2000,2004
4   アドナン・アル・タリヤニ 1984,1988,1992,1996

優勝監督編集

大会 監督名 優勝国
1956   李裕灐   韓国
1960   ウィ・ヘドク   韓国
1964   ヨセフ・メリモビッチ   イスラエル
1968   マフムード・バヤーティー   イラン
1972   モハンマド・ランジュバル   イラン
1976   ヘシュマト・モハージェラーニー   イラン
1980   カルロス・アルベルト・パレイラ   クウェート
1984   ハリール・アッ=ザヤーニー   サウジアラビア
1988   カルロス・アルベルト・パレイラ   サウジアラビア
1992   ハンス・オフト   日本
1996   ネロ・ヴィンガーダ   サウジアラビア
2000   フィリップ・トルシエ   日本
2004   ジーコ   日本
2007   ジョルヴァン・ヴィエイラ   イラク
2011   アルベルト・ザッケローニ   日本
2015   アンジェ・ポステコグルー   オーストラリア

開催実績編集

大会 開催国 試合数
ゴール数
1試合平均
ゴール数

入場者数
1試合平均
入場者数
1956   イギリス香港 6 27 4.50
1960   韓国 6 19 3.17
1964   イスラエル 6 13 2.17 99,000 16,500
1968   イラン 10 32 3.20
1972   タイ 13 38 2.92
1976   イラン 10 25 2.50
1980   クウェート 24 76 3.17
1984   シンガポール 24 44 1.83
1988   カタール 24 40 1.67
1992   日本 16 31 1.94 316,496 19,781
1996   アラブ首長国連邦 26 80 3.08 398,008 15,308
2000   レバノン 26 77 2.96 276,482 10,634
2004   中国 32 96 3.00 1,020,050 31,877
2007   ベトナム
  インドネシア
  タイ
  マレーシア
32 84 2.63 724,222 22,632
2011   カタール 32 90 2.81 405,361 12,668
2015   オーストラリア 32 85 2.66 649,705 20,303

表彰編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集