AFCアジアカップ2004

AFCアジアカップ2004は、第13回AFCアジアカップで、開催国は中華人民共和国(以下、中国)であった。アテネオリンピックの直前となる2004年7月17日から同年8月7日にかけて、中国の4都市(北京重慶成都済南)を開催地として試合が行われた。日本がレバノン大会に続いて2連覇を果たし、2005年に開催されるFIFAコンフェデレーションズカップドイツ大会への出場資格が与えられた。最優秀選手には日本の中村俊輔が選ばれた。

 AFCアジアカップ2004
2004 AFC Asian Cup
大会概要
開催国 中華人民共和国の旗 中国
日程 2004年7月17日 - 8月7日
チーム数 16 (AFC連盟)
開催地数 (4都市)
大会結果
優勝 日本の旗 日本 (3回目)
準優勝 中華人民共和国の旗 中国
3位 イランの旗 イラン
4位 バーレーンの旗 バーレーン
大会統計
試合数 32試合
ゴール数 96点
(1試合平均 3点)
総入場者数 1,020,050人
(1試合平均 31,877人)
得点王 イランの旗アリ・カリミ
バーレーンの旗アラー・フバイル(5点)
最優秀選手 日本の旗中村俊輔
 < 20002007

目次

大会総括編集

各国のレベル均等化編集

本大会では、中東諸国をはじめとするサッカー新興諸国のレベル向上が顕著に見られた[要出典]。バーレーンやヨルダンはその典型例で、両者は前回大会には出場すらできなかったにもかかわらず、それぞれベスト4、ベスト8の好成績を挙げている。ヨルダンは準々決勝で日本と死闘を演じ、PK戦では日本をあと一歩のところまで追いつめた。 そんな中で、日本代表はベテランの域に達した中田英寿を腰痛による招集辞退で欠きながらも、決勝トーナメントでは苦戦の連続を制し、二大会連続の優勝を飾った。

また、中央アジア、東南アジアからも2チームが出場を果たしている。これは、出場枠が前回より4増えたことにもよるが、当時のAFC会長は「前回大会と比べて全体の競技レベルは下がらず、むしろ上がったように感じた」と今大会全体を総括している。これらの現象は、同様にサッカー新興国である日本が、欧州の強化システムを導入して短期間でアジアトップレベルに到達し、2002年ワールドカップで決勝トーナメント進出を達成するまでに至ったことに触発されたものと考えられている。

その一方で、日本躍進の立役者の一人でもあったフィリップ・トルシエが、成績不振を理由に大会途中でカタール代表監督を解任されるなど、以前から中東諸国で散見される粛清人事も見られた。

中国人による反日行為編集

日本はグループステージから決勝までの数試合、国歌演奏時や試合中に激しいブーイングを受けるなど露骨な反日行為に晒された。そして、日本代表を率いていたジーコ監督も「国歌演奏のときにブーイングするのは納得がいかない」と中国人のマナーの悪さに怒りを露わにした。特に、準々決勝のヨルダン戦では、日本の国歌演奏では観客の半数ほどは座ったままで、試合中は激しいブーイングが起き、PK戦では日本が外すと大歓声が起きた。この試合で日本は勝利を収めたものの、日本の勝利が決まった瞬間、日本のサポーターが歓声を上げると周りの観衆は紙コップなどのゴミをサポーターに向かって投げつけ、罵声を浴びせた。終了後、日本サポーターは警備員に囲まれて会場を後にした。尖閣諸島の領有権を主張する横断幕も掲げられ、観客のほとんどはヨルダンを応援していた。

重慶市内の中国人大学生は「小泉首相の靖国神社参拝など日本政府に不満があり、こんなに何万人もの人と一緒に不満を表せる機会はなく、とても楽しい」と話した。また中国政府は反日行為が行われるとの情報を事前につかみ、自国の対外イメージを考慮し日本の試合が一部生中継されなかった。

中国青年報は、反日行為について「こうした愛国には誰も喝采しない」とし「スポーツと政治を混同するな」と指摘し「北京五輪が待っていることを忘れるな」とも書いている。中国紙が反日行為を咎めるのは珍しく、上記の生中継中止も含めて、2008年の北京五輪を前に人種差別的な行為に対する国際社会からの非難を避けたかったがための中国共産党の対応だったといえる(中国では香港マカオを除きほぼ全てのメディアが中国共産党の影響下にあるため。ただ、香港・マカオでも中国共産党色の強いメディアが増えている)[1]

U-23イラク代表の奮闘編集

イラク代表は、イラク戦争の戦乱により多くのA代表選手を失っていた。そこで将来へ向けての強化策として、2000年AFCユース選手権で優勝した世代で、この年に開催されるアテネ五輪への出場を決めていた23歳以下の代表で臨むことを決めた。

このような事情もあって彼らの大会前の評判は低かったものの、いざ大会が始まるとグループリーグでサウジアラビアを2-1で破り、グループ2位で決勝トーナメント進出を果たした。準々決勝で地元中国に0-3で敗れたが、今大会の経験がアテネ五輪で4位に食い込む原動力のひとつとなり、3年後のアジアカップで優勝を果たした。

PK戦中のサイド変更編集

準々決勝、日本-ヨルダン戦は同点のままPK戦にもつれ込んだ。日本の第一キッカー中村俊輔、第二キッカー三都主アレサンドロはいずれも枠を外してしまったが、これはPKスポット付近の芝が荒れており、軸足が滑ったためである。これを見かねた主将の宮本恒靖は「こんなPK戦はフェアではない」と主審に詰め寄り英語で交渉、主審の判断によりPKサイドが変更されるという珍事が発生した[2]。サイド変更後のPK戦は、日本のゴールキーパー川口能活が神がかり的なセーブを連発し、各7名のキッカーで4-3という接戦を制した。ちなみに日本の最後のキッカーは当のキャプテン宮本であった。

予選編集

本大会編集

全試合、試合開始時刻は中国標準時UTC+8)である。

本大会出場国編集

前回大会より4枠増え、16ヶ国による対戦となった。

開催都市とスタジアム編集

都市 競技場
北京市 北京工人体育場
済南市 山東体育場
成都市 成都竜泉駅足球場
重慶市 重慶オリンピック・スポーツセンター

グループリーグ編集

出場16チームを4グループに分けて1回戦総当たり方式で行われた。 上位2チームがノックアウト方式の決勝トーナメントに進出した。

グループA編集

国名 勝点 試合 得点 失点
  中国 7 3 2 1 0 8 2 +6
  バーレーン 5 3 1 2 0 6 4 +2
  インドネシア 3 3 1 0 2 3 9 -6
  カタール 1 3 0 1 2 2 4 -2

  中国 2 - 2   バーレーン
鄭智   58分 (pen.)
李金羽   66分
モハメド・フバイル   41分
フセイン・アリ   89分
北京工人体育場北京
観客数: 40,000人

  カタール 1 - 2   インドネシア
マジド・ムハメド   83分 ブディ・スダルソノ   26分
ポナリオ・アスタマン   48分
北京工人体育場北京
観客数: 5,000人

  バーレーン 1 - 1   カタール
モハメド・フバイル   90+1分 ウェサム・リジク   58分 (pen.)
北京工人体育場北京
観客数: 48,000人

  中国 5 - 0   インドネシア
邵佳一   24分65分
郝海東   39分
李明   51分
李毅   80分
北京工人体育場北京
観客数: 48,000人

  バーレーン 3 - 1   インドネシア
フセイン・アリ   43分
アラ・フバイル   57分
タラル・ユスフ   82分
エリー・アイボイ   75分
山東体育場済南
観客数: 20,000人

  中国 1 - 0   カタール
徐云龙   78分
北京工人体育場北京
観客数: 60,000人

グループB編集

国名 勝点 試合 得点 失点
  韓国 7 3 2 1 0 6 0 +6
  ヨルダン 5 3 1 2 0 2 0 +2
  クウェート 3 3 1 0 2 3 7 -4
  アラブ首長国連邦 1 3 0 1 2 1 5 -4

  韓国 0 - 0   ヨルダン
山東体育場済南
観客数: 26,000人

  クウェート 3 - 1   アラブ首長国連邦
バシャール・アブドゥッラー   25分
バデル・アル・ムトワ   40分45分
ラシッド   47分
山東体育場済南
観客数: 31,250人

  ヨルダン 2 - 0   クウェート
カーレド・サイード   90+2分
アル・ズボン   90+3分
山東体育場済南
観客数: 28,000人

  アラブ首長国連邦 0 - 2   韓国
李東国   41分
安貞桓   90+1分
山東体育場済南
観客数: 30,000人

  韓国 4 - 0   クウェート
李東国   24分40分
車ドゥリ   45+1分
安貞桓   75分
山東体育場済南
観客数: 15,000人

  ヨルダン 0 - 0   アラブ首長国連邦
北京工人体育場北京
観客数: 25,000人

グループC編集

国名 勝点 試合 得点 失点
  ウズベキスタン 9 3 3 0 0 3 0 +3
  イラク 6 3 2 0 1 5 4 +1
  トルクメニスタン 1 3 0 1 2 4 6 -2
  サウジアラビア 1 3 0 1 2 3 5 -2

  サウジアラビア 2 - 2   トルクメニスタン
ヤセル・アル・カフタニ   9分 (pen.)59分 ナザール・バイラモフ   7分
Begençmuhammet Kulyýew   90+3分
成都竜泉駅足球場成都
観客数: 12,400人

  イラク 0 - 1   ウズベキスタン
カシモフ   21分
成都竜泉駅足球場成都
観客数: 12,400人

  トルクメニスタン 2 - 3   イラク
Wladimir Baýramow   14分
Begençmuhammet Kulyýew   85分
ハワル・ムラ・モハメド   12分
ラザク・ファルハン   81分
クサイ・ムニール   88分
成都竜泉駅足球場成都
観客数: 22,000人

  ウズベキスタン 1 - 0   サウジアラビア
ゲインリフ   11分
成都竜泉駅足球場成都
観客数: 22,000人


グループD編集

国名 勝点 試合 得点 失点
  日本 7 3 2 1 0 5 1 +4
  イラン 5 3 1 2 0 5 2 +3
  オマーン 4 3 1 1 1 4 3 +1
  タイ 0 3 0 0 3 1 9 -8

  日本 1 - 0   オマーン
中村俊輔   34分

  イラン 3 - 0   タイ
レザ・エナヤティ   70分
ジャバド・ネクナム   80分
アリ・ダエイ   86分 (pen.)

  オマーン 2 - 2   イラン
イマド・アル・ホサニ   32分41分 アリ・カリミ   72分
モハマド・ノスラティ   90+4分

  タイ 1 - 4   日本
ステー・スクサムキット   11分 中村俊輔   21分
中澤佑二   56分87分
福西崇史   68分

  オマーン 2 - 0   タイ
ランサン・ビバチャイチョック   11分 (o.g.)
イマド・アル・ホサニ   49分
成都竜泉駅足球場成都
観客数: 13,000人

  日本 0 - 0   イラン

決勝トーナメント編集

ノックアウト方式で行われ、90分間の試合で勝敗が決しない場合は30分の(ゴールデンゴール方式やシルバーゴール方式でない)延長戦が行われ、さらに勝敗が決しない場合はPK戦によって勝者を決した。

トーナメント編集

準々決勝 準決勝 決勝
                   
7月30日 - 北京        
   中国 3
8月3日 - 北京
   イラク 0  
   中国 1(PK4)
7月31日 - 済南
     イラン 1(PK3)  
   韓国 3
8月7日 - 北京
   イラン 4  
   日本 3
7月30日 - 成都
     中国 1
   ウズベキスタン 2(PK3)
8月3日 - 済南
   バーレーン 2(PK4)  
   バーレーン 3 3位決定戦
7月31日 - 重慶
     日本 4(aet)  
   日本 1(PK4)    イラン 4
   ヨルダン 1(PK3)      バーレーン 2
8月6日 - 北京

準々決勝編集

  ウズベキスタン 2 - 2
(延長)
  バーレーン
アレクサンドル・ゲインリフ   60分
Vladimir Shishelov   86分
アラ・フバイル   71分  76分
  PK戦  
Andrei Fyodorov  
セルヴェル・ジェパロフ  
アレクサンドル・ゲインリフ  
Marat Bikmaev  
Leonid Koshelev  
3 – 4   フセイン・アリ
  モハメド・ジュマ
  フセイン・ババ
  ファルハン
  アラ・フバイル
成都竜泉駅足球場成都
観客数: 18,000人

  中国 3 - 0   イラク
郝海東   8分
鄭智   79分 (pen.)90+2分 (pen.)
北京工人体育場北京
観客数: 60,000人

  日本 1 - 1
(延長)
  ヨルダン
鈴木隆行   14分 モハメド・シェルバイエ   11分
  PK戦  
中村俊輔  
三都主アレサンドロ  
福西崇史  
中田浩二  
鈴木隆行  
中澤佑二  
宮本恒靖  
4 – 3   アブズマ
  ラテブ
  ハテム
  シュボウル
  ファイサル
  アナス
  バシャル

  韓国 3 - 4   イラン
薛琦鉉   16分
李東国   25分
金南一   68分
アリ・カリミ   10分20分77分
朴珍燮   51分 (o.g.)
山東体育場済南
観客数: 20,000人

準決勝編集

  バーレーン 3 - 4
(延長)
  日本
アラ・フバイル   6分   71分
ナーセル   85分
中田浩二   48分
玉田圭司   55分93分
中澤佑二   90分
山東体育場済南
観客数: 32,000人

3位決定戦編集

  イラン 4 - 2   バーレーン
ジャバド・ネクナム   9分
アリ・カリミ   52分
アリ・ダエイ   80分 (pen.)  90分
タラル・ユスフ   48分
ファルハン   57分
北京工人体育場北京
観客数: 10,000人

決勝編集

  中国 1 - 3   日本
李明   33分 福西崇史   22分
中田浩二   65分
玉田圭司   90+1分
北京工人体育場北京
観客数: 62,000人

最終結果編集

 AFCアジアカップ2004優勝国 
 
日本
2大会連続3度目

表彰編集

関連項目編集

脚注編集