AFCチャンピオンズリーグ2020 グループリーグ

AFCチャンピオンズリーグ2020 > グループリーグ

AFCチャンピオンズリーグ2020 グループリーグ(AFC Champions League 2020 group stage) は、2020年2月10日から5月6日まで開催される予定[1]AFCチャンピオンズリーグ2020のグループステージである。予選プレーオフを勝ち抜いた8チームと、直接本戦出場権を獲得した24チームの計32チームで行われる。各グループを勝ち抜いた16チームが決勝トーナメントへ進出する[2]

第3節の一部の試合が消化された時点で新型コロナウイルス (COVID-19) 感染症による影響により日程が全て中断され[3]、日程とレギュレーションが大幅に変更された[4]

抽選編集

抽選は2019年12月10日にマレーシアクアラルンプールにあるAFCハウスにて行われた[5]。4チームずつ8つのグループ(西アジア地区:A-D、東アジア地区:E-H)に振り分けられた。同じ協会から進出するチームが同じグループにならないように抽選された。

具体的な振り分け方法は以下の通りであった[6]

  • 西アジア地区は、複数チームが参加することが決まっている4協会(アラブ首長国連邦サウジアラビアカタールイラン)にポジションを割り当て、2協会について抽選が行われた。
    • ストレートインが3チームいるアラブ首長国連邦はA1・B2・C3のポジションに入ることが決まっており、4チーム目が進出する可能性がある「プレーオフ1」勝者がD4に割り当てられた。
    • 同じくサウジアラビアはB1・C2・D3のポジションに入ることが決まっており、4チーム目が進出する可能性がある「プレーオフ2」勝者がA4に割り当てられた。
    • ストレートインが2チームいるカタールはC1・D2のポジションが割り当てられ、3・4チーム目が進出する可能性がある「プレーオフ3」および「プレーオフ4」勝者がA3及びB4に割り当てられた。
    • 同じくイランはD1及びC4のポジションが割り当てられた(イランもカタールと同じプレーオフ3及び4に割り当てられている)。
    • 残ったB3とA2のポジションにウズベキスタンとイラクのストレートインのチームを割り当てた。
  • 東アジア地区は、3チーム以上が参加することが決まっている2協会(韓国中国)の順序を決め、次に、この2協会と2チーム以上が参加することが決まっている2協会(日本オーストラリア)を加えた4協会についてポジションを割り当て、2協会について抽選が行われた。
    • まずストレートインが3チームいる韓国と中国の抽選を行い、先に決まった協会にE1・F2・G3のポジションを与え、4チーム目が進出する可能性がある「プレーオフ1」勝者(韓国)または「プレーオフ2」勝者(中国)のいずれかをH4に割り当てた。一方、後に決まった協会にはF1・G2・H3のポジションを与え、4チーム目が進出する可能性がある「プレーオフ1」または「プレーオフ2」勝者のいずれかをE4に割り当てた(実際には中国が先に決まってE1・F2・G3が割り当てられ、プレーオフ2勝者がH4に割り当てられた)。
    • ストレートインが2チームいる日本は、G1・H2のポジションが割り当てられ、3・4チーム目が進出する可能性がある「プレーオフ3」及び「プレーオフ4」勝者は、最初の抽選で韓国が選ばれた場合はF4・E3に、中国が選ばれた場合はE4・F3に割り当てた。
    • 同じくオーストラリアは、最初の抽選で韓国が選ばれた場合またはプレーオフ4勝者がE3に割り当てられた場合はH1・F3に、最初の抽選で中国が選ばれた場合またはプレーオフ3勝者がE3に割り当てられた場合はH1・E2のポジションが割り当てられた。
    • 残ったポジションにタイとマレーシアを割り当てた。


カントリーポットの抽選結果が以下の通りである

地区 ポジション カントリー
ポット
東地区 E1, F2, G3, H4   中国+(PO2勝者)
F1, G2, H3, E4   韓国+(PO1勝者)


括弧内の打ち消しされたクラブは抽選時のクラブである

地区 グループ 1 2 3 4
西地区 A   アル・ワフダ   アル・ショルタ   エステグラル (PO4勝者)   アル・アハリ (PO2勝者)
B   アル・ヒラル   シャバブ・アル・アハリ   パフタコール   シャフリ・ホドロ (PO3勝者)
C   アル・ドゥハイル   アル・タアーウン   シャールジャ   ペルセポリス
D   セパハン   アル・サッド   アル・ナスル   アル・アイン (PO1勝者)
東地区 E   北京国安   チェンライ・ユナイテッド   メルボルン・ビクトリー (PO4勝者)   FCソウル (PO1勝者)
F   蔚山現代   上海申花   パース・グローリー   FC東京 (PO3勝者)
G   ヴィッセル神戸[注釈 1]   水原三星ブルーウィングス   広州恒大   ジョホール・ダルル・タクジム
H   シドニーFC   横浜F・マリノス   全北現代モータース   上海上港 (PO2勝者)


大会フォーマット編集

各グループ内でホーム・アンド・アウェー2回戦総当たり(各チーム6試合)のリーグ戦を戦い、グループ内の上位2チームがラウンド16に進出する。勝ち点は勝利3、引き分け1、敗退0として計算を行う。

各グループで勝ち点が同点のチームが2つ以上ある場合は、以下の順に比較して順位を決定する(規則第10.5項)[2]

  1. 当該チーム同士の対戦における、勝ち点の多少
  2. 当該チーム同士の対戦における、得失点差
  3. 当該チーム同士の対戦における、ゴール数の多少
  4. 当該チーム同士の対戦における、アウェーゴール数の多少
  5. 3チーム以上が該当し、1から4を適用しても特定のチーム間で差が生じない場合は、そのチーム間に (全ての順位が決まるまで)再度繰り返し適用する。それでも決められない場合は、下記6以降を適用
  6. 当該チームのグループ全試合における、得失点差
  7. 当該チームのグループ全試合における、ゴール数の多少
  8. ここまで参照し、それでも2クラブが差がつかず、さらにその両方が同じ試合会場にいる場合は、PK戦を行う
  9. 警告および退場処分になった回数をポイント化 (警告=1ポイント、2回目の警告による退場=3ポイント、いわゆる一発退場=3ポイント、警告に続いて退場=4ポイント)し、ポイントの少ない方を上位とする
  10. AFCランキング(国・協会別)の順位の高い方の所属チームを上位とする

その後、新型コロナウィルス感染症に寄る影響から、グループステージの残り試合及び決勝トーナメントをカタールでの集中開催方式での開催に改めたことから、アウェーゴールルールについては採用しないこととなった。

日程編集

当初の日程編集

各節の基本的な日程は以下の通りとされた[1][7]

  • 西地区の試合は月曜日と火曜日に実施する。月曜日に割り当てられるグループは次の通り(それ以外のグループが火曜日に割り当てられる)。
    • 第1節・第2節:グループA・B
    • 第3節:グループA・C
    • 第4節:グループB・D
    • 第5節・第6節:グループC・D
  • 東地区の試合は火曜日と水曜日に実施する。火曜日に割り当てられるグループは次の通り(それ以外のグループが水曜日に割り当てられる)。
    • 第1節・第2節:グループE・F
    • 第3節:グループE・G
    • 第4節:グループF・H
    • 第5節・第6節:グループG・H
当初予定されていた日程(グループステージ)
各節 日程 組み合わせ
第1節 2020年2月10-12日 チーム1 vs チーム4、チーム3 vs チーム2
第2節 2020年2月17-19日 チーム4 vs チーム3、チーム2 vs チーム1
第3節 2020年3月2-4日 チーム4 vs チーム2、チーム1 vs チーム3
第4節 2020年4月6-8日 チーム2 vs チーム4、チーム3 vs チーム1
第5節 2020年5月4-6日 チーム4 vs チーム1、チーム2 vs チーム3
第6節 2019年5月20-22日 チーム1 vs チーム2、チーム3 vs チーム4

なお、日程決定後に、以下の理由により日程の変更が生じている。

  • 西地区
    • イランとサウジアラビアのチームの対戦は、両国間関係を考慮し、2試合とも中立地開催とする。
    • イランから出場するチームの試合について、イラン国内の情勢を考慮し、第1節・第2節・第3節に行われるイランのチームのホームゲーム(中立地開催となるサウジアラビアのチームとの対戦を除く)をアウェイゲームと入れ換える[注釈 2]
  • 東地区
    • 中国から出場するチームの試合について、武漢における肺炎の流行の影響を考慮し、第1節・第2節・第3節に行われる中国のチームのホームゲームをアウェイゲームと入れ換える措置を発表したが、その後オーストラリア政府が中国からの入国を禁止する措置を執ったことから。中国とオーストラリアのチームの対戦が事実上不可能になったため、中国のチームの試合について延期をする措置を行っている[注釈 3]

日程の再編編集

新型コロナウイルス感染症が世界的な感染拡大を及ぼしていることから、AFCは2020年2月27日の時点で第3節の8試合の延期を決定し[8]、3月2日には東地区の第3節以降(決勝トーナメントの一部を含む)の日程を5月以降に変更することについて、東アジア地区の各クラブの所属する加盟協会が合意したと発表した[9]。しかし、感染の世界的拡大が収束する気配が見られないことから、2020年4月14日、AFCは全ての主催試合を(再開の通知があるまで)無期限延期することを発表[10]。96試合中27試合のみ消化し、残りを5月以降に延期するとしたグループステージの残り試合開催も無期限延期となった。

2020年7月9日、AFCは新たなカレンダーを公表し、全ての主催試合を2020年中に終わらせる方針を発表。グループステージの西地区については9月14日から24日までの間で、東地区については10月16日から11月1日までの間でそれぞれ集中開催とすることを明らかにした[4][11]。西地区についてはカタールでの集中開催が決定した[12] が、東地区については一旦マレーシアでの集中開催が決まった[13] ものの、マレーシアでの開催日程を延期[14] しても開催困難になったことから、10月9日にカタールでの集中開催に変更することを発表した[15][注釈 4]

変更後の日程(グループステージ)
各節 西地区 東地区
第1節 2020年11月18–19日
第2節 2020年11月21–22日
第3節 2020年9月14–15日 2020年11月24–25日
第4節 2020年9月17–18日 2020年11月27–28日
第5節 2020年9月20–21日 2020年11月30日–12月1日
第6節 2020年9月23–24日 2020年12月3–4日

グループステージ編集

グループA編集

チーム    出場権 AHL EST SHO WAH
1   アル・アハリ 4 2 0 2 4 6 −2 6 ラウンド16進出 2–1 1–0 9/20
2   エステグラル 4 1 2 1 6 4 +2 5 3–0 1–1 9/17
3   アル・ショルタ 4 1 2 1 4 4 0 5 2–1 1–1 0-1
4   アル・ワフダ 0 0 0 0 0 0 0 0 参加辞退扱い[注 1] 1-1 9/14 9/23
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法
注釈:
  1. ^ アル・ワフダは選手数名が新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の陽性反応を示したことから、グループステージの未消化4試合が行われるカタールへの遠征が日程どおりに出来なくなったとAFCに通知した[18]。アル・ワフダはグループリーグ日程の延期を要請したがAFCはこれを拒否、アル・ワフダが「大会への参加を辞退した」ものと取り扱い、既に開催済みのアル・ワフダの関与する2試合の結果を無効とすることとした[19]





グループB編集

チーム    出場権 PAK SAH SHK HIL
1   パフタコール 4 3 1 0 6 1 +5 10 ラウンド16進出 2–1 3–0 0-0
2   シャバブ・アル・アハリ 4 2 1 1 3 2 +1 7 0–0 1–0 1-2
3   シャフリ・ホドロ 4 0 0 4 0 6 −6 0 0–1 0–1 0-0
4   アル・ヒラル 0 0 0 0 0 0 0 0 参加辞退扱い[注 1] 2-1 9/23 2-0
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法
注釈:
  1. ^ アル・ヒラルは集中開催会場のカタール入り後に多くの選手が新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の陽性反応を示し、9月23日に行われる予定だった第6節・シャバブ・アル・アハリ戦にACLの規定で定められた13人(うちGK1名以上)のベンチ入りメンバーを揃えることが出来なくなった(GK3人を含む11人のみがベンチ入り)。アル・ヒラルは試合の延期を要求したものの他の試合スケジュールに影響を与えるとの理由でACLがこれを認めず、アル・ヒラルが「大会への参加を辞退した」ものと取り扱い、既に開催済みのアル・ヒラルの関与する5試合の結果を無効とすることとした[20]。なお、アル・ヒラルは5試合消化時点で3勝2分・勝点11のグループ首位であり、仮に第6節のみが無効(敗戦扱い)であればラウンド16に進出できていたはずであった[21]





グループC編集

チーム    出場権 PER TAW DUH SHJ
1   ペルセポリス 6 3 1 2 8 5 +3 10 ラウンド16進出 1–0 0–1 4–0
2   アル・タアーウン 6 3 0 3 4 8 −4 9[注 1] 0–1 2–0 0–6
3   アル・ドゥハイル 6 3 0 3 7 8 −1 9[注 1] 2–0 0–1 2–1
4   シャールジャ 6 2 1 3 13 11 +2 7 0–2 0–1 4–2
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法
注釈:
  1. ^ a b アル・タアーウンとアル・ドゥハイルの直接対戦の結果による(アル・タアーウンの2勝)





グループD編集

チーム    出場権 NAS SAD SEP AIN
1   アル・ナスル 6 3 2 1 9 5 +4 11 ラウンド16進出 2–2 2–0 0–1
2   アル・サッド 6 2 3 1 14 8 +6 9 1–1 3–0 4–0
3   セパハン 6 2 1 3 6 8 −2 7 0–2 2–1 0–0
4   アル・アイン 6 1 2 3 5 13 −8 5 1–2 3–3 0–4
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法





グループE編集

チーム    出場権 BEI MVC SEO CHI
1   北京国安 6 5 1 0 12 4 +8 16 ラウンド16進出 3–1 3–1 1–1
2   メルボルン・ビクトリー 6 2 1 3 6 9 −3 7 0–2 2–1 1–0
3   FCソウル 6 2 0 4 10 9 +1 6 1–2 1–0 5–0
4   チェンライ・ユナイテッド 6 1 2 3 5 11 −6 5 0–1 2–2 2–1
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法




2020年11月27日 (2020-11-27)
16:00 UTC+3
チェンライ・ユナイテッド   2 - 1   FCソウル
ビル英語版   40分89分 Live Report
Stats Report
朴主永   59分
ジャシム・ビン・ハマド・スタジアム, ドーハ(カタール)
観客数: 0
主審: アリ・シャバン(クウェート


グループF編集

チーム    出場権 ULS TOK SSH PRG
1   蔚山現代 6 5 1 0 14 5 +9 16 ラウンド16進出 1–1 3–1 2–0
2   FC東京 6 3 1 2 6 5 +1 10 1–2 0–1 1–0
3   上海申花 6 2 1 3 9 13 −4 7 1–4 1–2 3–3
4   パース・グローリー 6 0 1 5 5 11 −6 1 1–2 0–1 1–2
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法

2020年2月18日 (2020-02-18)
19:00 UTC+9
FC東京   1 - 0   パース・グローリー
レアンドロ   82分 Live Report
Match Report
東京スタジアム, 調布
観客数: 7,755
主審: ヤクーブ・アブドゥル・バキ (オマーン)






2020年12月3日 (2020-12-03)
13:00 UTC+3
パース・グローリー   0 - 1   FC東京   8分
Live Report
Stats Report
アダイウトン
エデュケーション・シティ・スタジアム, アッ=ライヤーン(カタール)
観客数: 0
主審: ハンナ・ハットタブ(シリア

グループG編集

チーム    出場権 VIS SUW GZE JDT
1   ヴィッセル神戸 4 2 0 2 4 5 −1 6 ラウンド16進出 0–2 0–2 5-1
2   水原三星ブルーウィングス 4 1 2 1 3 2 +1 5 0–1 0–0 11/25
3   広州恒大 4 1 2 1 4 4 0 5 1–3 1–1 12/4
4   ジョホール・ダルル・タクジム 0 0 0 0 0 0 0 0 参加辞退扱い[注 1] 12/1 2-1 11/19
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法
注釈:
  1. ^ ジョホール・ダルル・タクジムマレーシア政府(国家安全保障会議)から集中開催会場のカタールへの渡航許可が下りなかったことを明らかにし[31]マレーシアサッカー協会を通じてAFCに通知した。AFCはジョホール・ダルル・タクジムが「大会への参加を辞退した」ものと取り扱い、既に開催済みのジョホール・ダルル・タクジムの関与する2試合の結果を無効とすることとした[32]








グループH編集

チーム    出場権 YOK SSI JEO SYD
1   横浜F・マリノス 6 4 1 1 13 5 +8 13 ラウンド16進出 1–2 4–1 4–0
2   上海上港 6 3 0 3 6 10 −4 9 0–1 0–2 0–4
3   全北現代モータース 6 2 1 3 8 10 −2 7 1–2 1–2 1–0
4   シドニーFC 6 1 2 3 8 10 −2 5 1–1 1–2 2–2
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法