AFCチャンピオンズリーグ2021 決勝

サッカーの試合

AFCチャンピオンズリーグ2021 決勝(エーエフシーチャンピオンズリーグ2021 けっしょう、英語: AFC Champions League 2021 Final)は、アジアサッカー連盟(AFC)により開催されたAFCチャンピオンズリーグ2021の決勝戦であり、19回目のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝戦である(AFCアジアクラブ選手権時代を含めると40回目)。

AFCチャンピオンズリーグ2021 決勝
大会名 AFCチャンピオンズリーグ2021
開催日 2021年11月23日 (2021-11-23)
会場 キング・ファハド国際スタジアム(リヤド)
最優秀選手 ムサ・マレガ(アル・ヒラル)
主審 ムハンマド・アブドゥッラー・ハッサン・モハメドUAE[1]
観客数 50,171人
天気 晴れ
25 °C (77 °F)
湿度 47%
2020

決勝戦は、アル・ヒラル浦項スティーラースの間でシングルマッチとして行われ、アル・ヒラルが2-0で勝利し、大会最多となる4回目のACLチャンピオンとなった。アル・ヒラルはアラブ首長国連邦で行われるFIFAクラブワールドカップ2021にAFC代表として出場する。

チーム編集

次の表は、2002年までのアジアクラブ選手権時代を含む。

チーム 地区 以前の決勝戦出場(太字は優勝)
 アル・ヒラル 西地区(WAFF 7(1986 [A] 、1987 [B]1991、2000201420172019
 浦項スティーラース 東地区(EAFF 3(1997、19982009
注釈
  1. ^ 1986年大会は最終ラウンドが4クラブによるラウンドロビンで行われ、アル・ヒラルは2位だった。
  2. ^ 1987年大会はアル・ヒラルが日程上の都合から決勝戦を棄権している。

会場編集

決勝トーナメントは16チームがシングルエリミネーショントーナメントを行うこととされ、決勝は西地区のスタジアムを使用することとされた。2021年10月20日、AFCはリヤドにあるアル・ヒラルの本拠地・キングサウード大学スタジアムで決勝戦を開催すると発表したが、その後、同じくリヤドにあるキング・ファハド国際スタジアムに変更された。

決勝戦までの道のり編集

註: 以下のすべての結果は、決勝戦進出2クラブの得点を前に表示している。(H:ホーム、A:アウェイ、*:集中開催)。

  アル・ヒラル ラウンド   浦項スティーラース
対戦相手 結果 グループステージ 対戦相手 結果
  FCアルマリク 2–2* 第1節   ラーチャブリー・ミトポン 2–0*
  シャバブ・アル・アハリ 2–0* 第2節   名古屋グランパス 0–3*
  イスティクロル 3–1* 第3節   ジョホール・ダルル・タクジム 4–1*
  イスティクロル 1–4* 第4節   ジョホール・ダルル・タクジム 2–0*
  FCアルマリク 3–0* 第5節   ラーチャブリー・ミトポン 0–0*
  シャバブ・アル・アハリ 0–2* 第6節   名古屋グランパス 1–1*
チーム   
1   イスティクロル 6 10
2   アル・ヒラル (H) 6 10
3   シャバブ・アル・アハリ 6 7
4   FCアルマリク 6 7
出典: AFC
(H) 開催地.
最終順位
チーム   
1   名古屋グランパス 6 16
2   浦項スティーラース 6 11
3   ジョホール・ダルル・タクジム 6 4
4   ラーチャブリー・ミトポン (H) 6 2
出典: AFC
(H) 開催地.
対戦相手 結果 ノックアウトステージ 対戦相手 結果
  エステグラル 2–0 (A) ラウンド16   セレッソ大阪 1–0 (A)
  ペルセポリス 3–0 (H) 準々決勝   名古屋グランパス 3–0 (H)
  アル・ナスル 2–1 (A) 準決勝   蔚山現代 1–1 (延長) (5–4 p) (A)

フォーマット編集

前述のとおり、決勝トーナメントは決勝戦を含めシングルエリミネーショントーナメント(1試合制)として行われた。

90分で同点の場合は延長戦を行い(アウェーゴールルールは延長戦に適用せず)、さらに同点の場合はPK戦を行う(規則第9.3条および10.1条)[2]

試合結果編集


 
 
 
 
 
 
 
アル・ヒラル
 
 
 
 
 
 
 
 
Pohang Steelers
GK 1   アブドゥラー・アル=マイウフ
RB 2   モハメド・アル=ブライク
CB 20   張賢秀
CB 32   ムテブ・アル=ムファジュ英語版
LB 16   ナーセル・アッ=ドーサリー
CM 7   サルマーン・アル=ファラジュ (c)
CM 28   モハメド・カンノ   83分   90+4分
RW 17   ムサ・マレガ   26分
AM 15   マテウス・ペレイラ   84分
LW 29   サーレム・アッ=ドーサリー
CF 18   バフェティンビ・ゴミス   85分
控えメンバー:
GK 31   ハビブ・アル=ウォタヤーン英語版
GK 33   アブドゥラ・アル=ジャダーニー英語版
DF 12   ヤーセル・アッ=シャハラーニー   85分
DF 23   マダッラ・アル=オラヤン英語版
DF 70   ムハンマド・ジャフファリー   90+4分
MF 43   ムサーブ・アル=ジュワイル
MF 56   モハメド・アル=カフターニー
MF 88   ハマド・アル=ヤミ
FW 11   サレー・アル=シェフリ
FW 14   アブドゥッラー・アル=ハムダン
監督:
  レオナルド・ジャルディム
GK 21   Lee Jun
RB 32   Park Seung-wook
CB 13   權完圭   42分
CB 2   アレックス・グラント   20分
LB 10   姜祥佑 (c)
CM 17   申光勳
CM 57   Lee Soo-bin   46分
RW 8   マリオ・クヴェシッチ   46分
AM 6   申塡灝
LW 77   林尚協   67分
CF 82   マヌエル・パラシオス
控えメンバー:
GK 41   Cho Sung-hoon
DF 3   Lee Kwang-jun
DF 4   全珉洸   53分   46分
DF 30   Kim Ryun-seong
MF 14   呉範錫
MF 37   金浩男
MF 38   Kim Jin-hyun
MF 79   高映埈   46分   81分
FW 20   Lee Ho-jae   81分
FW 25   キム・ソンジュ
監督:
  金基東
最優秀選手:
ムサ・マレガ(アル・ヒラル)

副審
モハメド・アル=ハマディ(  アラブ首長国連邦
ハッサン・アル=マフリ(  アラブ首長国連邦
第四審
アデル・アル=ナクビ(  アラブ首長国連邦
VAR
アマール・アル=ジェネイビ(  アラブ首長国連邦
AVAR
オマール・モハメド・アル=アリ(  アラブ首長国連邦
ハンナ・ハッタブ(  シリア

;レギュレーション[2]
  • 90分(前後半45分ずつ)。
  • 後半終了時点で同点の場合は30分(前後半15分ずつ)の延長戦
  • 延長戦後も同点の場合はPK戦を実施。
  • ベンチ入りメンバーは21人(サブメンバー10人)以内。試合中は5人までの選手交代が可能(延長戦突入後は6人目の選手交代が可能)[注釈 1]

注記編集

  1. ^ ただし、選手交代機会はハーフタイムを除いて3回まで、延長戦突入後は延長戦開始時及び延長後半開始前と別に4回目の交代機会が与えられる。

出典編集

  1. ^ طاقم دولي إماراتي يُدير نهائي دوري أبطال آسيا 2021”. UAE Football Confederation (2021年10月29日). 2021年12月5日閲覧。
  2. ^ a b AFC Champions League 2021 Competition Regulations (PDF)”. the-afc.com. Asian Football Confederation. 2021年6月29日閲覧。

外部リンク編集