AFCチャンピオンズリーグ2022 グループリーグ

AFCチャンピオンズリーグ2022 > グループリーグ

AFCチャンピオンズリーグ2022 グループリーグ(AFC Champions League 2022 group stage) は、2022年4月7日から5月1日まで開催されたAFCチャンピオンズリーグ2022のグループステージである[1]予選プレーオフを勝ち抜いた7チームと、直接本戦出場権を獲得した33チームの計40チームで行われ、各グループを勝ち抜いた16チームが決勝トーナメントへ進出した[2]

抽選編集

抽選は2022年1月17日にマレーシアクアラルンプールにあるAFCハウスにて行われ、ポット分けは1月14日に発表された[3]。その模様はAFCの公式YouTubeチャンネルでライブ配信された[4]

各グループ4チーム、計10のグループ(西アジア地区:グループA-グループE、東アジア地区:グループF-グループJ)に振り分けられた。各地区20チーム(プレーオフからの出場組を含む)がAFCクラブコンペティションランキングと出場協会内でのシード順に基づいて4つのポットに振り分けられた。また、同じ協会から進出するチームが同じグループにならないように抽選された。

それぞれの抽選は西地区→東地区の順番で、地区ごとに以下のように行われた。

  1. ポット4をフリー抽選し、各グループの4番目(A4-E4およびF4-J4)に順に割り当てる。
  2. ポット1を抽選し、ポット4のクラブと同じ協会のクラブと同組にならないように、各グループの1番目(A1-E1およびF1-J1)に割り当てる。
    • 「ポット4のクラブと同じ協会」には、プレーオフから当該枠に勝ち上がる可能性のあるクラブの協会全てを含む(以下同じ)
    • 抽選されたクラブは、入れる可能性のある枠のうちA→E(またはF→J)の最も順序の若い枠に入る(以下同じ)
  3. ポット2を抽選し、ポット4及びポット1のクラブと同じ協会のクラブと同組にならないように、各グループの2番目(A2-E2およびF2-J2)に割り当てる。
  4. ポット3を抽選し、ポット1、2,4のクラブと同じ協会のクラブと同組にならないように、各グループの3番目(A3-E3およびF3-J3)に割り当てる。

括弧内の打ち消しされたクラブは抽選時のクラブである

地区 グループ ポット1 ポット2 ポット3 ポット4
西地区 A   アル・ヒラル   アル・ラーヤン   イスティクロル   シャールジャ (PO3勝者)
B   アル・ジャジーラ   アル・シャバブ   ムンバイ・シティ   アル・クウワ・アル・ジャウウィーヤ
C   フーラード   シャバブ・アル・アハリ   FKアハル   アル・ガラファ
D   アル・ドゥハイル   セパハン   パフタコール   タアーウン (PO1勝者)
E   アル・サッド   アル・ファイサリー   アル・ワフダート   ナサフ・カルシ  (PO2勝者)
東地区 F   山東泰山   浦和レッズ   ライオン・シティ・セーラーズ   大邱FC (PO4勝者)
G   BGパトゥム・ユナイテッド   全南ドラゴンズ   ユナイテッド・シティ   メルボルン・シティ
H   全北現代モータース   横浜F・マリノス   ホアンアイン・ザライ   シドニーFC (PO1勝者)
I   川崎フロンターレ   広州   ジョホール・ダルル・タクジム   蔚山現代 (PO3勝者)
J   上海海港   チェンライ・ユナイテッド   傑志   ヴィッセル神戸 (PO2勝者)

大会フォーマット編集

各グループ内で2回戦総当たり(各チーム6試合)のリーグ戦を戦い、グループ内の最上位チーム(10チーム)と、各地区グループ2位のうち上位3チームずつ(6チーム)の合計16チームがラウンド16に進出する。勝ち点は勝利3、引き分け1、敗退0として計算を行う。

各グループで勝ち点が同点のチームが2つ以上ある場合は、以下の順に比較して順位を決定する(規則第8.3項)[2]

  1. 当該チーム同士の対戦における、勝ち点の多少
  2. 当該チーム同士の対戦における、得失点差
  3. 当該チーム同士の対戦における、ゴール数の多少
  4. 当該チーム同士の対戦における、アウェーゴール数の多少(本大会のグループステージは集中開催につきアウェーゴールルールを適用しない)
  5. 3チーム以上が該当し、1から4を適用しても特定のチーム間で差が生じない場合は、そのチーム間に (全ての順位が決まるまで)再度繰り返し適用する。それでも決められない場合は、下記6以降を適用
  6. 当該チームのグループ全試合における、得失点差
  7. 当該チームのグループ全試合における、ゴール数の多少
  8. ここまで参照し、それでも2クラブが差がつかず、さらにその両方が同じ試合会場にいる場合は、PK戦を行う
  9. 警告および退場処分になった回数をポイント化 (警告=1ポイント、2回目の警告による退場=3ポイント、いわゆる一発退場=3ポイント、警告に続いて退場=4ポイント)し、ポイントの少ない方を上位とする
  10. AFCクラブコンペティションランキングの順位の高い方の所属チームを上位とする

2022年4月11日、グループJの上海海港が出場を辞退し、代替チームが補充されない[5]ことから、東地区のノックアウトステージ進出クラブを決める際に限って、グループF/G/H/Iの2位クラブはグループ最下位との対戦を除く4試合の成績でグループ間の順位を比較することとなった[2][5]

日程編集

各試合のスケジュールは以下のとおり[1]。COVID-19の影響が収束しないことから、前年同様集中開催で実施される。

西地区 東地区 対戦カード
第1節 4月7日-8日 4月15日-16日 チーム1 vs チーム4、チーム3 vs チーム2
第2節 4月10日-11日 4月18日-19日 チーム4 vs チーム3、チーム2 vs チーム1
第3節 4月14日-15日 4月21日-22日 チーム4 vs チーム2、チーム1 vs チーム3
第4節 4月18日-19日 4月24日-25日 チーム2 vs チーム4、チーム3 vs チーム1
第5節 4月22日-23日 4月27日-28日 チーム4 vs チーム1、チーム2 vs チーム3
第6節 4月26日-27日 4月30日-5月1日 チーム1 vs チーム2、チーム3 vs チーム4

なお、集中開催の会場は以下のとおりと発表された[6][7]

グループステージ編集

グループA編集

チーム    出場権 HIL RYN SHJ IST
1   アル・ヒラル (H) 6 4 1 1 11 5 +6 13[注 1] ラウンド16進出 0–2 2–1 1–0
2   アル・ラーヤン 6 4 1 1 10 7 +3 13[注 1] 0–3 3–1 1–0
3   シャールジャ 6 1 2 3 7 11 −4 5 2–2 1–1 2–1
4   イスティクロル 6 1 0 5 5 10 −5 3 0–3 2–3 2–0
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法
(H) 開催地.
注釈:
  1. ^ a b 直接対戦での得失点差による: アル・ヒラル +1, アル・ラーヤン -1









グループB編集

チーム    出場権 SHB MUM AQW AJZ
1   アル・シャバブ (H) 6 5 1 0 18 1 +17 16 ラウンド16進出 6–0 3–0 3–0
2   ムンバイ・シティ 6 2 1 3 3 11 −8 7[注 1] 0–3 1–0 0–0
3   アル・クウワ・アル・ジャウウィーヤ 6 2 1 3 7 10 −3 7[注 1] 1–1 1–2 3–2
4   アル・ジャジーラ 6 1 1 4 4 10 −6 4 0–2 1–0 1–2
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法
(H) 開催地.
注釈:
  1. ^ a b 直接対戦での勝ち点による: ムンバイ・シティ 6, アル・クウワ・アル・ジャウウィーヤ 0.






グループC編集

チーム    出場権 FOO SAH GHA AHA
1   フーラード 6 3 3 0 5 2 +3 12 ラウンド16進出 1–1 0–0 1–0
2   シャバブ・アル・アハリ 6 2 4 0 14 7 +7 10 1–1 8–2 2–1
3   アル・ガラファ 6 1 2 3 7 14 −7 5 0–1 1–1 2–0
4   FKアハル 6 1 1 4 6 9 −3 4 0–1 1–1 4–2
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法







グループD編集

チーム    出場権 DUH TWN SEP PAK
1   アル・ドゥハイル 6 5 0 1 17 9 +8 15 ラウンド16進出 1–2 5–2 3–2
2   タアーウン (H) 6 2 1 3 13 12 +1 7[注 1] 3–4 3–0 0–1
3   セパハン 6 2 1 3 8 12 −4 7[注 1] 0–1 1–1 2–1
4   パフタコール 6 2 0 4 10 15 −5 6 0–3 5–4 1–3
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法
(H) 開催地.
注釈:
  1. ^ a b 直接対戦での勝ち点による: タアーウン 4, セパハン 1.







グループE編集

チーム    出場権 FAI NAS SAD WEH
1   アル・ファイサリー (H) 6 2 3 1 5 4 +1 9[注 1] ラウンド16進出 0–0 2–1 1–1
2   ナサフ・カルシ 6 2 3 1 8 5 +3 9[注 1] 0–1 3–1 2–0
3   アル・サッド 6 2 1 3 10 11 −1 7 1–0 1–1 5–2
4   アル・ワフダート 6 1 3 2 9 12 −3 6 1–1 2–2 3–1
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法
(H) 開催地.
注釈:
  1. ^ a b 直接対戦での勝ち点による: アル・ファイサリー 4, ナサフ・カルシ 1.







グループF編集

チーム    出場権 DAE URA LCS SDT
1   大邱FC 6 4 1 1 14 4 +10 13[注 1] ラウンド16進出 1–0 0–3 4–0
2   浦和レッズ 6 4 1 1 20 2 +18 13[注 1] 0–0 6–0 5–0
3   ライオン・シティ・セーラーズ 6 2 1 3 8 14 −6 7 1–2 1–4 3–2
4   山東泰山 6 0 1 5 2 24 −22 1 0–7 0–5 0–0
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法
注釈:
  1. ^ a b 直接対戦での勝ち点による: 大邱 4, 浦和 1.

2022年4月15日 (2022-04-15)
18:00 UTC+7
山東泰山   0 - 7   大邱FC
Report (AFC) 李根鎬   15分
ゼカ   19分26分77分
洪喆   48分
ラマス   66分
鄭智仁英語版   69分

2022年4月18日 (2022-04-18)
21:00 UTC+7
浦和レッズ   5 - 0   山東泰山
明本考浩   26分
ショルツ   31分 (pen.)
シャルク   53分76分
安居海渡   90+2分
Report (AFC)
ブリーラム・スタジアム, ブリーラム
主審:   ニボン・ロベシュ・ガミニ

2022年4月21日 (2022-04-21)
21:00 UTC+7
大邱FC   1 - 0   浦和レッズ
ゼカ   53分 Report (AFC)
ブリーラム・スタジアム, ブリーラム
主審:   アフメド・アル=アリ


2022年4月27日 (2022-04-27)
21:00 UTC+7
大邱FC   4 - 0   山東泰山
ゼカ   8分
洪正雲英語版   12分
李根鎬   57分
呉厚成英語版   66分
Report (AFC)
ブリーラム・スタジアム, ブリーラム
主審:   サルマン・アフマド・ファラヒ

2022年4月30日 (2022-04-30)
18:00 UTC+7
山東泰山   0 - 5   浦和レッズ
Report (AFC) 安居海渡   13分
知念哲矢   34分85分
松尾佑介   45+1分69分
ブリーラム・シティ・スタジアム, ブリーラム
主審:   アブドゥラー・アル=マリ

グループG編集

チーム    出場権 BGP MCY JND UCT
1   BGパトゥム・ユナイテッド (H) 6 3 3 0 11 2 +9 12 ラウンド16進出 1–1 0–0 5–0
2   メルボルン・シティ 6 3 3 0 10 3 +7 12 0–0 2–1 3–0
3   全南ドラゴンズ 6 2 2 2 5 5 0 8 0–2 1–1 2–0
4   ユナイテッド・シティ 6 0 0 6 1 17 −16 0 1–3 0–3 0–1
出典: AFC
順位の決定基準: 順位決定方法
(H) 開催地.