AFCユース選手権1974は、1974年タイ王国バンコクで開催された第16回目のAFCユース選手権(現・AFC U-19選手権)である。4月14日から4月30日にかけて開催され、イラン代表インド代表が両チーム優勝し、イランは2回目、インドは初優勝を果たした。

1974 AFCユース選手権
大会概要
開催国 タイ王国の旗 タイ
日程 4月14日–4月30日[1]
チーム数 16
大会結果
優勝  イラン
インド 
(両チーム優勝)
3位  韓国
4位  タイ王国
1973
1975

グループステージ

編集

グループA

編集
チーム 出場権
1   イラン 3 3 0 0 10 0 +10 6 ノックアウトステージ進出
2   シンガポール 3 2 0 1 5 1 +4 4
3   南ベトナム 3 1 0 2 1 8 −7 2
4   フィリピン 3 0 0 3 0 7 −7 0
出典: RSSSF
イラン  1–0  シンガポール

南ベトナム  1–0  フィリピン

イラン  5–0  フィリピン

シンガポール  1–0  フィリピン

イラン  4–0  南ベトナム

シンガポール  4–0  南ベトナム

グループB

編集
チーム 出場権
1   インド 3 2 1 0 4 2 +2 5 ノックアウトステージ進出
2   香港 3 0 3 0 3 3 0 3
3   ビルマ 3 1 1 1 2 2 0 3
4   ラオス 3 0 1 2 2 4 −2 1
出典: RSSSF
香港  1–1  ラオス

インド  1–0  ラオス

香港  0–0  ビルマ

インド  1–0  ビルマ

インド  2–2  香港

ビルマ  2–1  ラオス

グループC

編集
チーム 出場権
1   韓国 3 3 0 0 7 2 +5 6 ノックアウトステージ進出
2   マレーシア 3 2 0 1 5 5 0 4
3   クメール 3 1 0 2 7 6 +1 2
4   ネパール 3 0 0 3 4 10 −6 0
出典: RSSSF
マレーシア  2–1  クメール

韓国  2–1  ネパール

クメール  6–2  ネパール

韓国  2–0  クメール

マレーシア  2–1  ネパール

韓国  3–1  マレーシア

グループD

編集
チーム 出場権
1   タイ王国 3 3 0 0 11 0 +11 6 ノックアウトステージ進出
2   日本 3 2 0 1 8 2 +6 4
3   台湾 3 1 0 2 3 4 −1 2
4   ブルネイ 3 0 0 3 1 17 −16 0
出典: RSSSF
タイ王国  7–0  ブルネイ

日本  1–0  台湾

タイ王国  3–0  台湾

日本  7–1  ブルネイ

タイ王国  1–0  日本

台湾  3–0  ブルネイ

ノックアウトステージ

編集
 
準々決勝準決勝決勝
 
          
 
4月24日
 
 
  インド1(4)
 
4月28日
 
  シンガポール1(1)
 
  インド2
 
4月25日
 
  タイ王国1
 
  タイ王国2
 
4月30日
 
  マレーシア0
 
  インド2
 
4月24日
 
  イラン2
 
  イラン3
 
4月28日
 
  香港0
 
  イラン3
 
4月25日
 
  韓国0 3位決定戦
 
  韓国2
 
4月30日
 
  日本1
 
  タイ王国1
 
 
  韓国2
 

準々決勝

編集
インド  1–1  シンガポール
PK戦
4–1

イラン  3–0  香港

韓国  2–1  日本

タイ王国  2–0  マレーシア

準決勝

編集
イラン  3–0  韓国

タイ王国  1–2  インド

3位決定戦

編集
タイ王国  1–2  韓国

決勝

編集
インド  2–2
両チーム優勝
  イラン

出典

編集

参考文献

編集