AFC女子アジアカップ: AFC Woman's Asian Cup)は、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、アジア各国のナショナルチームによる女子サッカーの大陸選手権大会である。男子のAFCアジアカップに相当する大会ではあるが、開催年によってはFIFA女子ワールドカップの予選を兼ねるところが異なる。

AFC女子アジアカップ
開始年 1975年
主催 AFC
地域 アジア
参加チーム数 12(本大会)
前回優勝  中華人民共和国(9回目)
最多優勝  中華人民共和国(9回)[注 1]
サイト 公式サイト
テンプレートを表示

歴史

編集

1975年アジア女子サッカー連盟(ALFC)がアジア女子選手権として開催し、1986年にALFCがAFCに吸収されてからはAFC女子選手権: AFC Woman's Championship)になり、2006年の本大会から現在の名称となった(ただし以前から通称として「(女子)アジアカップ」の呼び名が使われていた)。

結果

編集

大会結果

編集
開催年 開催国 決勝戦 3位決定戦 出場
国数
優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位
1 1975年   イギリス領香港   ニュージーランド 3 - 1   タイ王国   オーストラリア 5 - 0   マレーシア 6
2 1977年   中華民国   中華民国 3 - 1   タイ王国   シンガポール 2 - 0   インドネシア 6
3 1979年   インド   中華民国 2 - 0   インド(南)   香港   西オーストラリア州 6
4 1981年   イギリス領香港   チャイニーズタイペイ 5 - 0   タイ王国   インド 2 - 0   香港 8
5 1983年   タイ   タイ王国 3 - 0   インド   マレーシア 0 - 0[1]
(PK 5 - 4)
  シンガポール 6
6 1986年   イギリス領香港   中華人民共和国 2 - 0   日本   タイ王国 4 - 1   インドネシア 7
7 1989年   イギリス領香港   中華人民共和国 1 - 0   チャイニーズタイペイ   日本 9 - 0   香港 8
8 1991年   日本   中華人民共和国 5 - 0   日本   チャイニーズタイペイ 0 - 0 aet
(PK 5 - 4)
  北朝鮮 9
9 1993年   マレーシア   中華人民共和国 3 - 0   北朝鮮   日本 3 - 0   チャイニーズタイペイ 8
10 1995年   マレーシア   中華人民共和国 2 - 0   日本   チャイニーズタイペイ 0 - 0 aet
(PK 3 - 0)
  韓国 11
11 1997年   中国   中華人民共和国 2 - 0   北朝鮮   日本 2 - 0   チャイニーズタイペイ 11
12 1999年   フィリピン   中華人民共和国 3 - 0   チャイニーズタイペイ   北朝鮮 3 - 2   日本 15
13 2001年   チャイニーズタイペイ   北朝鮮 2 - 0   日本   中華人民共和国 8 - 0   韓国 14
14 2003年   タイ   北朝鮮 2 - 1 GG   中華人民共和国   韓国 1 - 0   日本 14
15 2006年   オーストラリア   中国 2 - 2 aet
(PK 4 - 2)
  オーストラリア   北朝鮮 3 - 2   日本 9
16 2008年   ベトナム   北朝鮮 2 - 1   中華人民共和国   日本 3 - 0   オーストラリア 8
17 2010年   中国   オーストラリア 1 - 1 aet
(PK 5 - 4)
  北朝鮮   日本 2 - 0   中華人民共和国 8
18 2014年   ベトナム   日本 1 - 0   オーストラリア   中華人民共和国 2 - 1   韓国 8
19 2018年   ヨルダン   日本 1 - 0   オーストラリア   中華人民共和国 3 - 1   タイ王国 8
開催年 開催国 決勝戦 準決勝敗退チーム(3位決定戦なし) 出場
国数
優勝 結果 準優勝
20 2022年   インド   中華人民共和国 3 - 2   韓国   日本 /   フィリピン 12
21 2026年   オーストラリア


22 2029年   ウズベキスタン

開催実績

編集
開催年 決勝戦開催都市 決勝戦会場 試合数
ゴール数
1試合平均
ゴール数

入場者数
1試合平均
入場者数
1 1975年   香港 香港政府大球場 10 35 3.50 - -
2 1977年   台北 台北陸上競技場 9 30 3.33 - -
3 1979年   カリカット EMSスタジアム英語版 11 22 2.00 - -
4 1981年   香港 香港政府大球場 16 50 3.13 - -
5 1983年   バンコク スパチャラサイ国立競技場 17 57 3.35 - -
6 1986年   香港 旺角大球場 13 61 4.69 - -
7 1989年   香港 香港スタジアム 16 80 5.00 - -
8 1991年   福岡 東平尾公園博多の森陸上競技場 20 98 4.90 - -
9 1993年   クチン サラワク・スタジアム 16 91 5.69 - -
10 1995年   コタキナバル リカス・スタジアム 19 102 5.37 - -
11 1997年   広州 天河体育中心体育場 19 132 6.95 - -
12 1999年   バコロド パナード・スタジアム 34 218 6.41 - -
13 2001年   新北 雲林県政府体育場英語版 30 197 6.57 - -
14 2003年   バンコク ラジャマンガラ競技場 30 184 6.13 - -
15 2006年   アデレード ハインドマーシュ・スタジアム 20 77 3.85 - -
16 2008年   ホーチミン トンニャット・スタジアム 16 57 3.56 21,950 1,372
17 2010年   成都 成都市体育中心 16 45 2.81 59,910 3,744
18 2014年   ホーチミン トンニャット・スタジアム 17 67 3.94 45,250 2,662
19 2018年   アンマン アンマン国際スタジアム 17 66 3.88 31,537 1,855
20 2022年   ナビムンバイ DYパティル・スタジアム 25 104 4.16 - -

統計

編集

代表別通算成績

編集
国・地域名
1   中華人民共和国 15 9 2 4 75 61 5 9 188 2.51 367 38 +329
2   日本 17 2 4 9 83 55 6 22 171 2.06 365 67 +298
3   北朝鮮 10 3 3 3 53 37 6 10 117 2.21 242 38 +204
4   チャイニーズタイペイ 14 3 2 4 64 36 8 20 116 1.81 175 84 +91
5   タイ王国 17 1 3 2 69 34 2 33 104 1.51 115 171 -56
6   韓国 13 0 1 4 54 28 7 19 91 1.69 157 77 +80
7   オーストラリア 8 1 3 3 41 20 7 14 67 1.63 85 41 +44
8   インド 9 0 2 1 40 18 3 19 57 1.43 54 65 -11
9   香港 14 0 0 3 53 12 5 36 41 0.77 23 166 -143
10   ベトナム 9 0 0 0 33 11 1 21 34 1.03 39 92 -53
11   シンガポール 7 0 0 2 27 7 1 19 22 0.81 21 115 -94
12   ウズベキスタン 5 0 0 0 16 7 0 9 21 1.31 23 78 -55
13   フィリピン 10 0 0 1 37 6 2 29 20 0.54 24 187 -163
14   マレーシア 9 0 0 2 34 4 4 26 16 0.47 12 159 -147
15   インドネシア 5 0 0 2 18 4 1 13 13 0.72 17 77 -60
16   ニュージーランド 1 1 0 0 4 4 0 0 12 3.00 11 3 +8
17   カザフスタン 3 0 0 0 9 2 2 5 8 0.89 16 39 -23
18   ミャンマー 5 0 0 0 17 2 2 13 8 0.47 16 56 -40
19   グアム 4 0 0 0 15 1 0 14 3 0.20 5 112 -107
20   イラン 1 0 0 0 2 0 0 2 0 0.00 0 12 -12
21   ヨルダン 2 0 0 0 6 0 0 6 0 0.00 5 29 -24
22   ネパール 3 0 0 0 10 0 0 10 0 0.00 1 67 -66
  • データは2022年大会終了時点
  • 太字は優勝経験のある国・地域で、太数字は最多記録
  • 斜字は現在AFC以外に加盟
  • 国・地域名は現在の名称で統一した
  • 順位は通算勝点の多い順で、通算勝点が同数の場合は1試合あたりの平均勝点が多い方を、それも同数の場合は得失点差の優れた方を、得失点差も同数の場合は総得点の多い方を上にした
  • 1993年大会までの勝点は<勝=2、分=1、敗=0>であったが、通算成績では現行と同じ<勝=3、分=1、敗=0>で統一した
  • PK戦で決着がついた試合は記録上引分となる

優勝回数

編集
回数 国名
9   中華人民共和国[注 1] 1986,1989,1991,1993,1995,1997,1999,2006,2022
3   チャイニーズタイペイ[注 1] 1977,1979,1981
  北朝鮮 2001,2003,2008
2   日本 2014,2018
1   ニュージーランド 1975
  タイ王国 1983
  オーストラリア 2010

出場回数

編集
回数 国名
17   日本 1977,1981,1986,1989,1991,1993,1995,1997,1999,2001,2003,2006,2008,2010,2014,2018,2022
17   タイ王国 1975,1977,1981,1983,1986,1989,1991,1995,1999,2001,2003,2006,2008,2010,2014,2018,2022
15   中華人民共和国[注 1] 1986,1989,1991,1993,1995,1997,1999,2001,2003,2006,2008,2010,2014,2018,2022
14   香港 1975,1977,1979,1981,1983,1986,1989,1991,1993,1995,1997,1999,2001,2003
14   チャイニーズタイペイ[注 1] 1977,1979,1981,1989,1991,1993,1995,1997,1999,2001,2003,2006,2008,2022
13   韓国 1991,1993,1995,1997,1999,2001,2003,2006,2008,2010,2014,2018,2022
10   北朝鮮 1989,1991,1993,1997,1999,2001,2003,2006,2008,2010
10   フィリピン 1981,1983,1993,1995,1997,1999,2001,2003,2018,2022
9   マレーシア 1975,1979,1983,1986,1991,1993,1995,1999,2001
9   インド 1979,1981,1983,1995,1997,1999,2001,2003,2022
9   ベトナム 1999,2001,2003,2006,2008,2010,2014,2018,2022
8   オーストラリア 1975,1979,2006,2008,2010,2014,2018,2022
7   シンガポール 1975,1977,1981,1983,1991,2001,2003
5   ウズベキスタン 1995,1997,1999,2001,2003
5   インドネシア 1977,1981,1986,1989,2022
5   ミャンマー 2003,2006,2010,2014,2022
4   グアム 1997,1999,2001,2003
3   カザフスタン 1995,1997,1999
3   ネパール 1986,1989,1999
2   ヨルダン 2014,2018
1   ニュージーランド 1975
1   イラン 2022

表彰

編集
大会 大会MVP 得点王 得点数 フェアプレー賞
2006   馬暁旭   永里優季 7   中華人民共和国
2008   澤穂希   李琴淑 7   日本
2010   趙潤美   安藤梢 3   中華人民共和国
2014   宮間あや   朴恩善
  楊麗
6   日本
2018   岩渕真奈   李影 7   日本
2022   王珊珊   サム・カー 7   韓国

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ a b c d e 第2・3回大会の中華民国の成績はチャイニーズタイペイに加え、中国の成績に加えない。

出典

編集

関連項目

編集

外部リンク

編集