AFC U-19選手権2016: 2016 AFC U-19 Championship)は、2016年バーレーンで開催された第39回目のAFC U-19選手権である[1]10月13日から10月30日にかけて開催されて[2]、開催国として2017 FIFA U-20ワールドカップの出場が決まっている韓国以外の上位4チームには2017 FIFA U-20ワールドカップの出場権が与えられ[3]日本サウジアラビアイランベトナムが2017 FIFA U-20ワールドカップの出場権を獲得した。日本が大会初優勝を果たした。

AFC U-19選手権2016
2016 AFC U-19 Championship
بطولة آسيا تحت 19 سنة لكرة القدم 2016
大会概要
開催国 バーレーンの旗 バーレーン
日程 2016年10月13日 - 10月30日
チーム数 16 (1連盟)
開催地数(2都市)
大会結果
優勝  日本 (1回目)
準優勝  サウジアラビア
3位  イラン
 ベトナム
大会統計
試合数 31試合
ゴール数 84点
(1試合平均 2.71点)
総入場者数 39,304人
(1試合平均 1,268人)
得点王 サウジアラビアの旗 サーミー・アン=ナジャイー
サウジアラビアの旗 アブドッラフマーン・アル=ヤーミー(4点)
最優秀選手 日本の旗 堂安律
 < 20142018

予選編集

予選の組み合わせ抽選は2015年6月5日に行われた。[4]全43チームが10グループに組み分けられ、各グループの1位と2位のなかで最も成績の良かった5チームが本大会に進む。バーレーンは開催国として自動的に本大会の出場権を得るが、予選にも参加した。

予選は2015年9月28日から10月6日に実施された。[5]

本大会出場国編集

本大会に出場したのは以下の16チームである。[6]

競技場編集

以下の2つの競技場で開催された。

リファー
AFC U-19選手権2016 (バーレーン)
バーレーン・ナショナル・スタジアム
収容人数: 30,000
 
イーサ・タウン
ハリーファ・スポーツ・シティ・スタジアム英語版
収容人数: 20,000

組み合わせ抽選会編集

組み合わせ抽選会は、2016年4月30日に行われた。ポット分けに関しては以下の通りとなった[7]

ポットA (シード) ポットB ポットC ポットD

選手編集

この大会では1997年1月1日以降に生まれた選手が出場資格を有する。各チームは最大で23名の選手を登録できる(そのうち3名はゴールキーパーでなければならない)。[8]

グループステージ編集

  • 勝ち点が並んだチーム間の順位は、以下の順に決定される[9]
A)当該チーム間の対戦成績における勝ち点
B)当該チーム間の対戦成績における得失点差
C)当該チーム間の対戦成績における総得点差
D)同じ順位のチームがまだ残る場合、それらの順位をA~Cの方法で決める
E)グループステージ全試合での得失点差
F)グループステージ全試合での総得点差
G)PK戦(対象が2チームのみで同じ競技場にいる場合)
H)カードポイントの少なさ
I)抽選

グループステージに関しては以下の通りとなった[10][11]

日時はすべて現地時間(UTC+3

グループ A編集

チーム
1   バーレーン 3 2 0 1 7 6 +1 6
2   サウジアラビア 3 2 0 1 8 4 +4 6
3   韓国 3 2 0 1 6 4 +2 6
4   タイ 3 0 0 3 3 10 −7 0

※1位から3位は当該チーム間の直接対決の成績(勝敗、得失点差は同一、総得点(これにより韓国の3位が確定))と、バーレーン対サウジアラビア戦の成績(これにより1位、2位が確定)による[9]

タイ  1 - 3  韓国
アモルンレルチャク   76分 リポート 鄭泰昱  13分
韓贊熙  41分
姜智勲  90+3分
観客数: 200
主審: ムハンマド・タキー (シンガポール)
バーレーン  3 - 2  サウジアラビア
ジャースィム   41分
ユースフ   49分 (PK)
ムハンマド   90+4分 
リポート アッナーズィ   56分
アン=ナジャイー   80分 (PK)
観客数: 2,500
主審: アンマル・アルジネイビ (UAE)

サウジアラビア  4 - 0  タイ
アッナーズィ   43分
アル=ムワッラド   60分
アル=フライフ   68分
ガリーブ   90+3分
リポート
観客数: 185
主審: ティムール (キルギス)
韓国  2 - 1  バーレーン
曹永旭  84分90+2分 リポート イブラヒーム   56分
観客数: 6,677
主審: ムハンマド・モウサ・アブ・ルーム (ヨルダン)

バーレーン  3 - 2  タイ
ユースフ   12分 (PK)
ブーガンマール   47分
アン=ナール   51分
リポート シティチョーク   30分
チャイデド   84分
韓国  1 - 2  サウジアラビア
金建雄  32分 リポート アン=ナジャイー   38分
アル=アムリー   64分
観客数: 210
主審: ジャレッド・ギャバン・ジレット (オーストラリア)

グループ B編集

チーム
1   イラク 3 2 1 0 5 0 +5 7
2   ベトナム 3 1 2 0 3 2 +1 5
3   アラブ首長国連邦 3 1 1 1 4 3 +1 4
4   北朝鮮 3 0 0 3 2 9 −7 0
北朝鮮  1 - 2  ベトナム
梁賢柱  90+2分 リポート ハー・ドゥク・チン   80分
ドアン・ヴァン・ハウ   90分
観客数: 100
主審: ハミース・ムハンマド・アル・マーリ (カタール)
アラブ首長国連邦  0 - 1  イラク
リポート カリーム   26分 
観客数: 250
主審: ジャレッド・ギャバン・ジレット (オーストラリア)

ベトナム  1 - 1  アラブ首長国連邦
ホー・ミン・ジ   21分 リポート フサイン・アブドッラー   58分 (PK)
観客数: 50
主審: ハンナ・ハッタブ (シリア)
イラク  4 - 0  北朝鮮
ファイヤード   54分
カリーム   63分65分
アッバース   79分
リポート

北朝鮮  1 - 3  アラブ首長国連邦
韓光成   8分 リポート ラーシド   31分
アル=マトルーシー   52分
ジャーシム   77分
観客数: 155
主審: ムハンマド・タキー (シンガポール)
イラク  0 - 0  ベトナム
リポート

グループ C編集

チーム
1   日本 3 2 1 0 6 0 +6 7
2   イラン 3 1 2 0 2 1 +1 5
3   カタール 3 1 1 1 2 4 −2 4
4   イエメン 3 0 0 3 0 5 −5 0
日本  3 - 0  イエメン
小川航基   47分
岩崎悠人   79分
原輝綺   88分
リポート
観客数: 500
主審: ジャミール ジュマ アブドゥルフサイン ムハンマド (バーレーン)
カタール  1 - 1  イラン
ラザグプール   38分 (OG) リポート ラザグプール   58分

イラン  0 - 0  日本
リポート
観客数: 225
主審: ジャレッド・ギャバン・ジレット (オーストラリア)
イエメン  0 - 1  カタール
リポート ウマールー   84分
観客数: 525
主審: ニボン・ロベシュ・ガミニ (スリランカ)

カタール  0 - 3  日本
リポート 岩崎悠人   14分
三好康児   45分
冨安健洋   62分
イエメン  0 - 1  イラン
リポート ラザグプール   45分
観客数: 535
主審: ティムール (キルギス)

グループ D編集

チーム
1   ウズベキスタン 3 2 1 0 5 3 +2 7
2   タジキスタン 3 1 1 1 3 2 +1 4
3   オーストラリア 3 1 1 1 3 3 0 4
4   中国 3 0 1 2 0 3 −3 1

※2位、3位は(直接対決が引き分けのため)グループステージ全体の得失点差による[9]

ウズベキスタン  2 - 1  タジキスタン
ダフラッジャノフ   67分
ヤフシバエフ   72分
リポート サイードフ   20分
観客数: 100
主審: ニヴォン・ガミミ(スリランカ)
中国  0 - 1  オーストラリア
リポート シャボウ   46分

タジキスタン  2 - 0  中国
パンジュシャンベ   3分
ハムロクーロフ   65分
リポート
観客数: 82
主審: ジャミール ジュマ アブドゥルフサイン ムハンマド (バーレーン)
オーストラリア  2 - 3  ウズベキスタン
ユーリー   63分 (PK)
マイア   90+3分 (PK)
リポート アブディハリーコフ   29分
ドストン・イブラギモフ   40分46分
観客数: 58
主審: アンマル・アルジネイビ (UAE)

オーストラリア  0 - 0  タジキスタン
リポート
観客数: 165
主審: ハミース・ムハンマド・アル・マーリ (カタール)

ノックアウトステージ編集

 
準々決勝準決勝決勝
 
          
 
10月23日 - リファー
 
 
  バーレーン 0
 
10月27日 - リファー
 
  ベトナム 1
 
  ベトナム 0
 
10月24日 - イーサ・タウン
 
  日本 3
 
  日本 4
 
10月30日 - リファー
 
  タジキスタン 0
 
  日本 (p) 0 (5)
 
10月23日 - イーサ・タウン
 
  サウジアラビア 0 (3)
 
  イラク2 (5)
 
10月27日 - イーサ・タウン
 
  サウジアラビア (p) 2 (6)
 
  サウジアラビア 6
 
10月24日 - リファー
 
  イラン 5
 
  ウズベキスタン 0
 
 
  イラン 2
 

準々決勝編集


バーレーン  0 - 1  ベトナム
リポート チャン・タイン   72分
観客数: 10,610
主審: ハミース・ムハンマド・アル・マーリ (カタール)

日本  4 - 0  タジキスタン
小川航基   8分73分
堂安律   19分
岩崎悠人   87分
リポート

ウズベキスタン  0 - 2  イラン
リポート ジャアファリ   14分47分 
観客数: 160
主審: ムハンマド・タキー (シンガポール)

準決勝編集

サウジアラビア  6 - 5  イラン
サーミー・アン=ナジャイー   18分 (PK)51分
アル=クライフ   42分
アル=ヤーミー   45+1分64分76分
リポート ジャアファリ   45分
アガシ   45+3分
シェカリ   62分
メフディハーニ   75分
カラモラチャーブ   82分

ベトナム  0 - 3  日本
リポート 岸本武流   6分
中村駿太   10分51分
観客数: 190
主審: ジャレッド・ギャバン・ジレット (オーストラリア)

決勝編集

日本  0 - 0 (延長)  サウジアラビア
リポート
PK戦
5 - 3
観客数: 3,460
主審: ハミース・ムハンマド・アル・マーリ (カタール)

優勝国編集

 AFC U-19選手権2016優勝国 
 
日本
初優勝

表彰編集

大会最優秀選手 大会得点王 フェアプレー賞
  堂安律[12]  サーミー・アン=ナジャイー(4得点)[13]   日本

2017 FIFA U-20ワールドカップ出場国編集

脚注編集

  1. ^ AFC U-19 Championship 2016 to be hosted by Bahrain - 2015年6月3日 AFC
  2. ^ AFC Calendar of Competitions 2016 - 2018
  3. ^ FIFA executive vows to improve governance and boost female participation in football - 2015年9月25日 FIFA
  4. ^ Champions Qatar learn Bahrain 2016 qualifying opponents”. AFC (2015年6月5日). 2017年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月4日閲覧。
  5. ^ AFC Calendar of Competitions 2015 (PDF)”. AFC. 2017年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月4日閲覧。
  6. ^ AFC U-19 Championship Bahrain 2016 Draw: The Groups”. AFC (2016年5月1日). 2016年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月4日閲覧。
  7. ^ STAGE SET FOR AFC U-19 CHAMPIONSHIP BAHRAIN 2016 DRAW - 2016年4月30日 AFC
  8. ^ Regulations AFC U-19 Championship 2016”. AFC. 2017年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月4日閲覧。
  9. ^ a b c AFC U-19 CHAMPIONSHIP BAHRAIN 2016COMPETITION REGULATIONS - afc.com
  10. ^ NATIONS LEARN AFC U-19 CHAMPIONSHIP BAHRAIN 2016 FATE - 2016年5月1日 AFC
  11. ^ SCHEDULE & RESULTS - 2016年5月1日 AFC
  12. ^ JAPAN'S DOAN NAMED AFC U-19 CHAMPIONSHIP MVP - 2016年10月30日 AFC
  13. ^ AL NAJI SCOOPS U-19 TOP SCORER AWARD AND LOOKS TO THE FUTURE - 2016年10月30日 AFC

外部リンク編集