AGF サーバルラテン文字表記: AGF Serval)は、ヴォルフドイツ語版270CDI(ドイツ語: Wolf 270CDI[1]メルセデス・ベンツ・Gクラスドイツ連邦軍仕様)をベースに、ラインメタル社が大幅な改造を施した戦闘車両である。

AGF サーバル
前面から見た AGF サーバル(2014年撮影)
前面から見た AGF サーバル(2014年撮影)
基礎データ
全長 4.885 m
全幅 1.820 m
全高 1.870 m
重量 乾燥重量: 3.300 t
全備重量: 4.500 t
乗員数 4 名
装甲・武装
主武装 以下のうち、いずれかを1丁を搭載。
H&K GMW 40mm自動擲弾銃
ブローニングM2 12.7mm重機関銃
副武装 ラインメタルMG3 7.62mm機関銃 (x2)
車体前後に発煙弾発射機
備考 最大積載量: 1.200 t
機動力
整地速度 最高速度: 120 km/h
不整地速度 最高速度: 不明
エンジン CDI 270
2.7リッター5気筒ディーゼル
156hp hp(=約116.33 kW
行動距離 整地走行: 500 km
予備燃料タンク(容量 150 L)使用: 800 km
不整地走行: 不明
テンプレートを表示
AGF サーバルの基となった、ヴォルフ 270CDI(Wolf 270CDI. メルセデス・ベンツ・Gクラスのドイツ連邦軍用仕様)

ドイツ語では Aufklärungs und Gefechtsfahrzeug日本語音写例:アゥフクルゥンクス・ウント・ゲフェッヒツファーツオイク頭字語: AGF)といい、[ de: Aufklärung(解釈、偵察)-s + und(=and、…と) + Gefecht(=fight、戦闘)-s + Fahrzeug(=vehicleヴィークル)]「偵察用及び戦闘用ヴィークル」を意味する。ドイツ語の頭字語 "AGF" は国際共通語的に通用する。英語では LIV (SO) Serval

特徴編集

AGFは、CH-53大型輸送ヘリコプターでも空輸が可能であり、荒れ地での通行を容易にするため、車体後部の左右に装備されているサンドフェンダーと車体前面のウインチ、接地圧調整用のタイヤ内気圧集中調整機構が組み込まれている。変速機は5段オートマチックである。車体全体には転倒時に乗員を保護するロールバーが付いているほか、消火システムも内蔵されている。フロントガラスは容易に脱着できる。

車上には通信衛星を利用した測位システム通信装置を標準装備している。

武装については、キャビン前面と車体後部に1挺ずつのラインメタルMG3を搭載しているほか、車体上部のマウントブローニングM2重機関銃H&K GMW自動擲弾銃を装着可能である。また、車体の前部に3連装発煙弾発射機を2基、後部に2連装発射器を2基備えている。

歴史編集

2003年からドイツ陸軍特殊部隊KSK向けに21輌が配備された。2009年(?)には、スイス陸軍の特殊部隊である第10独立偵察部隊 (Army Reconnaissance Detachment 10が導入している。

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集