AGS・JH25は、AGSチームが1990年のF1世界選手権用に製作したフォーミュラ1カー。デザイナーはミッシェル・コスタ1991年は改良型のJH25Bが使用された。JH25はJH24に代わって実戦に投入され、AGSにとってレースをフィニッシュした最後の車となった。

AGS・JH25 / JH25B
カテゴリー F1
コンストラクター AGS
デザイナー フランスの旗 ミッシェル・コスタ
先代 AGS・JH24
後継 AGS・JH27
主要諸元
シャシー カーボンファイバー/ケブラー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, コイルスプリング, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, コイルスプリング, プッシュロッド
エンジン フォード-コスワース DFR, 3.5リッター, 600ps, V8 (90°), NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド / Messier, 6速, MT
重量 505 kg (1,110 lb)
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム Automobiles Gonfaronnaises Sportives
ドライバー イタリアの旗 ガブリエル・タルキーニ
フランスの旗 ヤニック・ダルマス
イタリアの旗 ファブリツィオ・バルバッツァ
スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン
初戦 サンマリノの旗 1990年サンマリノグランプリ
出走優勝ポールFラップ
10 (26)000
テンプレートを表示

背景編集

AGS・JH25は変化の時代に製作され、不安定で信頼性に欠けた車であった。AGSは1989年シーズン前にオーナーが交代した。フランスの企業家シリル・ド・ルーブルがチームを買収したが、その年は問題が多かった。チームはあらゆる分野に新スタッフを加入させ、彼らは当初協力して業務に当たることができなかった。シーズンの重要点は、前オーナーのアンリ・ジュリアンクリスチャン・バンダープレインが主導して開発してきた時代遅れのJH23Bの開発を取りやめたことだった。その結果、1989年の夏にチームは予備予選組に降格する。夏の終わりに投入されたJH24は設計の不具合と状況の悪化を証明した。1990年1月にチームはゴンファロンのガレージ・デ・ラヴニールから近くのル・リュックにある仮拠点に移転した。新車の開発が遅れたのはこの移転だけが理由ではなかった。1990年1月に新たなワークショップが設立された後、ミッシェル・コスタは新車の開発を始めた。最初の車両が完成したのは1990年4月のことであった[1][2]

開発編集

ミッシェル・コスタによって設計されたJH25は、JH24よりもスリムな新しいモノコックを持ち[3]、空力特性が完全に改訂されていた。それは改善として認識された。サイドボックスは非常に低く、小型のエアインテークを有した。冷却システムは改善された[4]。コスタは前作から多数のパーツを流用した。その中には1989年のJH23Bで初めて採用された縦置き6速トランスミッション、1989年の冬から90年にかけてコスタが設計し、1990年の初戦で2台のJH24が使用したサスペンションも含まれた。エンジンは前年に採用されたハイニ・マーダーチューンのコスワースDFRが搭載された。 AGS・JH25は5台が製作された。4台は1990年に製作され(シャシーナンバー040から043)、1台が1991年に製作された(シャシーナンバー044)。040はシーズン前のプライベートテストでヤニック・ダルマスがドライブして事故を起こし、完全に破壊された[5]

レース戦績編集

1990編集

AGSの1990年シーズンは2台体制であった。ドライバーは前年から引き続いてガブリエル・タルキーニヤニック・ダルマスが起用された。両名とも予備予選の対象であった。オニクス・モンテヴェルディが財政難のためハンガリーグランプリをもって撤退、AGSは自動的に予選組に昇格した。

JH25はシーズン第3戦サンマリノグランプリでデビューした。この時点でJH25はレースには適していなかった[3]。ダルマスはJH24をドライブして予備予選落ちした。タルキーニはJH25をドライブしたが、同様に予備予選落ちしている。続く5戦で両名とも1回決勝進出し、ダルマスは母国フランスグランプリで17位で完走した。シーズン後半に入ると状況は僅かに改善した。AGSは予備予選組から予選組に昇格した。両ドライバーとも3回決勝進出し、タルキーニはハンガリーで13位、ダルマスはスペインで9位に入っている。この9位がシーズンの最高成績で、これによって次年度予備予選組から脱出できたため、「チームは優勝したかのように喜んだ」という[6]

1991編集

1991年シーズンも引き続いて2台体制となり、ドライバーはガブリエル・タルキーニとステファン・ヨハンソンが起用された。しかしながらオーナーが交代すると、ベテランのスウェーデン人ドライバーは4月にルーキーのファブリツィオ・バルバッツァと交代させられた。ヨハンソンもバルバッツァも予選を通過することは無かったが、タルキーニは序盤4戦で3度予選通過、開幕戦では8位で完走した。チームは前半戦予備予選を免除されたが、時代遅れの機材を用い、混沌とした状況のままであった[7]イタリアグランプリ以降、JH25Bに代わってバンダープレインの手によるJH27が投入された。しかしながら3戦に出場した後、AGSはF1から撤退した。


F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1990年 JH25 フォード-コスワース
DFR, V8, 3.5
G USA
 
BRA
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
MEX
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
0 NC
17   ガブリエル・タルキーニ DNPQ DNPQ DNPQ DNPQ DNQ Ret DNPQ 13 DNQ DNQ DNQ Ret DNQ Ret
18   ヤニック・ダルマス DNPQ DNPQ DNPQ 17 DNPQ DNQ DNQ DNQ Ret Ret 9 DNQ DNQ
1991年 JH25
JH25B
フォード-コスワース
DFR, V8, 3.5
G USA
 
BRA
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
MEX
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
0 NC
17   ガブリエル・タルキーニ 8 Ret DNQ Ret DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNPQ DNPQ DNPQ
18   ステファン・ヨハンソン DNQ DNQ
18   ファブリツィオ・バルバッツァ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNPQ DNPQ DNPQ DNPQ

参考文献編集

  • Kevin Blick: Damon for a day. Top Gear, Heft 8/1998, S. 110 ff.(ドイツ語)
  • Patrice Burchkalter, Jean-Francois Galeron: Tout sur la Formule 1 1991, Surrèsnes 1991, ISBN 2-87636-067-5.(ドイツ語)
  • Adriano Cimarosti: Das Jahrhundert des Rennsports, Stuttgart 1997, ISBN 3-613-01848-9.(ドイツ語)
  • David Hodges: A–Z of Grand Prix Cars 1906–2001, 2001 (Crowood Press), ISBN 1-86126-339-2.(英語)
  • David Hodges: Rennwagen von A–Z nach 1945, Stuttgart 1993, ISBN 3-613-01477-7.(ドイツ語)
  • Pierre Ménard: La Grande Encyclopédie de la Formule 1, 2. Auflage, St. Sulpice, 2000, ISBN 2-940125-45-7.(フランス語)

参照編集

  1. ^ Zum Ganzen: Burchkalter, Galeron: Tout sur la Formule 1 1991, S. 72 (Rückblick auf die Jahre 1989 und 1990).
  2. ^ Cimarosti: Das Jahrhundert des Rennsports, S.418.
  3. ^ a b Hodges: A-Z of Grand Prix Cars 1906-2001, S. 8.
  4. ^ Hodges: Rennwagen von A-Z nach 1945, S. 10.
  5. ^ Motorsport Aktuell, Heft 21/1990, S. 13.
  6. ^ Ménard: La Grande Encyclopédie de la Formule 1, S. 105.
  7. ^ Ménard: La Grande Encyclopédie de la Formule 1, S. 106.

外部リンク編集